古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

新型コロナウイルスワクチン接種

新型コロナウイルスワクチン接種 ご予約はこちら

  ※ 予約が完了した人には、原則「予約確認通知」を1回目接種日の1週間前までに郵送しています。

   「予約確認通知」が届かなかった人は予約できていない可能性がありますので、ご注意ください。


【接種にあたってのお願い】

接種開始からしばらくの期間は、ワクチン供給量が限られており、予約が取りづらい状況が予想されます。

接種を希望される方が接種できるよう、ワクチンは順次供給されますので、安心してお待ちください。



<新型コロナワクチン接種の予約受付(5月7日受付開始分)のお知らせについて>


新型コロナウイルス感染防止のため、予約は原則としてコールセンターかインターネットでお願いします。

サンコスモ古賀の窓口では優先的な予約はできません。なお、お身体の具合など特有の事情がある場合、個別に対応します。

 

〇5月7日(金)8時30分受付開始


〇予約方法

 原則として下記のいずれかにて予約をお願いします。

 ・コールセンター 092-692-1072

 ・予約システム(インターネット) ※ 予約システムはこちらから


コールセンターへのかけ間違いにより、迷惑している方がいらっしゃいます。

 電話番号のかけ間違いに注意してください。 


※ ワクチンは2回の接種が必要です。

 今回は1回目接種の予約を受け付け、2回目接種の日時については、原則、1回目接種の日時から

 3週間後の同曜日・同時間・同場所となります

 (一部の接種予約については、同曜日、同時間とならないものがあります)

 なお、2回目接種の日時の詳細については、後日、市から通知をお送りさせていただく予定です。


〇予約枠について

①集団接種分(5月6日更新)

集団接種分は合計約1,000回分を予定しています。

・サンコスモ古賀(1回目接種の予約枠)

 5月23日(日)9:30~12:30 14:00~17:00 約180人分

 5月30日(日)9:30~12:30 14:00~17:00 約180人分

 6月  5日(土)14:00~17:00   約120人分 ※午後のみ

 6月  6日(日)14:00~17:00    約90人分  ※午後のみ


・福岡東医療センター(1回目接種の予約枠)※福岡東医療センターは午前のみ

 5月22日(土)9:00~12:00 約25人分

 5月29日(土)9:00~12:00 約200人分

 6月12日(土)9:00~12:00 約200人分

  

②個別医療機関接種分(5月6日更新)

個別医療機関接種分は合計約1,000回分を予定しています。

5月19日(水)~6月12日(土)の接種分(1回目接種の予約枠)

 

※ 市で予約受付を開始する個別医療機関は以下のとおりです。

おおつか小児科アレルギー科クリニック、中島医院、堤医院、みやざわ耳鼻咽喉科医院、

大岩外科胃腸科医院、西牟田整形外科医院、中山内科胃腸科医院、あさの内科クリニック

亀山整形外科医院、かい外科・胃腸科クリニック、福岡内科・循環器科クリニック、

すなお医院、やの循環器科内科クリニック、武市クリニック、舞の里内科クリニック、

古賀おなかぽんぽん内科クリニック、こがファミリー内科循環器内科、古賀中央病院


※ 個別医療機関での接種については、上記の医療機関の他、それぞれの医療機関の判断により

かかりつけ患者については直接予約を受け付けている場合があります。


〇今後のワクチン接種予約の受付等について

現在、ワクチン数量が限られており、5月7日(金)の予約開始分についても引き続き予約しづらい状況です。

なお、5月末ごろからは安定的なワクチン供給が予定されています。

次回の新規の市予約枠の受付開始は5月26日(水)を予定しており、これまで以上に予約枠を増やす予定です。

 

今後ワクチンは、接種を希望される方が全員接種できるだけの数量が配布されますので、安心してお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。

 

【問合せ】コールセンター 092-692-1072 平日8時半~17時

 

今後ワクチンは、接種を希望される方が全員接種できるだけの数量が配布されますので、安心してお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。



・予約システムでの予約方法についてはこちら

・ワクチンの接種費用について

・接種の優先順位について

・接種開始時期

・接種券発送時期について

・接種券が届いたら

・接種当日に持ってくるもの

・古賀市にお住まいで住民票が他の市町村にある方へ

・住民票所在地以外での接種について

・接種回数について

・ワクチンの種類

・高齢者施設における入所者・従事者への新型コロナウイルスワクチン接種について

・古賀市新型コロナウイルスワクチン接種担当窓口の開設

・電話相談が難しい方へ

・避難行動要支援者の交通手段の確保(タクシー利用証明書の発行)について

・サンコスモ古賀とJR古賀駅東口の巡回バスについて


ワクチンの接種費用について

接種費用は全額公費負担です。


※ワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください!

