古賀市公募型補助金

市民の皆さんが企画する公益的事業を応援します。

本市では、広く市の目的に合致する公益的事業を公募し、市民の自発的な活動を推進・活性化することを目的に、平成26年度から公募型補助金を交付しております。

古賀市公募型補助金の概要

【補助金の対象となる事業】
(1)自主的かつ自立的な運営を行う民間非営利団体であること
(2)市内で活動を行っていること
(3)定款、規約、会則その他これらに準じる書類を持ち、会計処理を適正に行っていること
(4)5人以上の構成員で構成され、構成員の過半数が市内に在住していること
※ただし、次のいずれかに該当する団体は対象となりません。
・宗教活動、政治活動及び選挙運動を目的とする団体
・暴力団またはその構成員、もしくは暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者の影響下にある団体
・国税及び地方税を滞納している団体

【補助金の対象となる事業】※次に掲げるいずれかに該当するもの

(1)園芸福祉活動
(2)国際交流の推進に資するもの
(3)商店街の活性化に資するもの
(4)文化芸術の振興に資するもの

(5)生涯スポーツの推進に資するもの

(6)その他市長が適当と認めるもの

※上記事業内容で、以下の要件を全て満たす事業が対象です。

・団体自ら企画し、かつ実施するもの

・原則として市内で実施されるものであり、営利目的でないもの
・宗教活動、政治活動及び選挙運動を目的とするものでないこと
・国や地方公共団体との共催事業でないもの
・事業の実施計画(事業効果を含む)及び収支計画が明確であること

【補助金の額】
上限50万円/年

【補助金の期間】
上限3年間

【交付要綱など】

古賀市公募型補助金交付要綱(PDFファイル:575KB)(最終改正:平成27年3月24日)

古賀市公募型補助金審査要領(PDFファイル:564KB)(最終改正:平成26年5月13日)

古賀市公募型補助金審査委員名簿(PDFファイル:62KB)

古賀市公募型補助金制度の見直しについて

本市では、古賀市補助金改革実行計画に基づき、3年ごとに全ての補助金を見直すこととしています。
公募型補助金についても、制度開始から3年が経過したことから、古賀市補助金審査委員会からの答申に基づき、これまでの成果を検証し、より一層の透明性や時代の求める公益への即応性が確保できるよう、制度の見直しを行います。

補助対象事業の新規募集の中止について

制度の見直しを進めている最中であるため、しばらくの間、補助対象事業の新規募集は行いません。
新規募集を再開する際は、広報等でお知らせします。

過年度に複数年で事業採択された団体の2年目及び3年目の審査について

過年度に複数年で事業採択された団体においても、2年目及び3年目の事業内容について各事業実施前年度に古賀市補助金審査委員会の審査が必要になります。必要な様式については、財政課で配布しています。または、以下の【申請方法】からダウンロードしてご利用ください。

 

【申請方法】
次の書類を提出してください。(様式は財政課及び市民活動支援センター(つながりひろば)で配布しています。以下よりダウンロードもできます。) 

(1)公募型補助金選考申請書(様式第1号)(WORDファイル:30KB)記入例(PDFファイル:146KB)

(2)団体の定款、規約、会則その他これらに準じる書類
(3)公募型補助金応募団体概要書(様式第2号)(WORDファイル:35KB)記入例(PDFファイル:167KB)
(4)公募型補助金事業企画書(様式第3号)(WORDファイル:41KB)記入例(PDFファイル:251KB)
(5)公募型補助金資金収支計画書(様式第4号)(WORDファイル:51KB)記入例(PDFファイル:173KB)
(6)申請書提出年度の団体の事業計画・収支予算書、団体の前年度の事業報告書・収支決算書
(7)団体の構成員名簿
(8)誓約書(様式第5号)(WORDファイル:33KB)記入例(PDFファイル:132KB)
(9)設立趣旨書(設立して1年に満たない団体の場合)(様式第6号)(WORDファイル:32KB)記入例(PDFファイル:147KB)
(10)その他、市長が必要と認める書類

 

【参考資料】
 公募型補助金に係る報償費の単価表(PDFファイル:87KB) 

   公募型補助金申請に係るQ&A(PDFファイル:125KB)

【選考方法】

提出していただいた資料をもとに、古賀市補助金審査委員会で事業内容等について確認し、採択された補助対象事業の実現性について審査します。
審査において、古賀市補助金審査委員会から疑義があった場合には、書面にて回答を求めたり、直接聞き取りさせていただいたりする場合があります。その際には別途ご連絡させていただきます。
また、審査結果については、別途ご連絡いたします。


【提出期限】

平成28年7月15日(金)まで


【その他】

審査・選考結果(申請書等を含む)については、応募いただいた団体に通知するだけでなく、広報や市ホームページ等で公表予定です。また、前年度同様、団体名、代表者名についても、広報や市ホームページ等で公表予定ですので、あらかじめ了承いただいた上で提出してください。なお、提出いただいた書類は返却しません。

採択事業一覧

採択された補助対象事業の交付申請・実績報告について

【交付申請】
採択された補助対象事業は毎年度、事業を実施する年度の初めに公募型補助金の交付申請を行っていただく必要があります。  

(1)補助金交付申請書(WORDファイル:32KB)
(2)公募型補助金事業企画書(様式第3号)(WORDファイル:41KB)
(3)公募型補助金資金収支計画書(様式第4号)(WORDファイル:51KB)
(4)古賀市公募型補助金請求書(WORDファイル:31KB)

(5)口座振替願(XLSファイル:54KB)※すでに古賀市に口座登録をされている団体は提出不要です。

 

【実績報告】

交付申請を行った年度の事業が終了しましたら、速やかに実績報告を提出していただく必要があります。

(1)公募型補助金実績報告書(様式第8号)(WORDファイル:38KB)記入例(PDFファイル:209KB)

(2)公募型補助金資金収支報告書(様式第9号)(WORDファイル:48KB)記入例(PDFファイル:213KB)

(3)公募型補助金成果報告書(様式第10号)(WORDファイル:34KB)記入例(PDFファイル:160KB)

 

※提出いただいた実績報告は担当課の意見書を添えて、古賀市補助金審査委員会へ報告します。古賀市補助金審査委員会では報告された実績報告について評価を行います。

評価結果について

公募型補助金報告会について

公募型補助金報告会を開催し、補助金を活用した6団体に事例発表をしていただきました。

日時:平成29年5月10日(水)14時から17時まで
場所:リーパスプラザこが 交流館1階 103洋室(福岡県古賀市中央2丁目-13-1)
事例発表団体
1.古賀市緑のまちづくりの会 ”古賀市における園芸福祉事業”
2.薦野の歴史をつなぐ会 ”官兵衛KK(古賀市薦野)版「千里眼 薦野増時」宣伝事業”
3.古賀市商工会 ”古賀市商工会クリスマス市民祭”
4.特定非営利活動法人エコけん ”るんるん♪ごみ拾い”
5.たけのこ文庫 ”科楽しよう!-サイエンスレンジャーによる科学教室”
6.古賀紙芝居サークル「カチカチ会」 ”大型紙芝居巡回上演企画”

問い合わせ先

財政課
財政係 電話:092-942-1198
Eメール:zaisei@city.koga.fukuoka.jp
Adobe Reader
PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerはこちらからダウンロードできます(別のウィンドウが開きます)。


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook