小児救急医療体制

小児救急医療体制(1次・2次)
小児科勤務医の不足による、小児救急医療が社会問題となっています。
特に、夜間や休日における勤務医が不足していることに伴う、重篤救急患者の「たらいまわし」などの問題は深刻です。しかし、これは医療側だけの問題でしょうか。
体の具合が悪いとき、最新の医療設備があるからといって、いきなり大病院へ行くことが最もよいことでしょうか。
私たちが日頃から相談できるかかりつけの小児科医をもつことにより、大切なお子さんの健康を守ることができます。ご家族のことをよく知っている「かかりつけ医」にまず相談してみましょう。

かかりつけ医(1次)を持ちましょう

かかりつけ医(1次)を持ちましょうかかりつけ医(1次)とは、あなたやご家族の病気のことについて親身になってみてくれるお医者さんのことです。
今かかっている病気やこれまでにかかった病気、何の薬を飲んでいるかなど、普段からかかりつけ医に相談していれば、いざという時に適切な判断を下し、最適な診療を行ってくれます。 また、あなたのご家族の健康、体のことについても気軽に相談にのってくれるため、普段からの健康増進にも役立ちます。
 

2次(重症)救急病院とは

2次(重症)救急病院とは入院を必要とする重症患者の救急患者の救急医療を確保するため、初期救急医療機関の後送病院として、対応するのが2次救急病院です。
原則として、入院を必要とする救急患者を対象としているため、1次救急で対応できる場合は、1次の医療機関で受診してください。

粕屋北部・宗像地区における新しい「小児救急」医療体制

かかりつけ医・診療所(1次)
 昼間夜間
平日 かかりつけの小児科 宗像地区急患センター
(最寄りの急患センター)
休日

粕屋北部休日診療所

(電話:092-942-1511)
宗像地区急患センター

(電話:0940-36-1199)

※平日や休日、昼間や夜間により、受診できる医療機関が異なります。ご注意ください。

上記の医療機関で高度医療(2次医療)が必要と判断された場合は以下にご相談ください。

福岡東医療センター小児科(2次)
※休日診療所や急患センターは、病院が休診する夜間や休日に内科と小児科の応急処置をする診療所です。
※福岡東医療センター小児科は、原則として、平日の昼間は開業医などから紹介状を持った患者や、夜間・休日に粕屋北部休日診療所や宗像地区急患センターで入院などが必要と判断された患者の診療を行います。

電話相談(#8000)を利用しましょう

夜間の小児患者が多い準夜帯(19時00分〜23時00分)に、小児の救急医療(病気、ケガ、応急処置など)に関することについて、看護師または小児科医が相談を受けます(年中無休)。
福岡県小児救急医療電話「#8000(県内統一の短縮番号)」か、専用番号(092-661-0771)にお気軽にご相談ください。
※ 今すぐ医療機関を探したい方はこちらをご利用ください。
救急医療情報センター:電話092-471-0099【24時間受付】

問い合わせ先

予防健診課 健康づくり係
電話:092-942-1151
Eメール:yobou@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook