トップ > 地産地消・健康レシピ > 料理のいろは > 豚汁とけんちん汁の違い

豚汁とけんちん汁

豚汁 どちらも多種の野菜を使った味噌汁(けんちん汁は醤油で味を調えた澄まし汁の地方もある)なので混同されやすいです。

豚汁とけんちん汁の大きな違いは「けんちん汁に使う具材は、一度油で炒めている」ということです。
両方とも、ごぼうなど灰汁の強い根菜などを複数種使い、味噌で味付けし、しょうがやねぎの薬味を添えるので風味も良く、単に汁ものとしてだけでなく、主菜にもなり得るという点で、広く好まれて食されています。
けんちん汁 元々、けんちん汁は精進料理のため、だしも昆布としいたけから取り、豚肉なども加えられませんでした。
しかし最近は、一般家庭などで、根菜などの野菜や豚肉を炒めて、かつお節で出汁をとり、味噌で調味するなど、豚汁とけんちん汁の具材と調理方法が相まってきているケースが多く、その違いはわかりにくくなってきているようです。


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook