古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

市長室ブログ

本を読むことの大切さ―NPO法人チャリティーサンタの清輔夏輝さんと(1月21日)

本を読むことは、生きていくことにつながる。子どもたちの感性を育む。食べることとあわせ、とても大切な営み。

19日の夕方、東京を拠点に全国の団体さんと共に活動するNPO法人「チャリティーサンタ」代表理事の清輔夏輝さんとお会いすることができました。昨年のクリスマスにあわせ、古賀市の「子どもパートナーズHUGっこ」さんが連携し、市内の小中学生に本をプレゼント。全国から寄付された新品の本を届けることで、子どもたちの笑顔につながっています。

はぐっこさんたちと  メッセージ

清輔さんと  本

清輔さんたちは、本を届ける事業だけでなく、経済的に厳しい状況にある子どもたちの「体験格差の解消」をめざした子育て家庭の支援にも企業さんなどと連携して取り組んでいます。とても勉強になりましたし、チルドレンファーストを掲げる古賀市のこれからにとっても有意義な機会になりました。ありがとうございました!チャリティーサンタさんのHPはこちらになります。ぜひご参照ください。

なお、コロナ禍で子どもの居場所はとても重要です。清輔さんとお会いしたのは、HUGっこさんが運営する「たまりんば」の現場。前回訪問した時に中学生たちからもらった要望の回答を返すこともできてよかったです。中学生たちがいろいろ話しかけてくれるのもうれしい。すべては対話と交流が基本。

さらに、この日の夜は新型コロナワクチン3回目接種について堀内詔子ワクチン担当大臣と首長有志のオンライン意見交換会に参加しました。こうした国と地方の意思疎通はとても大切。古賀市は高齢者の皆さんから接種券の発送と予約受付(市にお任せの人は不要)を順次進めており、国からのワクチン供給状況を踏まえ、来週24日から接種を開始します。着実に進めていきますのでご安心ください。

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Trackbacks

Trackback URL


カテゴリ:General
過去のアーカイブ月別一覧RSS/WebFeed
Powered by Nucleus CMS.


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.

×