古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

退職者医療

会社などを退職して、年金を受けられる人とその被扶養者は、65才になる前までの間「退職者医療制度」で医療を受けることになります。新規適用は26年度で終了しました。平成27年度以降は新規適用は行いません。

1.対象となる人

次の条件のすべてに当てはまる人(退職被保険者本人)とその被扶養者が対象となります。

  1. 国保の加入者で、65才未満の人
  2. 厚生年金や各種共済組合などの年金を受けられる人でその加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある人

2.被扶養者となる人

退職被保険者と生活を共にし、主に退職被保険者の収入によって生計を維持している次の人です。

  1. 国保の加入者で、65才未満の人
  2. 退職被保険者の直系尊属、配偶者(内縁でも良い)と3親等以内の親族、または配偶者の父母と子
  3. 年間の収入が一定未満の人

3.退職者医療制度で医療を受ける人の保険証

退職者医療制度の対象となる人には、一般の国保の保険証ではなく、「国民健康保険退職被保険者証」という保険証が交付されます。
自己負担割合は一般の国保と同じです。
退職者医療制度では、本人の自己負担以外の医療費は保険税と職場の健康保険などからの拠出金でまかなわれています。

このページに関するお問い合わせ先

市民国保課
国保係
電話:092-942-1193
Eメール:kokuho@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る