古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

感染症に関すること

熊本地震の発生に伴う医療機関に関するお知らせ

平成28年4月14日(木)に発生しました熊本地震により、第一種感染症センターである熊本市立熊本市民病院が被災しました。
今後、熊本県内で一類感染症に感染した(感染が疑われる)患者が発生した場合は、第一種感染症センターである福岡東医療センターに搬送される場合があります。
実際に患者が搬送される場合は、熊本県から福岡県を通じて市に連絡が入りますので、速やかに市ホームページでお知らせ致します。

エボラ出血熱等に関する感染症対策勉強会を開催

平成26年12月16日(火)19時からリーパスプラザ(市中央公民館)大ホールにてエボラ出血熱等に関する感染症対策勉強会を行いました。
古賀市内外から住民、医療関係者、議会、行政など総勢134名の参加がありました。


勉強会は、福岡東医療センター、県、保健所、粕屋医師会の関係者が登壇し、粕屋保健福祉事務所から「西アフリカによるエボラ出血熱の流行について」、次に感染症指定医療機関である福岡東医療センターから「感染症センターの医療体制及び準備について」等の説明を行いました。

エボラ出血熱患者対応合同訓練

エボラ出血熱患者対応合同訓練福岡東医療センターでは、エボラ出血熱疑い患者の発生を想定し、関係機関相互が緊密に連携し、迅速かつ的確な疫学調査や入院措置を行うことで、患者への速やかな医療提供及び感染症の拡大防止等を図るため、年1回、福岡県及び消防本部と連携した訓練を実施しております。

国・県・保健所の感染症に関する情報

国や県などの情報ページへのリンクなどを紹介しています。


エボラ出血熱に関するQ&A

よく寄せられるお問い合わせについて、Q&A形式でご覧いただけます。
エボラ出血熱に関するQ&A

このページに関するお問い合わせ先

予防健診課(サンコスモ古賀)
健康づくり係
電話:092-942-1151(直通)
Eメール:kenkou@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る