古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

転居・転出時の手続き一覧表

全員が必要な手続き

手続き項目 手続き時期 必要なもの 備考 手続き場所・問い合わせ先
転居届 新しい住所へ住み始めてから14日以内
(事前手続き不可)
・転居先の住所
・届出人の印鑑
・国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
・各種医療証
・届出人の本人確認用書類※(※備考欄参照)
※届出人の本人確認用書類とは、官公署発行の顔写真が貼付されている免許証や許可証(運転免許証、住基カードなど)。その他については、あらかじめ市民国保課にお問い合わせください。 市民国保課市民係(第1庁舎2階)
092-942-1123
転出届 転出予定の14日前から ・転居先の住所
・届出人の印鑑
・印鑑登録証(登録者のみ)
・国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
・各種医療証
・介護保険被保険者証
・届出人の本人確認用書類※(※備考欄参照)

市民国保課に異動届を提出した後に必要な手続き

手続き項目 手続き時期 必要なもの 備考 手続き場所・問い合わせ先
水道(下水道)
開始届・中止届
市民国保課で異動手続きをしたすぐ後   ・転出の際は事前に届出してください
・電話連絡可
上下水道課
お客様係
092-942-1129
国民健康保険に関すること 市民国保課で異動手続きをしたすぐ後
・国民健康保険被保険者証

・高齢受給者証をお持ちの人は一緒に持ってきてください。
市民国保課国保係(第1庁舎2階)
092-942-1193

子ども医療

重度障害害者医療
ひとり親家庭等医療

市民国保課で異動手続きをしたすぐ後 ・印鑑
・医療証
・借家に転居した場合は賃貸契約書(ひとり親家庭等医療のみ)
転出後、医療証を誤って使用すると医療費を返還いただくことがあります。

市民国保課年金・医療係
(第1庁舎2階)
092-942-1194


犬の登録事項変更 市民国保課で異動手続きをしたすぐ後 ・犬鑑札等、登録の証明になるもの 市内に転居:手続き要
市外に転出:手続き不要(新しい住所地での手続き要)
環境課(第2庁舎2階)
092-942-1127

子どもに関する手続き

手続き項目 手続き時期 必要なもの 備考 手続き場所・問い合わせ先
転校手続き(転出) 市民国保課で手続きをしたすぐ後 ・転学通知書
・在学証明書
転学通知書は、市民国保課で転出手続きをする際に交付されます。
転学通知書を古賀市の学校へ持参し在学証明書を受け取り、新しい学校へ提出してください。
古賀市の学校
(区域外就学・指定校変更を希望する場合)
・転学通知書
・印鑑
受入希望市町村で申請
転校手続き(転居) 市民国保課で手続きをしたすぐ後 ・転学通知書
・転入学通知書
・在学証明書
転学通知書及び転入学通知書は、市民国保課で転居手続きをする際に交付されます。
転学通知書を転校前の学校に持参し在学証明書を受け取り、転入学通知書と一緒に新しい学校へ提出してください。
転校前の学校
転校後の学校
(区域外就学・指定校変更を希望する場合)
・転学通知書
・転入学通知書
・印鑑
古賀市学校教育課で申請
転入学手続き 市民国保課で手続きをしたすぐ後 ・転入学通知書
・在学証明書
転入学通知書は、市民国保課で転入手続きをする際に交付されます。 新しい学校
(区域外就学・指定校変更を希望する場合)
・転入学通知書
・印鑑
受入希望市町村での申請
学童保育所届出事項変更手続き ・変更届
(青少年育成課または本ホームページに様式)
※郵送可
対象者:学童保育所に入所していて、市内に転居する児童 青少年育成課
(第2庁舎4階)
092-942-1172
学童保育所入所承認取消 通学中の小学校の転校手続きをするとき ・印鑑
・退所届
(青少年育成課または本ホームページに様式)
※郵送可
対象者:学童保育所に入所しており、市外へ転出する児童(古賀市内の小学校に区域外通学をする者は除く)
子ども手当
児童扶養手当
特別児童扶養手当
市民国保課で手続きをしたすぐ後 ・印鑑(とりあえずの申請は印鑑があればできます。) ケースによって必要書類が変わりますので、お問い合わせの上手続きしてください。 子育て支援課
(サンコスモ古賀)
092-942-1157
保育所入所者
住所変更
市民国保課で異動手続きを終えた後すぐ ・印鑑
・変更届
(子育て支援課に様式)
対象者:保育所に入所していて、市内に転居する児童
保育所入所実施解除
(保育所退所)
転出する月の20日まで ・印鑑
・退所届
(子育て支援課に様式)
対象者:保育所に入所していて、市外へ転出する児童
古賀市ファミリー
サポートセンター
転出後すみやかに ・退会届
・会員証
・電話連絡可
・勤務地が古賀であれば退会の必要はありません

