古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

過去の市長室ブログアーカイブ

初めて災害時要援護者防災訓練が古賀団地区で行われました(2月23日=竹下)

null
 「もし災害が起きたときも、こうやって私たちを助けてくれる人が地域にいるだけで安心して暮らせます」。古賀団地区で災害時要援護者を主体とした地域防災訓練が行われ、参加者からこのような感想を耳にしました。
 災害時要援護者の訓練は、県内でも初めての実施でした。災害時に家族などの支援が受けられず、自力で避難することが困難な高齢者や一部の障がい者が、事前に登録しておくことで、地域の避難支援員がサポートします。この日は古賀団地区で150人が参加しました。地域での防災意識の向上とともに、要援護者の方が安全で確実に避難できるように、昨年10月からワークショップで学習を重ねてきました。今回は、実際に避難準備情報や避難勧告を出して、避難にどれくらい時間がかかるのかなどを検証するためのワークショップでした。
 訓練では、参加者が家族や隣近所の友人と一緒に避難する様子や、避難支援員や地域の方が、杖を手に歩かれる人や、一人暮らしの高齢者の手を引いたり、段差などにつまづかないように配慮して避難する姿が見られました。
 訓練後に公民館で行われた話し合いでは、参加者が「何か起きたときに、すぐに動ける体制を作っておかなければならないと感じた」「今まで3回のワークショップを受けたが、まだまだわからないこともある。こういった訓練を重ねて即座に動けるようにしていきたい」などの感想が出ました。
 古賀市としてはこれまで、「洪水・土砂災害ハザードマップ」や「地震・津波ハザードマップ」を作成し、危険箇所や浸水想定区域の周知を図るとともに、自主防災組織の設立を推進し地域の防災力向上に努めてまいりました。今後も皆さんの安全な暮らしのために、災害発生時に多くの情報を迅速に伝達できるようにしていきたいと考えています。住民の皆さんには、今回の本番さながらの訓練を生かして、少しでも減災に努めていただきたいと思います。

null



カテゴリ:General
過去のアーカイブ月別一覧RSS/WebFeed
Powered by Nucleus CMS.


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.

×