古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

介護保険料納付証明書

 介護保険料は、社会保険料控除の対象です。該当する年の1月から12月までに実際に納付した金額を、年末調整や確定申告などで申告することができます。
 介護保険料の社会保険料控除の申告には、証明書の添付は必要ありません。そのため、領収書、振替口座の通帳、公的年金等の源泉徴収票(年金天引きの方)等で、金額と日付(領収日)を確認の上で、1月から12月までに実際に納付した金額を申告することができます。


(参考)国税庁ホームページ
・No.1130 社会保険料控除
 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1130.htm


 しかし、本人の申請により、介護保険料の納付額を確認するために介護保険料納付証明書を発行することも可能です。

介護保険料納付証明書の交付申請について

 介護保険料納付証明書は介護支援課(サンコスモ古賀)で申請することができます。交付申請書と窓口に来られる人の本人確認書類をご持参のうえ、窓口までお越しください。
 なお、窓口に来られる人が被保険者本人以外の人の場合は、被保険者本人の介護保険証など公的証明書又は委任状が必要となりますので、ご注意ください。


介護保険料納付証明申請書
委任状 
 ※窓口に来られる人が被保険者本人以外の人の場合であって、被保険者本人の介護保険証など公的証明書をお持ちでない場合


【注意事項】
・年金天引き(特別徴収)は、納期未到来納付予定額の欄には掲載されません。納付済額には、処理の都合上、年金支給月の翌月10日頃に反映されます。

・年金天引き(特別徴収)については、公的年金の源泉徴収票に記載されます(遺族年金、障害年金等の非課税年金を除く)。この納付証明書で社会保険料控除の申告をする場合は、年金天引き(特別徴収)分が二重に計上されないようご注意ください。
・年金天引き(特別徴収)の納付額を社会保険料として控除できるのは年金受給者本人のみです。

その他

 年金天引き(特別徴収)や口座振替により介護保険料の納付をされている方については、以下の方法により介護保険料の納付額を確認することも可能です。


〇介護保険料を年金天引き(特別徴収)で納付されている方(遺族年金、障害年金等の非課税年金を除く。)
 1月中旬以降、年金保険者(日本年金機構等)から送付される「公的年金等の源泉徴収票」に、年金天引き(特別徴収)により納付していただきました昨年1年間の納入済介護保険料額が記載されています。


〇介護保険料を普通徴収(口座振替)で納付されている方
 口座振替の人は、1月中に介護支援課から送付する「口座振替済通知書」に、昨年1年間で口座振替により納付していただきました納入済介護保険料が記載されています。

このページに関するお問い合わせ先

健康介護課(サンコスモ古賀内)
介護保険係
電話:092-942-1144
Eメール:kaigo@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.