薬王寺の湯

山里の湯殿 薬王寺の湯

春は桜、夏は蛍、秋は紅葉と四季折々の自然が豊かな山里に、ひっそりとたたずむ「薬王寺の湯」。
のんびりとお湯につかって、日頃の疲れを癒やしませんか。

薬王寺霊泉の伝説

昔、この地に鬼王、京王という名の2人の子どもを連れた侍がたどり着きました。実はこの侍、清和天皇の子孫で、悪人のはかりごとにより都を追われてきたのです。侍は里人の優しさに感銘を受け、この地に住みつくことになりました。
あるとき、侍は急な病により床に伏してしまいました。すると、日頃から信仰している薬師如来が夢に現れ、「この山里の谷川に薬水を流す。これを浴びるもよし、飲むもよし。必ず病は癒えるだろう」とのお告げが。早速お告げのとおりにしてみると、みるみるうちに病が癒え、すっかり元気になったのです。
その後、侍は出家し、各地を修行して巡りました。そして、再びこの地に戻り小さなお寺を建て、薬の里にちなんで「薬王寺」と名づけたそうです。

薬王寺鉱泉発祥の由来

王寺鉱泉は1918(大正7)年、福岡県嘉穂郡出身の古書神学の研究家、清水大晃により発見されました。
信仰深かった清水は、古書にある「筑紫の不老不衰の薬泉を以もって難病業者に実験し効験顕著なりき」という記述を研究するうち、薬師如来のお告げにより、発見に至ったとされています。

施設の紹介

旅館:快生館(かいせいかん)
旅館:快生館(かいせいかん)   旅館:快生館(かいせいかん)
平成15年に新規掘削された、地下1000メートルより湧出する天然温泉が自慢。お肌ツルツル・すべすべの美肌の湯です。
ゆったりと手足を伸ばしてくつろぐ大浴場は、疲れた体をゆっくりほぐしてくれます。
別棟にある「家族の湯 山の音(おと)」は全4室の貸切風呂で、循環装置を使わずに利用ごとに湯を入れ替えるため、衛生的にも安心です。
収容人員数 16室、60人 駐車場有り
料金 1泊2食付/10,950円~
入浴付ランチ 2,500円~
家族の湯
山の音(おと)
1室/2,200円(60分・4人まで・貸切)
11時~20時(受付終了19時30分)
住所 古賀市薬王寺95
定休日 不定休
問い合わせ 092-946-3311
ホームページ http://www.kaiseikan.net/top.htm
※料金は税込み
旅館:鬼王荘(おにおうそう)
旅館:鬼王荘(おにおうそう)   旅館:鬼王荘(おにおうそう)
緑の山々に囲まれ、野鳥の声や川のせせらぎが心地よい癒やしの宿です。自慢の日本庭園は、四季折々の自然を楽しむことができます。
採れたての新鮮野菜を使った体に優しい料理と、心からのおもてなしでお出迎えします。薬王寺の里山が見えるお風呂はおすすめです。
収容人員数 10室、50人 駐車場有り
料金 1泊2食付/10,000円~
ビジネス泊 6,500円~
入浴付ランチ 2,000円~
立ち寄り入浴料 700円(子ども350円・3歳未満は無料)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
住所 古賀市薬王寺81
問い合わせ 092-946-3017
ホームページ http://www.ne.jp/asahi/oniouso/kytm/
※料金は税抜き
日帰りの湯:偕楽荘(かいらくそう)
日帰りの湯:偕楽荘(かいらくそう)   日帰りの湯:偕楽荘(かいらくそう)
多数の効能を持つ漢方励明薬湯をはじめ、露天風呂やジェットバス、サウナなどのお風呂が楽しめます。
露天風呂では季節ごとに「バラ風呂」「菖蒲風呂」「みかん風呂」などのイベント湯も行っています。
また、お風呂の間に休憩できる仮眠室や産直コーナーを設けたラウンジなど、ゆっくりと過ごすことができる空間になっています。
通常営業時間 10時~23時(受付22時まで)、駐車場有り
朝風呂営業時間 5時~8時30分(受付8時まで)
入浴料 700円(小学生以下350円)
朝風呂入浴料 500円(小学生以下無料)
定休日 水曜日(祝日の場合は営業)
※ゴールデンウィーク、お盆、年末年始は若干変更があります。
住所 古賀市薬王寺381
問い合わせ 092-946-3866
ホームページ http://www5a.biglobe.ne.jp/~onsen/
※料金は税込み


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook