古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

献血のお知らせ

古賀市では、400ml全血献血のご協力をお願いしています。

2019年度地域献血について

日程 地域
場所 時間
4月3日(水) サンリブ古賀店
(花鶴福岡ライオンズクラブ主催)
10時00分~12時30分
13時30分~16時00分
5月9日(木)
コスモス館 10時00分~12時00分
サンコスモ古賀 14時00分~16時00分
5月10日(金) グッデイ古賀千鳥店 10時00分~12時00分
13時00分~16時00分
8月14日(水) 古賀市役所 10時00分~12時00分
13時00分~16時00分
8月15日(木) サンリブ古賀店 10時30分~12時30分
13時30分~16時00分
11月14日(木) ハローディ古賀店 10時00分~12時00分
13時00分~16時00分
11月17日(日) ニビシ醤油株式会社敷地内
(まつり古賀)
9時30分~12時00分
13時00分~15時30分
12月26日(木) サンリブ古賀店 10時30分~12時30分
13時30分~16時00分
2020年
2月19日(水)
古賀市役所 10時00分~12時00分
13時00分~16時00分

※日程や時間帯が変更になることがあります。ご不明な点は、お問い合わせください。


※上記会場の他に、献血ルームでも献血ができます。

 献血ルームについては、こちら(福岡県赤十字血液センターのホームページ)をご確認ください。

献血ができる基準は

献血の種類 400ml献血 ※1 200ml献血
1回献血量 400ml 200ml
対象年齢 男性17歳〜69歳
女性18歳~69歳 ※
16歳〜69歳 ※2
体重 男女とも50kg以上 男性45kg以上女性40kg以上
献血の間隔 献血を行ってから次の献血まで
男性は12週間後
女性は16週間後
同じ曜日から献血できます
男女とも4週間後の
同じ曜日から献血できます
年間献血回数 男性3回/年 以内
女性2回/年 以内
男性6回/年 以内
女性4回/年 以内
年間総献血量 200ml献血と400ml献血を合わせて
男性1,200ml以内
女性800ml以内
最高血圧 90mmHg以上
血液比重 男性13g/dl以上
女性12.5g/dl以上
男性12.5g/dl以上
女性12g/dl以上
血小板 - -

※1 400ml献血のご協力をお願いしております。
※2 65歳以上の献血については、献血される方の健康を考え、60歳〜64歳の間に献血経験がある方に限らせていただいています。

400ml献血が必要です

献血の際には、患者さんに輸血した血液中の白血球によって拒否反応を起こす場合や、様々な副作用を起こす場合もあります。
そのため、200ml献血×2人分よりも、400ml献血×1人分による献血のほうが輸血時の副作用等が軽減され安全性が高くなります。

ヒトの循環血液量は数時間で戻ります

ヒトの体を流れている血液の量は、体重によって異なり、男性で体重の約8%、女性で約7%といわれています。
そして、この量の15%以下(体重50kgの場合、男性で約600ml、女性で約525ml)が失われても医学的に問題がないことが報告されています。
献血されても、循環血液量は数時間でもとに戻りますので、献血後は日常の生活(車の運転や、当日の入浴)に支障はありません。

献血の際の注意事項について

献血は、健康な方ならどなたでもご協力いただけますが、次の項目に該当する方は、献血をご遠慮いただく場合があります。

  • 不特定の異性と性的接触をもった経験がある方
  • 男性の方で、男性と性的接触をもった経験がある方
  • エイズ検査(HIV検査)で陽性と言われたことがある方
  • 麻薬、覚せい剤を注射したことがある方
  • この1年間に上記1〜4に該当する人と性的接触があった方
  • 今までに輸血や臓器の移植を受けたことがある方
  • 今までにCJD(クロイツフェルト・ヤコブ病)及び類縁疾患と医師に言われた、または血縁者にCJD及び類縁疾患と診断された人がいる方
  • 次の病気にかかったことがある方、または現在かかっている方
    • 6ヶ月以内—伝染病単核球症
    • 3週間以内—はしか(麻疹)、風疹、おたふくかぜ、帯状疱疹、水痘
    • 心臓病、肝臓病、マラリア、脳卒中、血液疾患、がん、けいれん、腎臓病、糖尿病、結核、ぜんそく、アレルギー疾患、乾せん、梅毒、外傷、手術(病気で治療中の方)
  • 今までに人由来成長ホルモンの注射や脳外科手術を受けたことがある方
  • B型またはC型肝炎ウイルスキャリアといわれたことがある方
  • 現在治療中で注射、服薬されている方 ※当日、医師の問診結果によります。
  • この1ヶ月に発熱を伴う食中毒様の激しい下痢をされた方
  • この1ヶ月に家族にA型肝炎やリンゴ病(伝染症紅斑)を発症した人がおられる方
  • この1年間にピアス、またはいれずみ、使用後の注射針を誤って自分に刺した方、肝炎ウイルスキャリアとの性的接触など親密な接触があった方
  • この1年間に予防接種を受けた方 ※種類によりますのでご相談ください
  • この3日間以内に抜歯、歯石除去をされた方
  • 現在妊娠中、授乳中または6ヶ月以内に出産、流産をされた方
  • 昭和55年(1980年)以降、通算6ヶ月以上フランス、アイルランド、ポルトガル、スイス、ドイツ、スペイン、イタリア、オランダ、ベルギーに滞在(居住)したことがある方
  • 昭和55年(1980年)から平成8年(1996年)の間に、通算31日以上英国に滞在(居住)されたことがある方
  • 海外から帰国(入国)して4週間以内の方
  • ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤を使用されたことがある方(美容整形外科、更年期障害など)

持参するもの

お持ちの方は「献血手帳」または「献血カード」をご持参ください。

このページに関するお問い合わせ先

予防健診課(サンコスモ古賀)
健康づくり係
電話:092-942-1151(直通)
Eメール:kenkou@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.