特産品

古賀市ブランド「焦がし商品」

山見阪ネーブル 「焦がし」を「古賀市」にかけて(焦がし=古賀市)軽く焦がしたり炙ったりした、ほのかな苦味と香ばしさを特徴とする「焦がし商品」を認定しました。

詳しくは以下ページをご覧ください。
古賀市ブランド「焦がし商品」(商工政策課のページへ移動します)

商工政策課
電話:092-942-1176

山見阪ネーブル

山見阪ネーブル 完熟するのが12月上旬。
他のネーブルよりも出荷が早く、口あたりがソフトで色が鮮やかなのが特徴。
JA粕屋北部プラザ
電話:092-943-3031

農村加工所 まんま実~や

農村加工所 まんま実~や 安全・手作りにこだわって、郷土料理や地元の農産加工品を作っています。
伝えたいふるさとの味、子どもに伝える母の味として、「らぶ」「にわとりご飯の具」「ねーぶるたまねぎドレッシング」「練りみそ」「季節のジャム」などがあります。農業女性の想いを「こころ」と「からだ」で味わってみてください。
古賀グリーンパークのコスモス広場、JR古賀駅の観光案内所で購入できます。
農村加工所 まんま実~や
電話:092-692-8938

おかひじき

おかひじきカルシウムがほうれん草の3倍。
九州では古賀市だけで生産されている。
収穫期は9月〜3月。サラダに最適。
森 敏幸さん
電話:092-942-3604

KARASCO(カラスコ)、カラカ酢(辛か酢)

KARASCO(カラスコ)、カラカ酢(辛か酢)KARASCOは、世界一辛い唐辛子ブート・ジョロキアと二番目に辛いハバネロをすりつぶし、酢と塩を加えて熟成した辛味調味料(RedよりOrangeの方が辛い)。
カラカ酢は、古賀産・無農薬栽培のアジメコショウ、ハバネロ、レモンマートルを醸造酢とアルコールに漬け込んだ辛味調味料。
どちらも古賀グリーンパークのコスモス広場で購入できます(写真左からKARASCO Orange、KARASCO Red、カラカ酢)。
森 敏幸さん
電話:092-942-3604

博多あまおう

博多あまおう 「あかい」、「まるい」、「おおきい」、「うまい」の頭文字をとって名付けられた博多あまおう。
名前のとおり、大粒でコクと甘みと酸味のバランスは絶妙です。
あまおうは古賀市でも多く生産されており、全国へ出荷されています。

とよのかイチゴ

とよのかイチゴ 果実が大きく果汁が口の中でほとばしる。
収穫期は11月〜5月で糖度が高いのが特徴。「博多とよのか」の名で売り出されている。

さをり織り

さをり織り 色や美に対する既成概念にとらわれない自由奔放な温か味の手織り織物。小物入れ、敷物と多用途。
なのみ工芸
電話:092-944-4419

花鶴饅頭

花鶴饅頭 古賀市の名瀬地「花鶴」の名をとって創作された名物菓子。
全国菓子博覧会で『名誉大金賞』を受賞している。
店頭には他にも様々な種類の和菓子が並べてあり、全て手作り。
花鶴漫頭本舗
電話:092-942-2192

清酒 大観

清酒 大観 山村から湧き出す銘水を使い、さらりとした酒質でやや辛口。
ひたすら質の追求に徹した蔵元が「良い酒は冷が一番」と推薦する(お酒は20才になってから)。
翁酒造
電話:092-944-0551


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook