古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

過去の市長室ブログアーカイブ

大震災の被災にあった陸前高田市を行政視察しました(10月13日=竹下)

null
 全国市長会などが主催の全国都市問題会議の行政視察で、東日本大震災の被災地である陸前高田市を、他の市長さんたちと貸し切りバスで視察しました。陸前高田といえば、「奇跡の一本松」で注目された岩手県南部に位置する海岸線のまちです。人口2万人弱の水産業のまち。震災前は7万本の松で形成された美しい松原があったそうです。
 担当職員によると、今年8月現在の陸前高田市における東日本大震災死者は1,555人・行方不明者は223人。市役所職員も100名以上の方が亡くなられたと聞きました。心からご冥福をお祈りいたします。 
 市中心部は市庁舎もろとも壊滅し、市の全世帯中の7割以上が被害を受けたそうです。現在、復興のための作業が黙々と進められていましたが、特に目立ったのが、やはりがれき処理の作業でした。すべて手作業でごみを仕分けるため、相当な時間がかかっているそうです。また高台移転のための整地なども行われ、被害を受けたまちの中には、作業を行うボランティアの姿もあちこちに見受けられました。
 復興支援について戸羽大市長は「被災から1年7カ月。特に関東から西では徐々に報道もされなくなってきている。これからがやっと復興のスタートラインに立つ。被災地のことを忘れられてしまったらがんばれない。仮設住宅は大丈夫かな? それだけでいい。我々にとっては、時々思い出して気にかけてもらうことが一番の復興支援だ」と話されました。また、古賀市からの千羽鶴支援は励ましになりましたとのお話しも聞きました。
 今回の大会宣言にもあったように、寄り添いながら支援を継続していく。風化させることなく、これからも被災地の方々に寄り添うことが大切だと思いました。
 岩手県の三陸海岸地域では、古くから「津波てんでんこ」という教訓があったにも関わらず、「ここまでは大丈夫だろうという油断をしたのが甘かった」と関係者は話してくれました。想像を超える高さの津波によって、ホテルも破砕されていました。古賀市の防災対策では、考えられる限りの、またそれ以上の想定できる防災教育と啓発が必要だと現地を見て痛感させられた視察になりました。

null



カテゴリ:General
過去のアーカイブ月別一覧RSS/WebFeed
Powered by Nucleus CMS.


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.

×