古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

新型コロナウイルスワクチン接種 ご予約はこちら

<ワクチン接種の予約方法>

 接種の予約は、

 ・電話(市コールセンター:092-692-1072)

  または

 市予約サイト

 にて受け付けています。


 3回目接種の予約は、接種券が届いた人から可能になります

 接種券は、国からのワクチン供給量を勘案しながら、2回目接種の時期が早い人から

 順次送付していますので、お手元に接種券が届くまでお待ちください。


 ※おまかせ予約の結果については、接種券到着から1週間程度後に「予約確認通知」を

 お送りしますので、そちらでご確認ください。

<3回目接種可能時期(2回目接種日との間隔)>

 2回目接種から以下の期間が経過した人が、接種可能となります。

 ・接種券が届いた「65歳以上」の人は、2回目接種日から「6ヵ月経過」した日以降に接種可能

 ・接種券が届いた「64歳以下」の人は、2回目接種日から「7ヵ月経過」した日以降に接種可能

  ※ 令和4年3月31日時点の年齢が基準となります

  ※ 接種券は、国からのワクチン供給量を勘案しながら、2回目接種の時期が早い人から順次送付しています

<予約のキャンセルについて> ※ 接種予約日に来れなくなったときは、必ずキャンセル手続きをお願いします

 事前連絡がないままキャンセルが発生すると、準備した大切なワクチンが無駄になってしまいます。

キャンセルされる場合は、できる限り早めに、必ず手続きいただきますようお願いいたします。

 (キャンセル手続き方法)

 ・~接種日の2日前まで

 「予約確認サイト」または「市コールセンター(092-692-1072)」

 ・接種日の1日前~当日

 「市コールセンター(092-692-1072)」






※ 予約状況の確認を行いたい人は、上記の「予約内容の確認はこちらをクリック」か古賀市コールセンターでご確認ください。また、予約システムでの予約入力方法については、3回目接種と1・2回目接種それぞれ上記の「予約システムでの予約方法についてはこちらをクリック」でご確認ください。


 
新型コロナワクチンに関する下記の情報について、ご覧になりたい内容をクリックしてください。 

  1. 新型コロナワクチンの3回目接種について【1月25日更新】
  2. 【3回目接種】予約日時等設定希望調査について【1月21日更新】
  3. 【1・2回目接種】新型コロナワクチン接種の予約受付について
  4. 福岡県が実施する新型コロナワクチン接種の予約受付について【1月25日更新】

  5. 12歳以上15歳以下の人のワクチン接種について
  6. 新型コロナウイル感染症予防接種証明書の発行について【1月25日更新】
  7. 災害時におけるワクチン接種の実施判断等について
  8. 高齢者施設における入所者・従事者へのワクチン接種について
  9. その他のワクチンに関する情報について

1. 新型コロナワクチンの3回目接種について【1月25日 更新】

 新型コロナワクチンの3回目接種は、体内で作られた免疫を再度高め、発症や重症化の予防効果を維持するものです。

 2回目接種時期が早い人から、接種券を順次送付しています。(接種券が届いた人から、予約が可能になります

 下記の情報について、ご覧になりたい内容をクリックしてください。

(1)対象者・接種可能時期

(2)接種開始時期

(3)接種会場

(4)予約方法

(5)使用するワクチン

(6)接種券の発送時期

(7)接種券の送付先変更

(8)接種券が早めに必要な人へ

(9)古賀市にお住まいで住民票が他の市町村にある人へ

(1)対象者・接種可能時期

 2回目接種終了日から、一定期間経過した18歳以上の人が3回目接種の対象になります。


<3回目接種可能時期(2回目接種日との間隔)>

 2回目接種から以下の期間が経過した人が、接種可能となります。

 ・接種券が届いた「65歳以上」の人は、2回目接種日から「6ヵ月経過」した日以降に接種可能

 ・接種券が届いた「64歳以下」の人は、2回目接種日から「7ヵ月経過」した日以降に接種可能

  (令和4年3月31日時点の年齢が基準となります)


  ※ 接種券が届いた人から、3回目接種の予約が可能となります。

 接種券は、国からのワクチン供給量を勘案しながら、2回目接種の時期が早い人から順次送付して

 いますので、お手元に接種券が届くまでお待ちください。

(2)接種開始時期

 ・個別接種 令和4年1月24日(月)から接種開始

 ・集団接種 令和4年1月30日(日)から接種開始

(3)接種会場

 市で予約を行う接種会場(PDF:130KB)についてはこちらをクリックしてください。【1月25日 更新】


 ※市で予約を行う接種会場の情報は、接種券を郵送する際に同封します。
 
 ※最新の接種会場・時間帯の情報は市予約サイトまたは市コールセンター(092-692-1072)でご確認ください。

(4)予約方法

 接種の予約は、

 ・電話(市コールセンター:092-692-1072

  または

 ・市予約サイト

 にて受け付けています。


  ※ 3回目予約ができるのは、接種券が届いた人です。

   接種券は、2回目接種の時期が早い人から順次送付していますので、

   お手元に接種券が届くまでお待ちください。


  ※ ご自身での予約が難しい人などで、3回目接種の日時・場所を自分で予約せずに市が指定することを

  希望するかどうかの調査(おまかせ予約)の希望調査を令和3年12月から順次実施しています。

  おまかせ予約を希望された人については、接種券到着から1週間程度後に、接種日時や場所を記載した

  「予約確認通知」をお送りしますので、そちらをご確認ください。

(5)使用するワクチン

 1・2回目に用いたワクチンの種類に関わらず、mRNAワクチン(ファイザー社ワクチン又はモデルナ社ワクチン)を使用する予定です。


 ※ 令和4年1月~2月に使用する主なワクチンは「モデルナ社製ワクチン」になります

(6)接種券の発送時期

 3回目接種の接種券は、新型コロナワクチンの供給量を勘案しながら、接種時期が早く迎える人(2回目接種をした日が早い人)から順次お送りします。

  1・2回目接種の接種券は年齢順にお送りしましたが、3回目接種の接種券は2回目接種日が早い人から順にお送りします。

  そのため、同居しているご家族や、同年齢のご友人などとも、2回目の接種日によって接種券の到着日が異なります


 対象者(2回目接種時期

発送日

令和3年5月21日までに2回目接種をした人(医療従事者等)

令和3年12月9日

【65歳以上の人】令和3年6月13日までに2回目接種をした人

【64歳以下の人】令和3年5月21日までに2回目接種をした人

令和4年1月12~13日

【65歳以上の人】令和3年6月14日~7月4日に2回目接種をした人

【64歳以下の人】令和3年5月22日~6月4日に2回目接種をした人

令和4年1月18~21日

【65歳以上の人】令和3年7月5日~7月10日に2回目接種をした人

【64歳以下の人】令和3年6月5日~6月10日に2回目接種をした人

令和4年1月24~25日


※3回目接種の予約は、接種券が届いた人から可能になります。

 予約は、電話(市コールセンター:092-692-1072)または市予約サイトにて受け付けています。


上記以降の対象者についても、国からのワクチン供給量を勘案しながら、2回目接種時期が早い人から、

 順次発送予定です。(発送後に随時お知らせします)


※ 上記に記載されている対象者(対象の2回目接種時期に該当する人)で、発送日から1週間経過しても

 接種券が届かない場合は、お手数ですが、市コールセンター(092-692-1072)にご連絡ください。


※ 医療従事者等で、接種券の先行送付を受けたものの、都合により職場等での接種ができなかった人のうち、2回目接種後7か月経過していない人は、予約サイトから予約はできませんので市コールセンター(092-692-1072)にご連絡ください。

(7)接種券の送付先変更

 3回目接種の接種券の送付先の変更を希望する人については、窓口又は郵送にて下記の書類を提出してください。

 (※2回目接種を令和3年4月30日までに受けられた人については、令和3年11月19日に発送済みですのでご了承ください。)
 なお、1・2回目接種の際に接種券の送付先を変更された人も3回目接種の送付先を変更する場合は改めて下記の書類の提出が必要となります。


【提出書類】
古賀市新型コロナワクチン追加(3回目)接種券等送付先変更届(PDF:631KB)
・本人確認書類(郵送の場合、コピーを添付)
・「現在の居住が分かる書類」又は「入居等している施設の長(管理者を含む。以下同じ。)、公的機関の長等による現在の居住に居住していることの証明」

(8)接種券が早めに必要な人へ

 3回目接種の接種券は、国からのワクチン供給量を見ながら2回目接種時期を基準として、2回目接種が早い人から順次送付しています。

 ただし、市外の医療機関へお勤めで勤務先において3回目接種を受けるなどで、古賀市で3回目接種の予約をしない予定の人に対しては、事前に接種券を送付します。必要な人は下記の申請書を郵送又は健康介護課窓口へ持参ください。


・申請方法
 書類提出による申請
 古賀市新型コロナワクチン追加(3回目)接種券先行送付申請書(PDF:366KB)を健康介護課まで郵送、または窓口に提出してください。
 ※ 申請書を窓口に持参された場合でも接種券の即日発行はできませんのでご了承ください


・提出先
 健康介護課 新型コロナウイルス対策係
 〒811-3116 古賀市庄205番地 保健福祉総合センター(サンコスモ古賀)

(9)古賀市にお住まいで住民票が他の市町村にある人へ

 新型コロナワクチンの接種は原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととされています。

 しかしながら、1・2回目接種と同様に、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している人は、事前に届出を行うことにより、古賀市で接種を受けることができます。


 詳しくは、古賀市にお住まいで住民票が他の市町村にある人へ(ページ内移動します)をご覧ください。




2. 【3回目接種】予約日時等設定希望調査(おまかせ予約)について【1月21日 更新】

 2回目接種を令和3年5月22日~8月1日に終了した人を対象に、ご自身での予約が難しい場合などで、3回目接種の日時・場所を自身で予約せずに市が指定することを希望するかどうかについて、12月から順次、希望調査票を送付しています。

 希望する場合は、調査票が届きましたら、必要事項を記入の上、同封の返信用封筒(切手不要)で返送してください。


 ※ この調査は、3回目接種の接種日時や場所の設定を市に一任いただくかを尋ねるものです

 

 ※ ご自身で、コールセンターまたは予約サイトから予約される予定の人は、回答する必要はありません。


 ※ 市に接種日時等の設定を「おまかせ」される場合は、接種日時や場所、ワクチンの種類は選べませんので、あらかじめご了承ください。



〇調査票の発送予定時期

令和3年6月30日までに2回目接種をした人 令和3年12月3日に発送済み
令和3年7月1日~8月1日に2回目接種をした人 令和4年1月4日に発送済み

 

 ※ 本調査は、3回目接種の接種券をお送りする前に、一斉に希望調査を実施するものです。


 ※ 3回目接種の接種券は、この調査の回答の有無にかかわらず、別途、令和4年1月以降、2回目接種時期が早い方から順次お送りする予定です。


予約の結果については、接種券到着から1週間程度後に「予約確認通知」をお送りしますので、そちらでご確認ください。




〇お送りする書類

予約希望調査について・イメージ画像(PNG:310KB)

【別紙申込書により、市に接種予約設定をお任せする方へ】ワクチンの種類(ファイザー又はモデルナ)は選択できませんのでご注意ください(PDF:977KB)




3. 【1・2回目接種】新型コロナワクチン接種の予約受付について

【接種を希望する人は、お早めに予約してください!】


 ・予約サイト(インターネット)※ 予約サイトはこちらから

 ・市コールセンター 電話 092-692-1072


また、16歳以上の人で、ご希望の予約枠がない場合には、福岡県が実施する大規模接種会場(ワクチンの種類:武田/モデルナ社製)での接種をご検討ください。

なお、福岡県の大規模接種会場のご予約は、「福岡県ワクチン接種web予約」からしていただきますようお願いします


(参考資料)県HP:福岡県新型コロナウイルスワクチン接種の予約方法等のご案内について



〇ワクチンの種類について

 1・2回目接種で古賀市が使用しているワクチンはファイザー社製です。

 一人2回の接種が必要となります。

 ワクチンごとの情報については厚生労働省HP(ホームページ)にて随時更新されていますので、厚生労働省HPのワクチンごとの情報をご覧ください。


(10代・20代の男性へ)
10代・20代の男性については、武田/モデルナ社ワクチンと比較してファイザー社のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向がみられています。

そのため、武田/モデルナ社のワクチンを1回目にすでに接種した人で、ご本人が希望する場合は、2回目はファイザー社ワクチンを接種することができます。

1回目に武田/モデルナ社ワクチンを接種した10代・20代の男性で、2回目にファイザー社ワクチンによる接種をご希望する人は、市コールセンター(092-692-1072)までご連絡ください。




〇現在の予約受付対象者

 12歳以上の人 ※年齢は令和4年(2022年)3月31日時点の年齢です。




〇接種券の発送について

・12歳以上の人全員に対して、接種券を発送しています

 ※新たに12歳の誕生日を迎える人に対しては、月単位で順次接種券を発送します




〇予約方法

 原則として下記のいずれかにて予約をお願いします。

 ・予約サイト(インターネット)※ 予約サイトはこちらから

 ・コールセンター 電話 092-692-1072

  ※ コールセンターへのかけ間違いにより、迷惑している方がいらっしゃいます。

   電話番号のかけ間違いに注意してください。

 

 ※ ワクチンは2回の接種が必要です。

  忘れずに2回分の予約を行ってください


 ※ 妊娠中や妊娠の可能性がある人も新型コロナワクチンを接種することができますが、接種の時期などについて主治医に事前によくご相談の上、予約してください。

 (参考:厚生労働省HP:https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0027.html

 (参考:厚生労働省リーフレット:「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策~妊婦の方々へ~」




〇予約の際の注意点について

・2回目接種の予約は、1回目接種の日から3週間以上、間隔をあけた日程を選択してください。
・1・2回目接種は、接種できる接種場所(医療機関)が限られます。ご確認の上、予約してください。
 ※ なお、3回目接種のみ受付している接種場所(医療機関)でも、システム上1、2回目接種の予約は出来てしまいますが、その場合はキャンセル処理をさせていただきますので、ご了承ください。

 ※ 1・2回目接種を希望する人には、古賀市で実施しているワクチン接種(当サイトでの予約受付分)の他に、福岡県が実施するワクチン接種(モデルナワクチン)もあります。古賀市でご希望の時期に予約できない場合は、こちら(ページ内で移動します)もご検討ください。




〇予約キャンセルの手続きについて

 新型コロナワクチン接種の予約日に接種に来られなくなったときは、必ずキャンセル手続きをお願いします。

体調不良や入院等で接種に行けなくなった場合

・急な予定が入って接種に行けなくなった場合 など


 古賀市では、新型コロナワクチンを希望する人全員に接種することをめざしてワクチン接種を進めていますが、ワクチンの数量に限りがあること、当日の急な予約キャンセルが発生すると、準備したワクチンが無駄になってしまいます。


 ※ 切なワクチンを1本でも無駄にしないために、予約をキャンセルされる場合は、必ず、できる限り早めに、キャンセルのご連絡(手続き)をしていただきますようお願いします


 <キャンセル手続き方法>

・~接種日の2日前まで

 「予約確認サイト」または「市コールセンター(092-692-1072)」からキャンセル手続きをお願いします

・接種日の1日前~当日

 「市コールセンター」に連絡をお願いします




4. 福岡県が実施する新型コロナワクチン接種の予約受付について【1月25日 更新】

(1)【3回目接種】武田/モデルナ社ワクチンの大規模接種会場での集団接種

 福岡県では、新型コロナウイルスの感染状況、県内市町村の3回目接種の進捗状況等を踏まえ、早期に追加接種を促進するため、2月9日(予定)以降、武田/モデルナ社製ワクチンの接種を希望する人(※要件あり)を対象として、県内2か所に接種会場を設置します。


〇接種会場

・イオンモール直方  (直方市湯野原2-1-1)

・保健医療経営大学 (みやま市瀬高町高柳960-4)


予約受付は2月1日午前9時以降、県が直接行います。接種を受けるには、事前予約が必要です。


※接種の要件や予約方法等の詳しい情報は、以下の見出しをクリックして確認ください。(福岡県のホームページに移動します)


・福岡県新型コロナウイルスワクチン接種(3回目接種)の予約方法等のご案内について

(2)【1・2回目接種】武田/モデルナ社ワクチンの大規模接種会場での集団接種

 市が実施している新型コロナワクチン接種とは別に、福岡県では「満16歳以上の全ての人」を対象として、1・2回目接種について武田/モデルナ社製ワクチンの接種を実施しています。

 なお、接種会場は福岡県モデルナワクチン接種センター(福岡市中央区天神2-13-7 福岡平和ビル2階)です。


予約受付は県が直接行います。


予約方法等の詳しい情報は、以下の見出しをクリックして確認ください。(福岡県のホームページに移動します)


