古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

過去の市長室ブログアーカイブ

スタンドアローン支援事業の社会体験学習に参加しました(8月13日=竹下)

20140819-img_0025.jpg
 スタンドアローン支援事業の社会体験学習に参加しました。スタンドアローン支援事業は、市内の中学生を対象に学習支援や社会体験学習支援を通じて、子どもたちひとり一人の将来への「自己実現」に向けた支援を行う事業です。

20140819-img_0035.jpg
 その中で、古賀市のPRのため8月に「ふるさと大使 博多大吉 里帰りプロジェクト」でお笑いステージにご出演いただいた博多大吉さんが、古賀市の子どもたちに向けて特別に語ってくれたビデオメッセージを紹介しました。
 大吉さんは、「人生は長期戦。生きているといろんな壁にぶつかることもあるけど、負けないよう、くじけないようにしていくことが大事」と語っていました。私が古賀中学校のバスケットボール部の3年生のとき、新入部員として入部してきたのが大吉さんでした。当時の大吉さんは、とても愛嬌のある誠実な人物でした。今では芸能人として芸を磨き、テレビで見かけない日がないほどの活躍ぶりです。そんな彼の特筆すべきところは、その芸もさることながら多くの後輩芸能人から慕われ愛されるキャラクターを持っているところではないでしょうか。おそらく彼もこれまで多くの壁にぶつかり、そのたびにくじけず歯を食いしばって前進してきた結果、多くの人から愛される素晴らしい人物になれたのだと思います。
20140819-img_0044.jpg
 私は人生の先輩として、「壁にぶつかってもくじけない力を持つため、いろんな本を読んだり、尊敬する人の生き方について調べたりして、自らの人間性を今のうちから磨いていてほしい」と話しました。そのことは、人生にとって大きな蓄えとなり、夢に向かって進んでいく大きな力となって自身を支えてくれると思うからです。
 子どもたちがスタンドアローン(1人で立つ)する力を手に入れるためには、地域や社会の支援が必要です。子どもたちのため皆さんのご協力をいただきますようお願いいたします。




カテゴリ:General
過去のアーカイブ月別一覧RSS/WebFeed
Powered by Nucleus CMS.


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.

×