水道水を安全にご使用いただくために

安全な水の定義

WHO(世界保健機構)では、塩素滅菌が施された水を「安全な水」と定義づけています。
水道水の消毒は、飲料水の安全を確保するため、水中の病原生物を完全に除去するとともに、配水、給水系統における不測の汚染を防止する目的で行われています。

残留塩素とは

水道法では、飲料水の安全を確保するため、水道水は塩素滅菌を行うことが定められ、水質基準では蛇口から出る水も、この塩素が0.1mg/リットル以上残留していなければなりません。これを残留塩素といいます。

朝一番の水や長時間使用しなかったとき

残留塩素は、時間の経過と共に少なくなってきます。また、給水管に鉛が使用されている場合、長時間ご使用されないと滞留中に鉛が極微量ですが、溶け出ることもあります。
通常のお使いになっている状態では問題がありませんが、朝一番の水やご旅行などで長期間ご使用にならなかった水は、念のため、バケツ一杯分程度は、飲み水以外にご利用下さい。
また、浄水器をご使用されている場合は、浄水器で塩素を除去していますので容器内の水(容器の容量の2倍くらい)は、ご使用の最初の水を捨ててください。

水道水の保存

塩素が残留している間は、安全ですので、塩素残留期間が有効保存期間といえます。
それでは、一体どのくらいの期間汲み置きした水の残留塩素が残っているかというと、最初の残留塩素濃度や保存環境などで異なるので、一概にいえませんが、清潔な容器に入れ、栓をした状態で日のあたるところでは半日から1日程度、室温の冷暗所では、3日程度ですが、冷蔵庫の場合は1〜2週間の保管ができます。

お問い合わせ

水道課
電話:092-942-1129
Eメール:suido@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram