古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

市長室ブログ

「スマホおたすけ窓口」スタート/抗原検査キット活用中(8月3日)

「スマホおたすけ窓口」を古賀市役所に開設!

8月1日から取り組みを始めました。予約不要、無料で、基本的なことでも大丈夫です。ドコモの皆さんが丁寧に対応してくれます。スマホの契約先がドコモ以外でもOKですし、貸出用スマホも準備しています。デジタル推進が不可避の中、誰も取り残さない取組の一環。

スマホ相談1  スマホ相談2

キャッシュレス決済へのプレミアム付与など官民でデジタル導入が推進されています。ご家族やお知り合いで必要な皆さんにおススメしてください。開設の日時など詳細はこちらをご参照ください。

問い合わせは、デジタル推進課(092-942-1116)まで。

   ◇

古賀市は新型コロナウイルス対策の一環で、国の薬事承認を受けた抗原検査キットを昨年3月から独自に保有、活用しています。今年1月以降は、保育所や幼稚園、学校、高齢者や障がい者の福祉施設などの職員が濃厚接触者となった際の待機期間短縮のために使い、社会機能の維持につなげています。

検査キット

まだ一般へのワクチン接種も始まっていない昨年1月、薬事承認を受けた抗原検査キットを古賀市として独自に保有し、活用したいと考えました。全国的にも前例がなく、検討を始めた自治体もかなり少ない。当然、行政は慎重になります。

市の対策本部会議で、そもそもなぜ自治体として保有するのか、購入することや使用することに法令上問題はないのか、PCR検査との違い、使用上の注意事項、県の陽性者・濃厚接触者の対応スキームとの関係の整理…などなど数多の検討、議論を重ね、導入したのを思い出します。災害時対応も念頭にありました。覚悟と決断が必要でした。

そして1年半を経た現在。感染が拡大する中、古賀市としては限りある資源として抗原検査キットを有効に活用し、前述の社会機能維持に活用しています。福岡県は40歳未満の有症状者(危険因なく、ワクチン2回接種済)に対して医療機関で8月上旬から配布します。役割分担。

基礎自治体として出来ること出来ないことが現実にはありますが、引き続き出来ることを見出し、対策を講じていきます。

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Trackbacks

Trackback URL


カテゴリ:General
過去のアーカイブ月別一覧RSS/WebFeed
Powered by Nucleus CMS.


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.

×