保健所職員を名乗り、「高齢者は優先的に新型コロナのワクチン接種が受けられる。予約金の振り込みが必要」などと金銭を要求する電話が近隣市で確認されています。

行政機関が、新型コロナウイルスワクチン接種に対して、金銭を要求することはありません。



接種の優先順位について

ワクチン接種は国が示す優先順位に応じて、順次接種を進めていく予定です。接種の優先順位は、以下のように想定されています。

なお、医療従事者の優先接種については2月17日に接種開始しています。



優先順位

1.医療従事者等(新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む。)に直接医療を提供する施設の医療従事者など)

2.高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する方)

3.基礎疾患を有する者(慢性の呼吸器の病気・慢性の心臓病(高血圧を含む)などで現在治療中の方)や高齢者施設等の従事者

4.上記以外の者

※ワクチンの供給量などにより、順位は細分化される可能性があります。




接種開始時期

65歳以上の人から接種が始まります。医療機関での接種は5月19日以降順次開始(予約は5月7日以降順次開始)、集団接種は5月2日以降(予約は4月21日以降開始)を予定しています。



接種券発送時期について

65歳以上の人には、4月15日頃にワクチン接種に必要な接種券等を発送する予定です。


※諸事情により送付先変更をご希望の方、接種券を紛失された方は古賀市新型コロナウイルスワクチン接種券等送付依頼届を健康介護課にご提出ください。



接種券が届いたら

接種券が届いたら、市コールセンターへ電話か、インターネットで予約のうえ、市内(原則住民票所在地)の医療機関か集団接種会場で接種を受けることができます。

詳しくは、接種券に同封している案内か市ホームページで確認してください。

※予約開始直後からしばらくの間は、ワクチンの量が少なく、予約が取りづらい状況が予想されます。接種を希望するすべての人が接種できるようにワクチンは順次供給されますので、安心してお待ちください。


ワクチン接種を受ける際の同意
新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は強制ではありません。
予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、接種を受けていただきます。
受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。


※諸事情により送付先変更をご希望の方、接種券を紛失された方は古賀市新型コロナウイルスワクチン接種券等送付依頼届を健康介護課にご提出ください。



接種当日に持ってくるもの

〇市から郵送で届くもの

 ・接種券

 ・予診票(接種当日までに、同封している記入例にしたがってご記入ください。)


〇ご準備いただくもの

 ・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)

 ・お薬手帳など(服用しているお薬がわかるもの)


※忘れた方は接種できない場合があります。



古賀市にお住まいで住民票が他の市町村にある方へ

新型コロナワクチンの接種は原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととされていますが、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している方は、事前に届出を行うことにより、古賀市で接種を受けることができます。
詳しくはこちらをご覧ください。


住所地外接種届出済証について(96KB)

住所地外接種届(17KB)



住民票所在地以外での接種について

入院・入所中の人や基礎疾患がある人は、住民票所在地以外のかかりつけ医や施設で接種できる場合があります。直接医療機関や施設で確認してください。このほかやむを得ない事情で住所所在地以外での接種を希望する人は、接種を希望する医療機関の所在地の自治体に接種できるか確認してください。



接種回数について

1人2回の接種(見込み)



ワクチンの種類

令和3年2月14日にファイザー社の新型コロナワクチンが薬事承認されました。

ワクチンごとの情報については厚生労働省HPにて随時更新されていますので

厚生労働省HPのワクチンごとの情報をご覧ください。



高齢者施設における入所者・従事者への新型コロナウイルスワクチン接種について

高齢者施設入所者の予防接種については、平時の定期接種の接種場所を基本としつつ、ワクチン流通単位の観点から、効率的な接種が求められます。また、接種後の健康観察も重要であることを念頭に、施設の特徴を踏まえた上で接種場所の検討を行うことが考えられます。各高齢者施設におかれては、施設の現状をふまえたうえで接種方法(施設内での接種もしくは実施医療機関での接種)についてご検討をお願いします。

 

〇 高齢者施設について

 本ワクチン接種において、以下の施設が高齢者施設として位置付けられています。

 ・介護老人福祉施設

 ・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

 ・介護老人保健施設

 ・介護療養型医療施設

 ・介護医療院

 ・特定施設入居者生活介護

 ・地域密着型特定施設入居者生活介護

 ・認知症対応型共同生活介護

 ・養護老人ホーム

 ・軽費老人ホーム

 ・有料老人ホーム

 ・サービス付き高齢者向け住宅

 ・ 生活支援ハウス

 

〇接種順位の特例について

 高齢者施設の従事者については、65歳以上の方に次ぐ接種順位と位置付けられていますが、重症化リスクの大きさ等を踏まえ、施設内のクラスター対策のより一層の推進のため、市及び施設等の双方の体制が整う場合、当該施設内で入所者と同じタイミングで従事者の接種を行うことができます。

 ※一定の要件(目安)

 ・市及び高齢者施設の双方の体制が整うこと

 ・ワクチン流通量の単位から施設入所者と一緒に接種を受けることが効率的であること

 ・施設全体における入所者の日常的な健康管理を行う医師等が確保されており、

  接種後の健康観察が可能であること

 

〇高齢者施設の従事者の範囲について

 高齢者施設の従事者には、高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等(介護保険施設、居住系介護サービス等)において、利用者に直接接する職員(職種は限定しない)が含まれます。