福岡県新型コロナウイルスワクチン接種(1・2回目接種)の予約方法等のご案内について

・福岡県ワクチン接種web予約

(3)アストラゼネカ社ワクチン接種の予約受付

※現在、受付は終了しています。再開は未定です。この件についてのお問合せは下記までお願いします。

 福岡県アストラゼネカ社ワクチン接種予約受付コールセンター

  【電話番号】 0570-012-310

  【受付時間】 平日9時から17時


※参考として9月6日時点の情報を掲載します。

 接種対象となるのは、➀海外でアストラゼネカ社製ワクチンの1回目を接種した場合、➁ポリエチレングリコールに対するアレルギー等で、ファイザーやモデルナのワクチンを接種できない場合で、いずれも県内に住む18歳以上の人が対象です。
 接種場所は➀福岡歯科大学医科歯科総合病院(福岡市早良区)と、➁国立病院機構九州医療センター(福岡市中央区)で、接種は9月下旬から11月の指定された日時となります。
7日午前9時から、専用のコールセンターで予約を受け付けます。


詳しい情報は以下の見出しをクリックして確認ください。(福岡県のホームページに移動します)

・福岡県新型コロナウイルスアストラゼネカ社ワクチン接種の予約受付開始について




5.  12歳以上15歳以下の人のワクチン接種について

12歳~15歳接種日時点で満12歳以上の人方も、新型コロナワクチンの接種が可能です。

ただし、基礎疾患をお持ちの方は、接種について必ず主治医等に事前にご相談ください。


・厚生労働省から12歳以上のお子様と保護者の方へのワクチン接種についてのお知らせ(PDF:6.3MB)


若者のワクチン接種、メリットとデメリットの考え方 「厚生労働省新型コロナワクチンQ&A」

 ↑クリックすると該当ページに移動します。

  

※12歳~15歳の方が接種できる医療機関は限られています。必ず予約の際にご確認ください。



保護者の同意及び同伴について 

 12歳以上15歳以下の人が接種を受ける場合、必ず保護者(親権を行う者(父母)または後見人)の同意が必要となります。また、接種会場には原則として保護者の同伴が必要となります。(特に12歳の小学生は、保護者の同伴がない場合は接種できません)

 事情により保護者が同伴できない場合は、お子様の健康状態を普段からよく知っており、予診票の内容をよく理解している親族(祖父母等)などが同伴することで予防接種を受けることが可能です。また、ワクチン接種への同意を代理人(同伴者)へ委任する場合は、下記の委任状を記入し、予診票に添えて接種を受ける集団接種会場又は個別医療機関に提出してください。

 ◆新型コロナワクチン接種委任状(PDF:0.4MB)



接種券の発送について

・12歳以上の人全員に対して、接種券を発送しています。

 ※新たに12歳の誕生日を迎える人に対しては、月単位で順次接種券を発送します。



主治医等への確認 

 基礎疾患等がある12歳以上15歳以下の人は原則としてかかりつけの医療機関において新型コロナワクチンの接種を受ける必要があります。事前に主治医等にワクチン接種を受けることができるかご確認ください。

※かかりつけの医療機関で新型コロナワクチンの接種を受けることができない場合は、サンコスモ古賀健康介護課の窓口でご相談ください。



他の予防接種との接種間隔 

 新型コロナワクチンの接種は、ほかの予防接種と前後2週間の間隔を空ける必要があります。母子手帳等で接種間隔を確認しておきましょう。他の予防接種や投薬の関係等で気になることがある場合は、事前に主治医等へ確認しておくと安心です。


6. 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の発行について【1月25日 更新】

 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(いわゆるワクチンパスポート)のデジタル化に伴い、接種証明書が、海外渡航だけでなく国内利用の場合でも、発行できるようになりました。


【注意事項】
※接種証明書を海外渡航で使用することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、外務省海外安全ホームページ(外部サイトにリンクします)をご確認ください。

 

※古賀市で接種証明書が発行できるのは、接種当時に古賀市に住民票があった人になります。そのため、1回目接種と2回目接種の間に転入または転出された人については、いずれか一方の接種証明書のみ発行することができます。もう一方の接種証明書については、接種当時に住民票が所在した市区町村に申請する必要があります。


(1)電子版の新型コロナウイルス感染症予防接種証明書を申請する場合

 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(電子版)は、スマートフォンで専用アプリからマイナンバーカードによる本人確認の上で申請する仕様となり、申請にはマイナンバーカードが必要となる予定です。

 マイナンバーカードについては、申請から交付通知書の発送までに通常1か月程度の期間がかかるため、接種証明書(電子版)の使用を検討している人は早めにマイナンバーカードの申請をお願いします。
 なお、接種証明書(電子版)のアプリでの申請には、マイナンバーカードの申請の際に登録する暗証番号(4桁)を入力する必要がありますので、ご注意ください。


【アプリの取得・操作方法等】 デジタル庁ホームページ(新ウィンドウで表示)から取得してください。
【アプリに関する質問】 デジタル庁ホームページのよくある質問(新ウィンドウで表示)を確認してください。

  マイナンバーカードをうまく読み取れません。また、読み取り位置がわかりません。(新ウィンドウで表示)



※アプリの利用や操作方法等に関するお問い合わせは古賀市ではなくデジタル庁にお問い合わせください。

 アプリについてのお問合せについては、デジタル庁ホームページの「よくある質問」をご確認いただいた上で、それでも解決しない場合は、デジタル庁国民向けサービスグループワクチン班(digitalvaccine@digital.go.jp)にお願いします。電話での問い合わせは受け付けていないそうです。



downrosd syoumeiapuri


App Store

新型コロナワクチン接種証明書アプリ:App Storeウェブサイト(外部サイト)


Google Play

新型コロナワクチン接種証明書アプリ:Google Playウェブサイト(外部サイト)



