古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

古賀市の予算(令和2・平成31年度)

公営企業会計の予算はこちら(予算・決算・経営比較分析表)

令和2年度当初予算

  令和2年度は、JR古賀駅東口周辺のまちづくりについて、都市計画決定のための具体的な検討を進めるとともに、JR古賀駅西口エリアについて、市民等が主体となった持続的・発展的な賑わいを創出するためのプロジェクトを始動します。

 また、産前・産後をトータル的にサポートするための妊娠後期からの家庭訪問の実施、保育ニーズへの適切な対応などの子育て支援や、がん検診における胃内視鏡健診の導入などにより、健康で安心して暮らしていける地域社会の実現にも引き続き取り組みます。

 令和2年度一般会計予算は前年度比1.2%増の216億861万円となり、一般会計・各特別会計及び公営企業会計を含めた予算総額は、前年度当初予算比0.7%減の380億9,659万円となりました。


 詳しい予算の内容については、下記の資料ご覧ください。

令和2年度古賀市予算書(PDFファイル:461KB)


令和2年度古賀市予算に関する説明書(PDFファイル:2.2MB)


令和2年度予算案の概要等についてはこちら


広報こが6月号(PDFファイル:860KB)

平成31年度当初予算

 平成31年度は、JR古賀駅周辺の再開発に向けた対象地域の都市計画決定に係る事前調査をはじめ、企業や新分野挑戦、アイデアの具現化、創業者コミュニティスペースの整備を支援するなど、農商工業の活性化を図ります。

 また、子育て世代包括支援センターを開設し、妊娠期から出産、乳幼児期までの切れ目のない支援をワンストップで行うこと、小1プロブレム対策の人的配置を小学校適応促進補助金として全学年に広げ、さらなる学習環境の控除を図ることなど、引き続き子育て支援や教育環境の充実を図ります。

 平成31年度一般会計予算額は前年度比4.1%増の過去最大規模となる213億5,491万円となり、一般会計・書く特別会計及び公営企業会計を含めた予算総額は、前年度当初予算比10.4%増の383億7,446万円となりました。


 詳しい予算の内容については、下記の資料ご覧ください。

平成31年度予算案の概要(PDFファイル:2.3MB)


平成31年度古賀市予算書(PDFファイル:824KB)


平成31年度古賀市予算に関する説明書(PDFファイル:1.9MB)


広報こが6月号(PDFファイル:1,371KB)


※例年、広報こが5月号(平成31年度以降は6月号)には予算に関する同様の記事を掲載しております。過去の予算概要については、広報こがバックナンバー(経営戦略課のページに移動します)からご覧ください。

補正予算に係る全体概要

【令和2年度】



【平成31年度(令和元年度)】

このページに関するお問い合わせ先

財政課
財政係
電話:092-942-1198
Eメール:zaisei@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.