古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

古賀市の年中行事

※日程未定のものは例年の開催日をもとに作成しております。詳しい日程は広報紙や、「今月の予定」でご確認ください。 イベント情報(市・体育協会・文化協会など)はこちらへ



令和4年4月
3日 市消防団入隊団式
6~15日 春の交通安全県民運動
6日
小・中学校前期始業式
8日 中学校入学式
12日 小学校入学式
23日 子ども読書の日イベント

令和4年5月
11日~13日 狂犬病予防集団注射
14日 中学校体育会 
15日 古賀モノづくり博「食の祭典」
21日 小学校運動会

令和4年6月
市議会定例会
1~7日 水道週間
12日

市消防操法大会

12日

笑顔のつどい

12日

ラブアース・クリーンアップ 

25日

男女共同参画フォーラム

26日

朝どりこがスイーツコーン祭&農家直売!軽トラ市


令和4年7月
2日

市同和問題を考える市民のつどい 

10~19日 夏の交通安全県民運動
16日~8月28日

歴史資料館企画展

20日

小・中学校前期前半終了

20日~8月21日

夏休みれきし体験パスポート


令和4年8月
1~7日 水の週間

22日

小・中学校前期後半開始

25日~31日

飲酒運転撲滅週間


 

令和4年9月
市議会定例会
上旬
戦没者追悼式
10日
下水道の日
18日 筵内放生会
21日~30日 秋の交通安全県民運動
23日~10月2日 図書館まつり(仮称)
28・29日 古賀放生会

令和4年10月
上旬 五ケ山ダム見学・デイキャンプ体験
4・5日 青柳放生会

7日

小・中学校前期終業式
11日
小・中学校後期始業式

16日

健康福祉まつり

令和4年11月
1~30日 児童虐待防止推進月間
1~7日 教育・文化週間
1~7日 文化財保護強調週間
2~6日 芸術文化の祭典
3日 市民駅伝競走大会
3日 文化の日記念式典
7~13日

介護予防週間

9~15日
秋季火災予防週間
12日 古賀市教育の日
中旬 まつり古賀
27日 子どもわくわくフェスタ
27日 古賀市長選挙

令和4年12月
市議会定例会
4日 いのち輝くまち☆こが2022
4~10日 人権尊重週間
11~31日 年末の交通安全県民運動
23日 小・中学校後期前半終了
23日~1月9日

冬休みれきし体験パスポート

25~29日

年末防犯・防火夜警


令和5年1月
上旬
成人式記念駅伝大会
5日 小・中学校後期後半開始
8日 市消防団出初式
8日 20歳のつどい(仮称)



令和5年2月
25日
ぐりんぐりんフェスタ
25日 童謡まつり

令和5年3月
市議会定例会
上旬
なの花祭り
1~7日 春季火災予防週間 
24日 小・中学校修了式
24日~4月5日 春休みれきし体験パスポート

このページに関するお問い合わせ先

経営戦略課
広報公聴係
電話:092-942-1346
Eメール:pr-koho@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.

×