 介護医療院、介護老人保健施設の従事者については、医療機関と同一敷地内にある場合には、施設(または医療機関)の判断により医療従事者等の範囲の対象とできます。また、介護療養型医療施設は、病院・診療所と同様に医療従事者等の範囲に含まれます。

 

〇接種時期について

ワクチン供給量が決まっていないため具体的なスケジュールが示せずご迷惑をおかけしていますが、65歳以上の方への接種券発送については4月中旬以降を予定しています。

 

〇高齢者施設における施設内接種に向けた準備について

 高齢者施設における施設内接種を希望される場合は、以下の手順(①~⑥)にそって施設内における接種に向けご準備をお願いします。

 

①接種場所の検討

 高齢者インフルエンザ等の予防接種の接種場所や嘱託医等の協力体制も踏まえながら、施設内で接種可能かどうか検討してください。


②嘱託医等への接種の協力依頼

 施設内接種を希望される場合は、嘱託医等に施設内で接種可能かどうか調整してください。

嘱託医等による接種が困難な場合は市まで報告してください。


③入所者への説明

 通常の予防接種と同様に、本人や家族に説明し、接種希望の有無を確認してください。意思確認が難しい場合であっても、家族や嘱託医等の協力を得ながら意思確認をし、接種についての同意を確認できた場合は接種可能です。


④入所者の接種券の確保

 入所者への接種券は、原則、住民票上住所に送付されます。施設に住民票設定されていない入所者については、接種券の確保方法について、あらかじめ本人や家族等と相談して、家族に協力いただきながら接種券を収集してください。


⑤接種時期と市への報告

 ワクチンの供給量を踏まえて、市から接種可能時期をお知らせします。その後、嘱託医等と2回目接種を考慮して日程調整と接種予定者数の最終確認をお願いします。また、従事者は施設で入所高齢者と同時に接種する場合のみ施設での接種が可能です。その場合、「高齢者施設従事者優先接種予定者リスト」を市に提出してください。追って、接種券付き予診票を発行します。


⑥施設で接種しない従事者(65歳未満の方)に対する証明書の発行

 高齢者施設が発行する、優先接種の対象である高齢者施設に従事していることの「証明書」を持って、接種施設(医療機関)等で接種することになります。なお、当該従事者は、証明書とともに住民票所在市町村から送付された接種券を提示しなければできませんのでご注意ください。



古賀市新型コロナウイルスワクチン接種担当窓口の開設

古賀市では新型コロナウイルスワクチン接種の相談体制の構築にあたり、3月10日から

サンコスモ古賀に古賀市新型コロナワクチン接種担当窓口(092-692-1072)を開設しました。

受付時間は平日8:30~17:00までとなっております。



電話相談が難しい方へ

電話での相談が難しい方は、FAX(092-942-1154)やメール(corona@city.koga.fukuoka.jp)にてお問い合わせください。



避難行動要支援者の交通手段の確保(タクシー利用証明書の発行)について

 古賀市の避難行動要支援者(災害時に自ら避難が困難で支援が必要な人)に登録があり、かつ医療機関・接種会場までの交通手段の確保が困難な人に初乗運賃相当額のタクシー利用証明書(4枚綴)を発行します。



【申請方法】
 福祉課福祉政策係(092-942-1150)へご連絡をお願いします。

 ※ ご連絡後、1週間程度で郵送にてお届けいたしますが、確認が必要な場合はさらに期間が必要になる場合があります。
 ※ 65歳未満の方につきましては、接種時期が到来してからご連絡ください。


【避難行動要支援者】(令和3年3月現在)
 ・介護保険法における要介護3~5と認定された人
 ・身体障がい者(視覚障がい1,2級の人、肢体不自由1,2,3級の人、聴覚障がい2級の人、内部障がい1,2級の人)
 ・知的障がい者(療育手帳A,Bの人)、精神障がい者(精神障がい者保健福祉手帳1級の人)
 ・70歳以上のひとり暮らしの人
 ・75歳以上の高齢者のみ世帯の人

 ・その他、災害時において支援が必要と認められる人



サンコスモ古賀とJR古賀駅東口の巡回バスについて

サンコスモ古賀での集団接種日にJR古賀駅東口とサンコスモ古賀の間で循環バス(30分間隔)を運行しますので、ご利用ください。運賃は無料です。


【運航スケジュール】(JR古賀駅東口 ⇔ サンコスモ古賀)
 JR古賀駅東口 出発      サンコスモ古賀 出発
          9:15              
          9:45                   10:00
   10:15                   10:30
   10:45                   11:00
   11:15                 11:30
   11:45                 12:00
   12:15                 12:30
   12:45                 13:00
   13:15                 13:30
   13:45                 14:00
   14:15                 14:30
   14:45                 15:00
   15:15                 15:30
   15:45                 16:00
   16:15                 16:30
   16:45                 17:00
                        17:30
                                     18:00



関連リンク

厚生労働省ホームページにおいて、ワクチンの種類、特徴、有効性・安全性等に関する情報が示されています。

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症のワクチンについて」(外部リンク)



このページに関するお問い合わせ先

健康介護課
新型コロナウイルス対策係
電話:092-942-1151
Eメール:corona@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.