古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種

高齢者を対象とした肺炎の予防・発病・重症化を防止するために予防接種を行っています。


【新型コロナワクチン予防接種との接種間隔について】
新型コロナワクチン予防接種と高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種の接種間隔は、13日以上あける必要があります。

※次のいずれかに該当される方は予防接種を受けることができません。

  • 発熱している方
  • 重症の急性疾患にかかっている方
  • 放射線、免疫抑制剤等で治療中の方または接種後まもなくそのような治療を受ける方
  • その他、医師が不適当と判断した方

令和2年度対象者の接種期間延長について(令和4年3月31日まで)

  令和2年度(2020年度)の高齢者肺炎球菌定期接種対象者で新型コロナウイルス感染症の影響により、やむを得ず令和2年度内(令和2年4月1日~令和3年3月31日まで)に予防接種を受けることができなかった人を対象に接種期間を延長します。接種を希望の人は事前申請が必要です。

 

【延長期間】
令和3年4月1日から令和4年3月31日まで


【申請方法】 ※令和2年度発行の接種券は使用できませんので、新たに申請をしてください

1.住所・氏名・年齢が確認できるもの(保険証など)

2.印鑑(朱肉を用いるもの)

 ※生活保護受給者は「生活保護受給カード」

 ※中国残留邦人等支援給付の受給者は「本人確認証」

上記のものを(サンコスモ古賀内)健康介護課に持参してください。


【接種期間延長に伴う償還払いについて】

すでに全額自己負担にて令和3年度に接種済みの令和2年度対象者の人には償還払いをいたします。

〈申請方法〉 「予防接種償還払請求書」を健康介護課に提出。

〈必要なもの〉 領収書、予診票控え、接種者本人確認書類、請求者名義の振込口座番号、印鑑

        接種者と請求者が異なる場合は請求者の本人確認書類(接種者との関係を確認できる書類)

 ※郵送でも申請できます。

  詳しくは健康介護課へお問い合わせください。


延長対象者

 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年度中に予防接種を受けることができなかった人

  令和2年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になった人(下表)

令和2年度に迎える年齢 対象者となる生年月日
65歳 昭和30年4月2日生~ 昭和31年4月1日生の人
70歳 昭和25年4月2日生~昭和26年4月1日生の人
75歳 昭和20年4月2日生~ 昭和21年4月1日生の人
80歳 昭和15年4月2日生~ 昭和16年4月1日生の人
85歳 昭和10年4月2日生~ 昭和11年4月1日生の人
90歳 昭和 5年4月2日生~  昭和 6年4月1日生の人
95歳 大正14年4月2日生~ 大正15年4月1日生の人
100歳

大正 9年4月2日生~  大正10年4月1日生の人

令和3年度高齢者肺炎球菌予防接種(令和4年3月31日まで)

2014年(平成26年)10月1日から、高齢者肺炎球菌予防接種が定期接種に導入されました。
 高齢者にとって肺炎は、重症化しやすい病気です。肺炎は、高齢者の死亡原因の第3位で、肺炎の原因で最も多いのが肺炎球菌です。予防には、肺炎球菌ワクチンの接種が非常に有効です。

 本来は65歳の方が対象となりますが、経過措置として5歳きざみの年齢の方が順次対象となります。当初、経過措置は2018年度(平成30年度)で終了となる予定でしたが、今般、厚生労働省において、2019年度(平成31年度)から2023年度(令和5年度)までの5年間、経過措置を延長することが決まりましたので、ご案内いたします。


 定期接種の対象の人が予防接種を受けるには、あらかじめ、 健康介護課(サンコスモ古賀)窓口にて申請をしていただく必要があります。

※令和3年度に65歳を迎える人には令和3年4月半ばに接種券を個別発送しましたので、申請の必要はありません



【定期接種の対象者(令和3年4月1日~令和4年3月31日まで)】


※令和3年度の対象者は、過去に肺炎球菌予防接種を一度も接種していない人(全額自己負担で受けた人も含む)で、以下のア、イに当てはまる古賀市に住民登録がある人です。


ア 令和3年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる人(下表)

