古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

同和問題を考える市民のつどい(7月)いのち輝くまち☆こが(12月)

あなたが持っている人権のみならず、他者の人権のすばらしさを一緒に学びましょう。古賀市では、皆さんが元気になってほしいと、人権について一緒に学べる催しを毎年開催しています。


  • いのち輝くまち☆こが
  • 古賀市同和問題を考える市民のつどい
  • みんなの人権セミナー


古賀市同和問題を考える市民のつどい

 2022-05-12


 古賀市では、部落差別(同和問題)の解決を自分自身の課題ととらえ、市民一人ひとりの人権意識の向上を図るため、毎年7月を「同和問題啓発強調月間」としています。


shimintudoi_omote01

 第42回 同和問題を考える市民のつどい

日時

2022(令和4)年7月2日(土)
10時から12時


場所

リーパスプラザこが 中央公民館 大ホール
(古賀市中央2丁目13-1)JR鹿児島本線古賀駅東口から徒歩5分
https://goo.gl/maps/QSxsPZAGLYLKbR4x7


定員 会場650名  オンライン視聴500名
オンライン配信


詳しくはこちら(新しいタブが開きます)

申込期間:5月20日(金)から6月17日(金)


★オンラインの申し込みはメールアドレスは、キャリアメール(@docomo.ne.jp等)は避けPCメールアドレス(@gmail.comや@icloud.com等)で登録してください。キャリアメールはログイン情報を記載したメールが届かない場合がございます。

★当日視聴いただけなかった方のために、アーカイブ配信(過去に配信された動画を視聴できる)をご用意しました。


プログラム

(9時30分 開場)
10時    開演
10時10分から11時10分  講演会(60分)

講演テーマ : 「福を運んだでこまわしと人権」
講師 : 辻本 一英(つじもと かずひで)さん

    (芝原生活文化研究所代表、阿波木偶箱(あわでこはこ)まわし保存会)

11時10分から11時40分  実演:阿波木偶箱(あわでこはこ)まわし(30分)

11時50分  閉演


●芝原生活文化研究所、阿波木偶箱まわし保存会(公式サイト)●


新型コロナウイルス感染症対策
  • 本イベントは、新型コロナウイルス感染症防止対策を徹底の上行います。
  • 入場前にアルコール消毒及び、検温等を行います。(※体温が高い場合には参加をお断りする場合があります。)
  • ご来場の皆さまは、マスクを着用の上ご参加ください。
手話通訳 あり
託児 あり
※6月27日(月)までに要予約。
入場料 無料
駐車場 リーパスプラザこが駐車場をご利用ください。
問い合わせ先 古賀市 人権センター
TEL:092-942-1128
メール:jinken@city.koga.fukuoka.jp




このページに関するお問い合わせ先

人権センターWith(ウィズ)
人権教育・啓発係
電話:092-942-1128
FAX:092-942-1286

Eメール:jinken@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.

×