古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

大人の風しん抗体検査や予防接種について

風しん対策にご協力ください!!

風しんは感染力が強く、知らない間に感染して、周囲に広げてしまうこともあります。

まずは無料の抗体検査を受けて、抗体が低い場合は予防接種をお願いします。

風しんについて

 現在、厚生労働省が風しん対策として、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に風しん抗体検査や予防接種を実施しています。

  詳しい内容は、【昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は 風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます。 】 をご覧ください。


 

 風しんは、妊婦、特に妊娠初期の女性がかかると,胎児にも感染する可能性があり、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、発達がゆっくりしているなど「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。

平成25年には全国的に風しんが流行し、平成31(令和元)年の発生報告数は2,306人となっています。令和2年も全国的に風しんの発生報告は続いています。

これまでに風しんにかかったことのない方、風しんの予防接種を受けていない方及び妊娠を希望される女性等は、感染予防に努め、予防接種(任意)を受けることについて検討しましょう。

 

(1)臨床的特徴

・発熱とともに全身に発しん、耳の後ろや頸部などのリンパ節に腫れが出現。発熱は微熱程度のことも多い。

・妊娠初期の女性が風しんに罹患すると、風しんウイルスが胎盤を介して胎児に感染、白内障や先天性心疾患、難聴、精神・身体の発達の遅れ等を引き起こす「先天性風しん症候群」を発症することがある。

 

(2)潜伏期間:通常2~3週間

 

(3)感染経路:接触感染・飛沫感染。

感染予防

 予防接種で感染を予防しましょう。

 

●女性の方は妊娠前に予防接種をご検討下さい(妊娠中はワクチン接種が胎児に影響を与えますので接種できません。ワクチン接種後,2か月は避妊が必要です)。
また、妊婦を守るために、妊婦の周りにいる方(同居家族や同じ職場の方など)も予防接種をご検討下さい。

 

●流行期には、なるべく人混みに行かないようにし、外出先から帰ったときは、手洗い、うがいを心掛けましょう。発熱や発疹などの症状が現れた場合には、速やかに医療機関を受診しましょう。

 

●風しんに罹患した場合には,周りに感染を広げないように自宅で休みましょう。

予防接種について

 古賀市では、予防接種法に基づき,下記の対象者に、麻しん・風しん混合(MR)ワクチンの接種事業を実施しています。
対象年齢の子どもさんは、早めのワクチン接種をお願いします。 

 

【麻しん・風しん混合(MR)ワクチンの定期接種対象者】
1期 生後12か月~1歳11か月

2期 小学校入学前の1年間(いわゆる幼稚園・保育所等の年長児)
※接種期間:4月1日~翌年3月31日

詳しくはこちら(「子どもの予防接種」のページに移動します)


妊娠希望者及び妊婦の家族等の風しん予防接種助成について  詳しくはこちら


昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に実施する風しん抗体検査及び
風しん定期予防接種(第5期)については、下記ページをご覧ください。

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は 風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます

 

 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。

 

 そのため、2022年3月31日までの期間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風しんの定期接種※の対象者とし、クーポン券をお届けします。
※予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条第1項の規定に基づく定期の予防接種

 

対象者の方には、お届けするクーポン券を利用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。

【実施期間】

2022(令和4)年3月31日まで


【対象者】
抗体検査時、予防接種時に古賀市に住民票がある、下記の方が対象になります。
ただし、平成26年4月1日以降に風しん抗体検査を受け、十分な量の風しんの抗体があることが分かる検査結果をお持ちの方は除きます。


昭和47年4月2日から

昭和54年4月1日生まれの男性

クーポン券を2019年5月31日に発送しています。

昭和37年4月2日から

昭和47年4月1日生まれの男性

クーポン券を2020年4月24日に発送しています。


【クーポン券の申請・再発行方法】

 紛失などの理由によりクーポン券の再発行を希望される方は、申請により発行が可能です。

風しん抗体検査及び第5定期接種のクーポン券交付申請書(PDFファイル:700KB)に本人確認書類を添えて、予防健診課に提出してください。(郵送で申請される場合は本人確認書類の写しを添付してください。受領後10日程度で郵送いたします。)


【実施場所】
全国の実施医療機関で受けることができます。
実施医療機関は厚生労働省のホームページでご確認いただけます。
※順次、実施医療機関が追加されています。

 

厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策について」


【定期接種の対象となった方へ】 ※予防接種を受ける前にお読みください
抗体価が低いと判定され、定期接種の対象者となった方は、予防接種を受ける前に古賀市からの説明文書をお読みください。
予防接種についての説明と接種を受けた後の注意等について説明いたします。
 ↓       ↓       ↓
予防接種のしおり(PDFファイル:355KB)

 


【定期接種の対象となる抗体価】

定期接種の対象となる抗体価一覧(PDFファイル:244KB)

 


【関連リンク
厚生労働省ホームページ

国立感染症研究所ホームページ

 

このページに関するお問い合わせ先

予防健診課(サンコスモ古賀)
健診指導係
電話:092-942-1151(直通)
Eメール:yobou@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.