古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

家電リサイクル対象品目(テレビ・エアコン・冷蔵庫及び冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機)

1.家電リサイクル対象品目

  • 古賀市では収集できません(粗大ごみ及び分別収集での収集や、古賀清掃工場への自己搬入はできません)。
  • 家電販売店に引き取りを依頼してください(製品を購入した電気店、買い替えをする電気店、家電量販店など)。
  • 引き取りを依頼する際に、それぞれの製品に応じたリサイクル料金がかかります。

平成21年3月31日までの対象品目

  • ブラウン管テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機


平成21年4月1日からの対象品目

  • ブラウン管テレビ
  • プラズマテレビ
  • 液晶テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機

チューナーが付いていない液晶ディスプレイ、衣類乾燥機能付き布団乾燥機などは、対象外になります。
詳細について不明な点がありましたら、お問い合わせください。

2.リサイクル料金

家電リサイクル対象品目を排出する際には、2つの費用負担が求められます。
排出者が負担する料金=(1)収集運搬料金+(2)再商品化等料金


1)収集運搬料金
小売業者が収集運搬費として請求する料金(この料金についてはお店によって異なりますので、直接販売店にお問い合わせ下さい)。


2)再商品化等料金
製造者等が再商品化等に関する行為に必要な料金(品目によって異なります)。

3.出し方

1.購入店がわかっているもの 購入店に連絡して対象廃家電を引き取りにきてもらう。
※排出される際、店が販売したものは、店に引き取り義務があります。
2.同じ種類の製品の買い替えで排出するもの 買い替え先の店に引き取りに来てもらう。
※買い替え先の店には、同種の対象廃家電製品の引き取りを求められた際に、引き取り義務が生じます。
3.上記以外のもの(購入店が遠方なもの、購入店が不明なもの) 下記の電気屋さん、家電量販店などにお問い合わせ下さい。
  • ケーズデンキ 古賀店(舞の里3-14-12 電話410-3170)
  • ㈱古賀環美サービスセンター(筵内1522 電話942‐4038)

購入店には、家電量販店などの家電小売店や通信販売で家電製品を販売している業者の他、中古家電製品を取り扱う古物商、リサイクルショップや質屋なども含まれます。
中古品を購入した場合は、その中古品を販売した者が引き取り義務を負うことになります。


外国製品について
日本の店で購入した製品…その店に引き取ってもらえます。
海外で購入した製品…同種の製品を買い換える際に小売店に引取りを依頼します。
買い替えではなく単に不要となる場合…上記の3に従って下さい。


注意点

家電リサイクル法対象製品は、分別収集、粗大ごみ、古賀清掃工場への自己搬入での排出はできません。



不法投棄は法律により厳しく処罰されます。

このページに関するお問い合わせ先

環境課
資源循環推進係
電話:092-942-1127(直通)
Eメール:shigen@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.

×