令和3年度に迎える年齢 対象者となる生年月日
65歳 昭和31年4月2日生~ 昭和32年4月1日生の人
70歳 昭和26年4月2日生~昭和27年4月1日生の人
75歳 昭和21年4月2日生~ 昭和22年4月1日生の人
80歳 昭和16年4月2日生~ 昭和17年4月1日生の人
85歳 昭和11年4月2日生~ 昭和12年4月1日生の人
90歳 昭和 6年4月2日生~  昭和 7年4月1日生の人
95歳 大正15年4月2日生~ 昭和 2年4月1日生の人
100歳 大正10年4月2日生~ 大正11年4月1日生の人

※ひ臓を摘出した人には健康保険が適用されますので、助成対象外となります。


イ 接種当日に60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓または呼吸器の機能や、
  ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がい(身体障害者手帳1級程度)がある人

(※申請の際に「身体障害者手帳」を持参してください。)



【接種期間】
令和3年4月1日から令和4年3月31日までに1回


【申請方法】 

1.住所・氏名・年齢が確認できるもの(保険証など)

2.印鑑(朱肉を用いるもの)

 ※生活保護受給者は「生活保護受給カード」

 ※中国残留邦人等支援給付の受給者は「本人確認証」

上記のものを(サンコスモ古賀内)健康介護課に持参してください。


※代理人・郵送による申し込みもできます。詳しくは健康介護課にお問い合わせください


【自己負担金】
4,000円 
医療機関での支払い時に、健康介護課の窓口で交付を受けた接種券も提出してください。
※生活保護受給者、中国残留邦人等支援給付の受給者は費用が免除されます。接種券申請の際に生活保護受給者は「生活保護受給カード」を、中国残留邦人等支援給付の受給者は「本人確認証」を持参してください。


【接種当日に必要なもの】

1.接種券

2.住所・氏名・年齢が確認できるもの (健康保険証、運転免許証、住基カードなど)

 (※生活保護受給者は「生活保護受給カード」を、中国残留邦人等支援給付の受給者は「本人確認証」を持参してください。)

3.自己負担金 4,000円

 (※生活保護受給者、および中国残留邦人等支援給付受給者の自己負担はありません。)


【高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種を受けることができる医療機関】

医 療 機 関 名 電 話 番 号
(市外局番:092)
住  所
いけだ内科クリニック 944-3225 古賀市舞の里3-17-10
植田脳神経外科医院 943-2220 古賀市久保1095-1
大岩外科胃腸科医院 942-6231 古賀市花見東2-1-5

おおつか小児科アレルギー科クリニック

(受診歴がある人に限る)

941-1700 古賀市舞の里3-15-17
かい外科・胃腸科クリニック 940-1620 古賀市駅東2-14-7
かい整形外科医院
943-2411
古賀市今の庄1-10-28
亀山整形外科医院 944-2112 古賀市天神1-25-6
かわくぼ脳神経外科
940-4970
古賀市花見東5-1-33
北﨑医院 942-3205 古賀市中央2-2-1
古賀おなかぽんぽん内科クリニック 944-0005 古賀市美郷203
古賀中央病院 944-1551 古賀市天神1-13-30
こがファミリー内科循環器内科 946-3131 古賀市米多比1515-1
すなお医院
941-4210
古賀市舞の里3-17-8
武市クリニック 943-1155 古賀市舞の里3-8-14
ちどり医院 943-0224 古賀市花見東6-9-6
堤医院 944-2230 古賀市青柳821-1
中島医院 942-2402 古賀市天神1-12-21
中山内科胃腸科医院 943-8831 古賀市天神3-7-27
福岡内科循環器科クリニック 942-3700 古賀市日吉3-18-15
福岡聖恵病院 942-6181 古賀市鹿部482
舞の里内科クリニック 944-2626 古賀市千鳥6-11-24
やの循環器科内科クリニック
944-2380
古賀市今の庄2-4-14

※古賀市外の指定医療機関でも接種が可能です。事前に希望する医療機関にお尋ね下さい。

このページに関するお問い合わせ先

健康介護課(サンコスモ古賀内)

健診指導係
電話:092-942-1151
Eメール:yobou@city.koga.fukuoka.jp



このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.