トップ > 古賀市からのお知らせ(最新情報) > ジカ熱・デング熱の感染源 ヒトスジシマカに注意!

ジカ熱・デング熱の感染源 ヒトスジシマカに注意!

2017/05/11予防健診課

暑い時期になると、蚊が発生します。特にヒトスジシマカは、ジカ熱やデング熱といった病気を持っているものもいます。
ジカ熱やデング熱の原因となるウイルスは、それらの感染症に感染した人の血を吸った蚊(日本ではヒトスジシマカ)の体内で増え、その蚊がまた他の人の血を吸うことで感染を広げていきます。蚊から病気をうつされないためには、

①蚊をできるだけ発生させない    ②蚊にさされない

ことが重要です。

ヒトスジシマカは、空き缶にたまった雨水など小さな水たまりを好んで卵を産み付けます。住まいの周囲の水たまりを無くすことで、蚊の数を減らすことができます。
また、蚊のいそうな藪などに近づく時は、裸足でのサンダル履きを避け、虫除けスプレーを使用したり、長袖・長ズボンを着用することを推奨します。

問い合わせ先

予防健診課(サンコスモ古賀) 942-1151


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram