古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

ふるさとの味:懐かしのもてなし料理


年間を通して、さまざまな伝統行事や節供に応じて寄り合いがあり、季節に採れる食材を使った郷土料理が受け継がれてきました。
各行事で、各々の家庭の味が、親戚縁者や近所の人にふるまわれ、座を賑わしてきた料理を紹介します。

ぬたえ

ぬたえ ぬたえは酢じめの生魚と大根の薄切りを酢味噌で和えたものが一般的ですが、古賀ではゆでてせん切りにした鶏皮を甘く煮て使われることが多いようです。
薄めの短冊切りにした大根とせん切りにしたにんじんを薄塩をしてよくしぼり、皮と味噌・酢・砂糖・みりん・ごま・唐辛子で和え、かざりに小ねぎをちらします。

大根なます

大根なます せん切りにした大根に塩をし、汁気をしぼって、酢〆にした魚と合わせ酢で和えます。
紅白の彩りがおめでたいので、にんじんのせん切りも祝いの膳ではよく使われます。「なます」は生の食材を酢で和えることに由来します。

赤飯

赤飯 昔は赤米を炊いて神前に供えたものを強飯(こわめし)と呼んで神聖なものとされていましたが、赤米の生産が少なくなり、もち米に煮た小豆と煮汁を混ぜて、赤飯が炊かれるようになりました。
また赤い色には厄除けの力があると信じられており、お祝い事には欠かせないものとなっています。

がめ煮

がめ煮 一般的に九州以外では「筑前煮」と呼ばれ、福岡では博多弁の「がめくる(寄せ集める)」に由来して名づけられたという説があります。
他県の煮物との違いは、材料の多さと鶏のうまさでしょう。「筑前煮」の呼称は、学校給食で郷土料理の一環として全国に浸透したそうです。

かしわごはん・かしわの吸い物

かしわごはんかしわの吸い物


福岡では昔から鶏肉をかしわといい、かしわごはんは鶏肉の炊き込みご飯です。
細切りにしたかしわと、といで30~60分おいた米・水・しょうゆ・酒を一緒に炊きます。
かしわごはんと一緒に出てくるのは、かしわと大きめに切った豆腐が入り、薬味には小ねぎをちらした吸い物です。
さっぱりとした中にも味わい深い炊き込みご飯とお吸い物は、寄り合いには欠かせない御ご馳走でした。

かしわのすき焼き

かしわのすき焼きかしわのすき焼き


昔から、古賀の農家では鶏を飼っていて、卵を産ませたり、親鳥を料理に使っていたことから、古賀市では鶏のことを「庭野菜」と呼ぶこともありました。
それほど鶏が身近な食材であったということです。すき焼きは牛すき焼きが一般ですが、古賀ではすき焼きといえば骨ごとのかしわのすき焼きのこと。
鍋でかしわを炒めて砂糖をからめ、しょうゆで味付け、そこに豆腐・ねぎ・白菜・糸こんにゃくなどを入れて、次々煮ながら食べます。
おわんに生卵をおとし、つけて食べてもよいですし、煮汁がたまってきたらうどんなどの麺類を入れてもおいしいです。そしてまた肉や野菜を入れて焼くということを何回も繰り返しながら、丸い飯台を囲んで話に花を咲かせ、なごやかで楽しい時間を過ごしていました。
*ガスコンロのない時代は「丸飯台」ですき焼きや鍋物を食べていました。丸飯台は中央が丸くくりぬかれ、ここに七輪(土製の炭火コンロ)を据えて鍋をかけていました。

献立からレシピを探す

旬の食材からレシピを探す


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.

×