古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

ふるさとの味:春


河川の土手に土筆が頭を出し、桃の花もふくらみはじめると、もう春―。
山菜を摘み、たけのこが掘れるようになるころ、五所八幡宮の桜も満開を告げます。
昔は、ひなまつりや免状寄り合いなど、親戚や地域で子どもの成長を祝う催しが多数あり、そのごちそうにと、ワラビやぜんまい。
土筆や菜の花をかごいっぱいに摘んでいました。

ひなまつり(4月3日)

女の子が生まれて初めて迎える桃の節供には、すこやかな成長を祈って、親戚や近所の人たちを招いてお祝いをしました。
現在は、3月3日に行われていますが、もともとは4月3日に行われていました。


◎ひしもち
ひしもち 女の子の幸せを祈る色合いにと、紅(厄払いの色)・白(清らかさの象徴の色)・緑(ヨモギ)(春の生命力に溢れる若草の色)を三段に重ねられています。
ひしもちの切れ端をさいの目に切って干し、炒って砂糖を絡めてひなあられを作り、お茶菓子として食べました。
初節句の女の子の家は、桃の花の枝を添えて近所に配りました。


◎ちらし寿司
ちらし寿司 錦糸卵の黄色、紅生姜の赤、フキの緑色に、筍のクリーム色や椎茸など、多彩なので、ひなまつりに限らず祝い事などにもってこいの一品です。


◎はまぐりの吸い物
はまぐりの吸い物 昔から二枚貝には「姫」の意味があり、はまぐりは他の貝とは重ね合わないため、「夫婦和合」の象徴とされました。
将来、はまぐりのように、相性がぴったりとあう相手と縁があり、一生添い遂げられるようにとの願いがこめられています。


◎せんぶぎまげ
せんぶぎまげ ゆでたせんぶぎ(ワケギ)を巻いて、酢味噌をかけていただきます。

ひごもり(4月上旬~中旬)

ひごもり 村人たちが、氏神様や天神様に集まり、農作業の安全と豊作を祈願しました。境内にござを敷いて、座を組み、お酒やごちそうを楽しみました。
日中に境内に籠もることから「日籠もり」と言います。
家族ごとに‘わりこ’という弁当箱に思い思いのごちそうを盛って神様に供えました。
現在は、公民館で行われている所が多いようです。

端午の節句(5月5日)

男の子の健やかな成長を願って祝う年中行事です。


ちまき ◎菖蒲湯(ショウブユ)
端午の節供には、菖蒲(ショウブ)を湯船に入れた菖蒲湯につかります。菖蒲の葉は香りが強く、その強い香りが病気や災いを払うとされていました。
またショウブは「勝負」や「尚武(武道や武勇を重んじること)」に通じることから、菖蒲湯には、男子の健康と、武道の上達や勝負強さを祈願する意味があるのです。


◎ちまき
もち米粉に砂糖をくわえ水でこね、笹の葉でくるみ、菖蒲の葉でくくってセイロで蒸します。

免状寄り合い(3月下旬)

土瓶の卵とじ 免状とは通知表のことです。3月の終業式の日に新一年生を迎えて、最上級生の家に一泊しました。
各自、米を持参して、昼、全員で採ってきたつくしを卵とじなどにしてもらって食べました。
主に、新一年生の歓迎と、無事、卒業・進級したことを祝っての催しでした。

その他、春の郷土料理

◎ ぼっかけ(サラサラ)
ぼっかけ 濃い鶏ガラスープに塩と薄口しょうゆで味をととのえ、小ねぎのみじん切りを散らす。
スープをご飯に直接かけて熱いうちに食べる。
好みで溶き卵を流し込んでもよい。
春はねぎの代わりに、セリを入れると香りがよい。
宴の最後の合図ともなりました。


◎フキの佃煮 葉をとったフキを長いまま流水に一晩つける。
4~5cmの長さに切り、砂糖・しょうゆ・出し昆布・いりこを入れ弱火で煮る。
汁がなくなるまで弱火で半日ほど煮込む。


◎新ごぼうの甘辛煮
ぼっかけ 新ごぼうの皮をタワシでとり、5cm長さに切って4つ割りにする。
酢を入れた湯でさっちゆでる。
サラダ油を入れた鍋でごぼうを炒め、しょうゆ・砂糖・みりん・出し汁を入れ煮込む。
仕上げに酢・ごま油・唐辛子をいれる。

献立からレシピを探す

旬の食材からレシピを探す


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.

×