古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

一般質問始まる 地域公共交通などめぐり議論展開

2015/01/23議会事務局

一般質問始まる 地域公共交通などめぐり議論展開
議会トピックス 一般質問始まる 地域公共交通などめぐり議論展開

 1月22日の午前9時30分から一般質問が始まりました。この日は5人が中村市長と所信表明について議論を展開しました。議員の質問に対し中村市長がほぼすべて答弁しました。
 質問した議員とテーマは次のとおりでした。飯尾助広議員(今後の市政の方向について)、姉川さつき議員(今後4年間の舵取りへの想いを問う)、内場恭子議員(市長の所信表明の具体化は)、倉掛小竹議員(就任初年度、優先的に着手するべきは何か)、田中英輔議員(市政運営の所信について)。特に、土地利用、給食費や水道料金の減額ならびに70歳以上の100円均一バス代公約、地域公共交通、脱焼却等について議論が集中しました。
 詳しいやりとりはインターネット録画をご覧ください。(1月27日以降見ることができます)
 1月23日には5人(芝尾郁恵議員 1.所信表明から今後4年間の市政を問う、許山秀仁議員 1.古賀市の土地政策について、三好貴一議員 1.JRししぶ駅の改善について、阿部友子議員 1.4期目の想いについて2.低い投票率について、結城弘明議員 1.心豊かに暮らせる街づくりの具体策について)、26日には4人(吉住長敏議員 1.古賀市還暦年度に「古賀市史」編さん事業の出発を 2.スーパーでの“買い物がてらに投票”所の開設を、高原伸二議員 1.企業誘致を軸とした古賀市の活性化について、前野早月議員 1.今こそ、市民と共に資源循環のまちづくりを、奴間健司 1.めざそう!健康寿命延伸都市)が一般質問を行います。ぜひ傍聴にお越し下さい。

2015年1月23日
古賀市議会議長 奴間健司


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.

×