アプリのアイコン(PNG:269KB)※青文字をクリックすると下の画像が出ます。


接種証明書の取得方法(PDF:447KB)※青文字をクリックすると下の画像が出ます。

syomeisyutoku imege


【参考】

・厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(接種証明書)について」のページ

・市ホームページ 「社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)」のページ
・マイナンバーカードで、新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)が取得できます(PDF:336KB)
・接種証明書(電子版)発行の流れ(PDF:1,025KB)

・接種証明書をスマートフォンアプリで発行できます (PDF:1,406KB)

(2)紙の新型コロナウイルス感染症予防接種証明書を申請する場合〈申請方法等(窓口又は郵送)〉

 日本国内でのみ利用を考えている人(日本国内用)と海外渡航でのご利用も考えている人(海外用及び日本国内用)で必要な書類が異なりますので、ご注意ください。日本国内用と海外用及び国内用の様式等については下の表をご確認ください。


【参考】

・ワクチン接種証明書(書面)が新しくなります。(PDF:618KB)



 ①申請書類 ※郵送での申請の場合は写しが必要(写しについては返却できません)。

日本国内用 海外用及び日本国内用
(1)必須の書類
新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書交付申請書(PDF:504KB)
②本人確認書類(氏名・住所・生年月日が記載されたもの)
(1)必須の書類
新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書交付申請書(PDF:504KB)
②パスポート ※写しでも可
(2)紛失した場合を除き、持参を求める書類
 ①接種券(接種券番号の把握できるもの)
  ※接種券番号の把握できるものがない場合、マイナンバーが確認できる書類
 ②接種済証又は接種記録書
  ※接種事実が確認できない場合、即日に接種証明書を発行することができませんのでご注意ください。
(3)場合によって、必要な書類
 ①旧姓・別姓・別名の併記を求める場合
・旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類(旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し等)
 ②代理人による請求の場合
  ・委任状(PDF:286KB) ※任意の様式で結構です。
 ③郵送の場合
  ・返信用封筒(申請者が切手貼付、返信先住所を記載して提出)
   (宛先)〒811-3116 古賀市庄205番地 サンコスモ古賀
       古賀市保健福祉部 健康介護課 新型コロナウイルス対策係 宛


②国内利用のみを検討されている人については、以下により接種済であることを示すことができます

 下記の(ア)、(イ)どちらかの書類をお持ちの場合は、国が示すワクチン・検査パッケージの活用により行動制限を緩和する制度(ワクチン・検査パッケージ制度)において接種をしたことの証明として利用できるため、改めて「接種証明書」を申請する必要は原則ありません。

 また、このワクチン・検査パッケージ制度では下記の書類を撮影した画像や写し等でも接種の確認ができるとされています。

 新型コロナウイルスのワクチンを接種した人は、以下により接種済であることを示すことができます。
(ア)医療従事者等の場合は「新型コロナワクチン接種記録書」

(イ)医療従事者等以外の人は「接種券(接種用クーポン券)」の台紙に附属している「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」



〇3回目接種の場合

 接種券(予診票一体型)と一体になっており、用紙の右側(下図)には、3回目接種を受けた後にシールが貼られ、「予防接種済証」として利用できます。

なお、用紙内に1・2回目接種の記録も記載されている場合は、これで1・2・3回目分の接種済証となりますので、無くさないようにたいせつに保管してください。

3rd.sessyuzumisyo2


〇1・2回目接種の場合

sessyuzumisyou
 ※(ア)、(イ)どちらかの書類をお持ちの場合は、改めて「接種済証明書」を申請する必要はありません。


上記の接種済であることを示す書類を無くされた場合などにより、別途、接種済であることを示す書類が必要な場合、申請により、証明書を発行します。いずれの場合も、接種時に本市に住民票がある人のみが対象となります。

7. 災害時におけるワクチン接種の実施判断等について                           

新型コロナワクチンの実施については、集中豪雨や台風などの災害リスクが高い場合において、ワクチン接種対象者の安全を確保するため、以下の基準によりワクチン接種を実施・中止します。


〇警戒レベル(避難情報)発令時におけるワクチン接種の実施・中止判断

警戒レベル
(避難情報)

基本的な

考え方

集団接種 個別接種
警戒レベル
(高齢者等避難)
中止を検討
(災害想定区域の範囲となる接種会場)
接種会場が災害想定区域の範囲に該当する場合は、市対策本部で実施の可否を判断 ・災害想定区域の範囲を踏まえ、市対策本部で実施の可否の判断を協議し、その内容を該当する医療機関に連絡
・実施の可否については、それぞれの医療機関で判断
警戒レベル
(避難指示)
原則中止
(災害想定区域の範囲となる接種会場)
原則中止とすることを基本として、災害想定区域の範囲が市内の一部にとどまる場合は、市対策本部で実施の可否を判断 災害想定区域の範囲を踏まえ、市対策本部で実施の可否を判断し、その内容を基に該当する医療機関と市で協議のうえ決定
警戒レベル
(緊急安全確保)
中止 市内全域で中止 市内全域で中止



〇注意点
・ワクチン接種が中止の場合は、市ホームページ、KBCのdボタン広報誌及び防災メールでお知らせします。直前に中止が決定した場合、個別の連絡は行えませんのでご了承ください。


・大雨の状況により、接種を取りやめたい場合は、必ず下記の連絡先にキャンセルの連絡をしてくださいこの場合に限り予約日の振替に対応いたします。ただし、振替日は翌週以降の集団接種になります。


(キャンセルの場合の連絡先)
 【平日の午前8時30分から午後5時まで】コールセンター(電話092-692-1072)
 【土・日曜日の午前8時30分から午後5時まで】市健康介護課(電話092-942-1151)

