古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

スマートフォン決済によるお支払い

古賀市上下水道課では、令和2年6月15日から、スマートフォン用のアプリ「LINE Pay」、「PayPay」及び「支払秘書」を利用して支払いができる「スマートフォン決済」を始めました。 上下水道料金の納入通知書に記載されているバーコードをスマートフォンのカメラで読み取ることで、24時間365日いつでもどこでも、 キャッシュレスによるお支払いができます。


※令和3年4月1日から「PayB」も利用できるようになります。

ご利用にあたっての注意事項

  • 支払手数料はかかりません。(ただし、アプリのダウンロード及びご利用に伴う通信料は、お客さまのご負担になります。)
  • 領収書は発行されません。領収書が必要な方は、金融機関やコンビニエンスストアでお支払いください。
  • お支払い後に、領収印のない納付書が手元に残ります。二重払いにならないようご注意ください。(お支払い後は廃棄をお勧めします。)
  • 利用料金がスマートフォン決済アプリの上限金額を超える金額のもの、バーコードの印字がないもの、バーコードの汚れ等により読み取りができないものは、お支払いができません。

LINE Payによるお支払い

提供事業者 LINE Pay株式会社
利用に際して ご利用には、LINEアプリ又はLINE Payアプリのダウンロード、登録及びチャージが必要です。
登録、チャージ方法など LINE Payのホームページ(外部リンク)でご確認ください。
詳細 LINE Pay 公式ブログ(外部リンク)でご確認ください。
支払限度額 49,999円(納入通知書1枚当たり)
その他 お支払金額の0.5%相当分のLINEポイントが付与されます。

PayPayによるお支払い

提供事業者 PayPay株式会社
利用に際して ご利用には、PayPayアプリのダウンロード、登録及びチャージが必要です。
登録、チャージ方法など PayPayのホームページ(外部リンク)でご確認ください。
詳細 PayPayのホームページ(外部リンク)でご確認ください。
支払限度額 30万円(1日当たり)
その他 お支払金額の0.5%相当分のPayPayボーナスが付与されます。

支払秘書によるお支払い

提供事業者 ウェルネット株式会社
利用に際して ご利用には、支払秘書アプリのダウンロード、登録及びチャージが必要です。
登録、チャージ方法など 支払秘書のホームページ(外部リンク)でご確認ください。
詳細
支払限度額 30万円(1日当たり)

PayBによるお支払い

提供事業者 ビリングシステム株式会社
利用に際して ご利用には、PayBアプリのダウンロード、登録及びチャージが必要です。
登録、チャージ方法など PayBのホームページ(外部リンク)でご確認ください。
詳細
支払限度額 30万円(1日当たり)

このページに関するお問い合わせ先

上下水道課

総務・上水道管理係
電話:092-942-1129
Eメール:josuidokanri@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.