高齢者に関する手続き

手続き項目 手続き時期 必要なもの 備考 手続き場所・問い合わせ先
後期高齢者医療 市民国保課で異動手続きをしたすぐ後 ・印鑑
・被保険者証
 

市民国保課年金・医療係
(第1庁舎2階)
092-942-1194

介護保険証の住所訂正 市民国保課で異動手続きをしたすぐ後 ・介護保険証 介護支援課(サンコスモ古賀)と市民国保課の2箇所で手続きできます。 介護支援課
(サンコスモ古賀)
092-942-1144
介護保険証の返還

障害者に関する手続き

手続き項目 手続き時期 必要なもの 備考 手続き場所・問い合わせ先
身体障害者手帳 市民国保課で異動手続きをしたすぐ後(転居時のみ) ・お持ちの身体障害者手帳
・印鑑
・個人番号(マイナンバー)
  福祉課障害者福祉係
(サンコスモ古賀)
092-942-1150
自立支援医療
(精神通院医療)
・自立支援医療(精神通院医療)受給者証
・印鑑
・個人番号(マイナンバー)
自立支援医療
(更生医療)
・自立支援医療(更生医療)受給者証
・印鑑
・個人番号(マイナンバー)
精神障害者保健福祉手帳 ・精神障害者保健福祉手帳
・印鑑
・個人番号(マイナンバー)
療育手帳 ・療育手帳
・印鑑
・個人番号(マイナンバー)
特別障害者手当
障害児福祉手当
経過的福祉手当
市民国保課で異動手続きをした後 ・印鑑
・個人番号(マイナンバー)
扶養共済加入者異動 市民国保課で異動手続きをした後(転居時のみ)

車に関する手続き

手続き項目 手続き時期 必要なもの 備考 手続き場所・問い合わせ先
原動機付自動車(125cc以下バイク)、
小型特殊自動車
すみやかに ・標識
・使用者・所有者の印鑑
・車台番号・メーカー名・排気量がわかるもの
  市税課市民税係
(第1庁舎2階)
092-942-1125
軽自動車
(四輪乗用・貨物)
・使用者・所有者の印鑑
・車検証
・使用者の新しい住民票
・車両番号標2枚(他地域のナンバーの場合)
住民票等は3か月以内に交付されたもの 軽自動車検査協会
福岡主管事務所
092-641-8926
(福岡市東区箱崎ふ頭
2-2-49)
軽自動車
(125ccを超えて250cc以下のバイク)
・使用者・所有者の印鑑
・軽自動車届出済証
・自賠責保険証
・使用者の新しい住民票または印鑑証明書
・車両番号標1枚(他地域のナンバーの場合)
全国軽自動車
協会連合会
092-641-0431
(福岡市東区箱崎ふ頭
2-2-51)
二輪の
小型自動車
個々の車両によりさまざまなケースがありますので、手続き先に直接お問い合わせください。 九州運輸局
福岡運輸支局
050-5540-2078
(福岡市東区千早
3-10-40)
自動車運転免許証の住所変更手続き 市民国保課で異動手続きをした後 ・運転免許証
・新しい住所が分かるもの
(住民票や公的機関からの郵便物など)
県外(福岡県以外)へ転出された方は、転出先の警察署等に問い合わせてください。 粕屋警察署
092-939-0110
(糟屋郡粕屋町大字
上大隈147)

このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.