  土曜日・日曜日の対応時間は、変更になる場合があります


  ※ ネット予約システムからキャンセルされますと、市からの振替の対応ができませんので必ず電話で連絡してください。


8. 高齢者施設における入所者・従事者への新型コロナウイルスワクチン接種について

高齢者施設入所者の予防接種については、平時の定期接種の接種場所を基本としつつ、ワクチン流通単位の観点から、効率的な接種が求められます。また、接種後の健康観察も重要であることを念頭に、施設の特徴を踏まえた上で接種場所の検討を行うことが考えられます。各高齢者施設におかれては、施設の現状をふまえたうえで接種方法(施設内での接種もしくは実施医療機関での接種)についてご検討をお願いします。

 

〇 高齢者施設について

 本ワクチン接種において、以下の施設が高齢者施設として位置付けられています。

 ・介護老人福祉施設

 ・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

 ・介護老人保健施設

 ・介護療養型医療施設

 ・介護医療院

 ・特定施設入居者生活介護

 ・地域密着型特定施設入居者生活介護

 ・認知症対応型共同生活介護

 ・養護老人ホーム

 ・軽費老人ホーム

 ・有料老人ホーム

 ・サービス付き高齢者向け住宅

 ・ 生活支援ハウス

 


〇接種順位の特例について

 高齢者施設の従事者については、重症化リスクの大きさ等を踏まえ、施設内のクラスター対策のより一層の推進のため、市及び施設等の双方の体制が整う場合、当該施設内で入所者と同じタイミングで従事者の接種を行うことができます。

 ※一定の要件(目安)

 ・市及び高齢者施設の双方の体制が整うこと

 ・ワクチン流通量の単位から施設入所者と一緒に接種を受けることが効率的であること

 ・施設全体における入所者の日常的な健康管理を行う医師等が確保されており、

  接種後の健康観察が可能であること

 


〇高齢者施設の従事者の範囲について

 高齢者施設の従事者には、高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等(介護保険施設、居住系介護サービス等)において、利用者に直接接する職員(職種は限定しない)が含まれます。

 介護医療院、介護老人保健施設の従事者については、医療機関と同一敷地内にある場合には、施設(または医療機関)の判断により医療従事者等の範囲の対象とできます。また、介護療養型医療施設は、病院・診療所と同様に医療従事者等の範囲に含まれます。

 


〇高齢者施設における施設内接種に向けた準備について

 高齢者施設における施設内接種を希望される場合は、以下の手順(①~⑥)にそって施設内における接種に向けご準備をお願いします。

 

①接種場所の検討

 高齢者インフルエンザ等の予防接種の接種場所や嘱託医等の協力体制も踏まえながら、施設内で接種可能かどうか検討してください。


②嘱託医等への接種の協力依頼

 施設内接種を希望される場合は、嘱託医等に施設内で接種可能かどうか調整してください。

嘱託医等による接種が困難な場合は市まで報告してください。


③入所者への説明

 通常の予防接種と同様に、本人や家族に説明し、接種希望の有無を確認してください。意思確認が難しい場合であっても、家族や嘱託医等の協力を得ながら意思確認をし、接種についての同意を確認できた場合は接種可能です。


④入所者の接種券の確保

 入所者への接種券は、原則、住民票上住所に送付されます。施設に住民票設定されていない入所者については、接種券の確保方法について、あらかじめ本人や家族等と相談して、家族に協力いただきながら接種券を収集してください。


⑤接種時期と市への報告

 ワクチンの供給量を踏まえて、市から接種可能時期をお知らせします。その後、嘱託医等と2回目接種を考慮して日程調整と接種予定者数の最終確認をお願いします。また、従事者は施設で入所高齢者と同時に接種する場合のみ施設での接種が可能です。その場合、「高齢者施設従事者優先接種予定者リスト」を市に提出してください。追って、接種券付き予診票を発行します。


⑥施設で接種しない従事者(65歳未満の人)に対する証明書の発行

 高齢者施設が発行する、優先接種の対象である高齢者施設に従事していることの「証明書」を持って、接種施設(医療機関)等で接種することになります。なお、当該従事者は、証明書とともに住民票所在市町村から送付された接種券を提示しなければできませんのでご注意ください。

9. その他の新型コロナワクチンに関する情報について

 下記の情報について、ご覧になりたい内容をクリックしてください

ワクチンの接種費用について

【1・2回目接種用】接種券の再発行・送付先変更について

接種券が届いたら

接種当日に持ってくるもの

古賀市にお住まいで住民票が他の市町村にある人へ【11月19日更新】

ワクチンの効果や副反応について、疑問に思う人へ【12月13日更新】

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度【12月13日更新】

古賀市新型コロナワクチン接種担当窓口の開設

電話相談が難しい人へ

避難行動要支援者の交通手段の確保(タクシー利用証明書の発行)について

サンコスモ古賀とJR古賀駅東口の巡回バスについて

ワクチンの接種費用について

接種費用は全額公費負担です。


※ワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください!

保健所職員を名乗り、「高齢者は優先的に新型コロナのワクチン接種が受けられる。予約金の振り込みが必要」などと金銭を要求する電話が近隣市で確認されています。

行政機関が、新型コロナウイルスワクチン接種に対して、金銭を要求することはありません

【1・2回目接種用】接種券の再発行・送付先変更について

 接種券の再発行や接種券の送付先変更を希望される人は、下記の申請書のほかそれぞれに注意点がございますので、下記の注意事項をご確認ください。


 申請書類:【1・2回目接種用】古賀市新型コロナウイルスワクチン接種券等送付依頼届(PDF:196KB)


(1)接種券の再発行を希望する人

 接種券の再発行については、窓口のほか郵送や電話でも受付を行っております。ただし、再発行した接種券については窓口での受け取り(本人確認書類が必須)の他、住民票に記載された住所への送付となります。
 なお、本人以外が窓口で接種券を受け取る場合には委任状が必要となります。

(申請書以外で必要なもの)
・本人確認書類
・委任状(本人以外が窓口で接種券を受け取る場合)

(2)接種券の送付先変更を希望する人

 接種券の再発行などの際に住民票に記載された住所以外への送付を希望される場合、本人確認等が必要となるため、窓口又は郵送での申請となります。

(申請書以外で必要なもの)
・本人確認書類(郵送の場合、コピーを添付)
・「現在の居所が分かる書類」または「入居等している施設の長(管理者を含む。以下同じ。)、公的機関の長等による現在の居所に居住していることの証明」

接種券が届いたら

 接種券が届いたら、市コールセンターへ電話か、インターネットで予約のうえ、市内(原則住民票所在地)の医療機関か集団接種会場で接種を受けることができます。

詳しくは、接種券に同封している案内か市ホームページで確認してください。

※予約開始直後からしばらくの間は、ワクチンの量が少なく、予約が取りづらい状況が予想されます。接種を希望するすべての人が接種できるようにワクチンは順次供給されますので、安心してお待ちください。


〇ワクチン接種を受ける際の同意
 新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は強制ではありません。
予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、接種を受けていただきます。
受ける人の同意なく、接種が行われることはありません。

接種当日に持ってくるもの

〇市から郵送で届くもの

 ・接種券

 ・予診票(接種当日までに、同封している記入例にしたがってご記入ください。)

 ※厚生労働省の外国語(がいこくご)の予診票(よしんひょう)等(など)のページにジャンプします。

  こちらの翻訳を見ながら日本語の予診票に記入してください。


〇ご準備いただくもの

 ・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)

 ・お薬手帳など(服用しているお薬がわかるもの)


※忘れた人は接種できない場合があります。

古賀市にお住まいで住民票が他の市町村にある人へ【11月19日 更新】

 新型コロナワクチンの接種は原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととされていますが、やむを得ない事情で住所地でのワクチン接種ができない人は、事前に届出を行うことにより、古賀市で接種を受けることができます。


【やむを得ない事情の例】

・出産のために里帰りしている妊産婦
・単身赴任者
・遠隔地へ下宿している学生
・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者


〇申請方法
 住民票所在地以外での接種を希望する人は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に「住所地外接種届(PDF:320KB)」の届出が必要です。下記のいずれかの方法で申請してください。市は、住所地外接種届を受理した後、記載内容を確認したうえで「住所地外接種届出済証」を交付します。(1 週間程度時間を要します)


① 郵送申請
 「住所地外接種届(PDF:320KB)」に必要事項を記入し、「接種券の写し(コピー)」を添付して、接種を行う医療機関等が所在する市町村(古賀市)に郵送してください。


②窓口申請
 接種を行う医療機関等が所在する市町村(古賀市)の窓口に「住所地外接種届(PDF:320KB)」のほか、「接種券」または「接種券の写し(コピー)」を提出してください。



※住所地外接種届の手続きなしで住所地以外でワクチン接種を受けることができます。

 下記の場合は、市町村への届出を省略できます。詳しくは、接種を行う医療機関等が所在する市町村にお問い合わせください。

入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を受ける人

通所による介護サービス事業所等の利用者で、その事業所等で行われるワクチン接種を受ける人

基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける人

副反応のリスクが高い等のため、医師の判断により、体制の整った医療機関での接種が必要な人

市町村外の医療機関からの往診により、在宅でワクチン接種を受ける人

災害による被害にあった人

都道府県等の設置する大規模接種会場等で接種を受ける人(会場毎の対象地域にお住まいの人に限ります)

職域接種でワクチン接種を受ける人

お住まいが住民票所在地と異なる人

ワクチンの効果や副反応について、疑問に思う人へ【12月13日 更新】

 新型コロナワクチンの情報については、科学的根拠や信頼できる情報源に基づいていない不正確なものがあり、注意が必要です。ワクチン接種のメリットと副反応のリスクについて迷われる人もいらっしゃると思います。
 現時点で国が示している見解の一部を場面毎にまとめております。ご参照ください。
 

 ※厚生労働省のホームページへのリンクになります。


①ワクチンの効果
~どんな効果があるのか疑問に思ったとき、接種するワクチンの種類に不安を感じたとき~


②ワクチンの安全性と副反応
~副反応や安全性に不安を感じたとき~

※参考資料 「厚生労働省 新型コロナワクチンの副反応報告について」


③子どもの接種について
~どう考えたらいいのか分からないとき~

~若者のワクチン接種のメリット・デメリットをどう考えたらいいのか分からないとき~


④接種の対象について
~病気がある。アレルギーがある。妊娠中。自分が接種していいか分からない時~


接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度 【12月13日更新】

 一般的に、ワクチン接種では、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの、比較的よく起こる副反応以外にも、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が、極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定した時には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
 申請を検討されている場合など、救済制度全般に関するお問い合わせについては、市健康介護課新型コロナウイルス対策係(092-942-1151)までご連絡ください。


〇よくあるご質問

Q1 申請の対象となるのは、どんな場合ですか?
A1 接種後、比較的早い時期に起こるアナフィラキシー等の即時型アレルギーや、接種が原因と考えられる障害、死亡等が対象となります。


Q2 接種後に熱が出て解熱剤を処方されました。申請してもいいですか?
A2 一時的な発熱や局部の痛みや腫れなど、予防接種で通常起こりうる軽い症状については、一般的に該当しないものとされます。(ただし、申請を妨げるものではありません。)



〇給付の流れ


※上記フロー図は、厚生労働省の予防接種後健康被害救済制度PDF資料から引用





〇給付の種類と給付額

種類 対象・内容 給付額
医療費 予防接種を受けたことによる疾病について受けた医療に要した費用及びその入院通院等に必要な諸経費を支給


健康保険等による給付の額を除いた自己負担分


※保険適用外は対象外

医療手当

(月額)

予防接種を受けたことによる疾病について医療を受けた者に支給


※保険や助成金により医療費の請求額が無い場合でも医療を受診していれば請求可能

1カ月の間に
通院3日未満 35,000円
通院3日以上 37,000円
入院8日未満 35,000円
入院8日以上 37,000円
入院と通院がある場合 

       37,000円

障がい児養育年金

(年額)

予防接種を受けたことにより一定程度の障がいの状態にある18歳未満の者を養育する者に支給

1級 1,581,600円
2級 1,266,000円


※条件により介護加算あり
※特別児童扶養手当等の額を除く


障がい年金

(年額)

予防接種を受けたことにより一定程度の障がいの状態にある18歳以上の者に支給

1級 5,056,800円
2級 4,045,200円
3級 3,034,800円


※条件により介護加算あり
※障がい基礎年金等の額を除く

介護加算

(年額)

施設に入所・入院していない者を養育する者に、障がいの状態により定められた額を加算として支給 1級 844,300円
2級 562,900円
死亡一時金 予防接種を受けたことにより死亡した者の配偶者または同一生計の遺族に支給

44,200,000円


※障がい年金の受給期間により額の調整あり

葬祭料

予防接種を受けたことにより死亡した者の葬祭を行う者に支給

212,000円

※上記表は、厚生労働省の予防接種後健康被害救済制度ホームページ・新型コロナウイルス
感染症に係る予防接種の実に関する手引きを参考に作成


 現在の救済制度の内容の詳細については、予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)をご参照ください。



新型コロナワクチンウイルス感染症に関する偏見や差別をなくしましょう

 新型コロナワクチンは、発症予防効果などワクチン接種のメリットが、副反応などのデメリットよりも大きいことを確認して、皆様に接種をお勧めしています。しかしながら、接種は強制ではなく、あくまでご本人の意思に基づき接種を受けていただくものです。
 体調や持病等、様々な理由により、ワクチンを接種できない人、望まない人もいます。新型コロナウイルスに感染した人や、医療関係者や社会機能の維持にあたる人同様に、接種していない人への差別、いじめ、職場や学校における不利益な取扱等は決して許されません。


(福岡県啓発ポスター)NO!ワクチン差別!(PDF:625KB)

新型コロナウイルス感染症に関する偏見や差別をなくしましょう(福岡県のホームページに移動します)


古賀市の取り組み(市ホームページ内「シトラスリボンプロジェクトを広げよう!」のページに移動します)


古賀市新型コロナウイルスワクチン接種担当窓口の開設

 古賀市では新型コロナウイルスワクチン接種の相談体制の構築にあたり、サンコスモ古賀に古賀市新型コロナワクチン接種担当窓口(092-692-1072)を開設しています。

 受付時間は、平日8:30~17:00となっております。


電話相談が難しい人へ

 電話での相談が難しい人は、FAX(092-942-1154)やメール(corona@city.koga.fukuoka.jp)にてお問い合わせください。


避難行動要支援者の交通手段の確保(タクシー利用証明書の発行)について

 古賀市の避難行動要支援者(災害時に自ら避難が困難で支援が必要な人)に登録があり、かつ医療機関・接種会場までの交通手段の確保が困難な人に初乗運賃相当額のタクシー利用証明書(4枚綴)を発行します。



〇申請方法
 福祉課福祉政策係(092-942-1150)へご連絡をお願いします。

 ※ ご連絡後、1週間程度で郵送にてお届けいたしますが、確認が必要な場合はさらに期間が必要になる場合があります。
 ※ 65歳未満の人につきましては、接種時期が到来してからご連絡ください。


【避難行動要支援者】(令和3年3月現在)
 ・介護保険法における要介護3~5と認定された人
 ・身体障がい者(視覚障がい1,2級の人、肢体不自由1,2,3級の人、聴覚障がい2級の人、内部障がい1,2級の人)
 ・知的障がい者(療育手帳A,Bの人)、精神障がい者(精神障がい者保健福祉手帳1級の人)
 ・70歳以上のひとり暮らしの人
 ・75歳以上の高齢者のみ世帯の人

 ・その他、災害時において支援が必要と認められる人


サンコスモ古賀とJR古賀駅東口の巡回バスについて

 サンコスモ古賀で集団接種を行っている日に、JR古賀駅東口とサンコスモ古賀の間で循環バス(30分間隔)を運行しますので、ご利用ください。運賃は無料です。


【運航スケジュール】(JR古賀駅東口 ⇔ サンコスモ古賀)

JR古賀駅東口 出発  サンコスモ古賀 出発
9:15 9:30
9:45 10:00
10:15 10:30
10:45 11:00
11:15 11:30
11:45 12:00
12:15 12:30
12:45 13:00
13:15 13:30
13:45 14:00
14:15 14:30
14:45 15:00
15:15 15:30
15:45 16:00
16:15 16:30
16:45 17:00
※17:15 17:30
※17:45 18:00
※18:15 ※18:30

※19:00

※19:15


※19:30

      
 〇受付受付開始時刻が14時からの場合、始発は【古賀駅東口 13時45分】です。

 〇受付開始時刻が15時からの場合、始発は【古賀駅東口 14時45分】です。


 ※は接種を18時または19時まで実施する場合に運行

関連リンク

厚生労働省ホームページにおいて、ワクチンの種類、特徴、有効性・安全性等に関する情報が示されています。

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症のワクチンについて」(外部リンク)


このページに関するお問い合わせ先

健康介護課
新型コロナウイルス対策係
電話:092-942-1151
Eメール:corona@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.