固定資産税の減額措置

固定資産税(家屋)について創設された減額措置についてお知らせします。

バリアフリー改修を行った人への減額措置について

平成19年4月1日から平成30年3月31日までの間に、居住している家屋のバリアフリー改修工事を施工した場合、その住宅にかかる固定資産税が翌年度分に限り減額(100平方メートルまでの分が3分の1)されます。申請の際の主な条件は次の通りです。

減額制度の主な条件

住宅の耐震改修に伴う固定資産税減額措置について

平成18年1月1日から平成30年3月31日までの間に、建築基準法に基づく現行の耐震基準(昭和56年6月1日施行)に適合させるよう改修工事を施工した場合、その住宅にかかる固定資産税が減額(120平方メートルまでの分が2分の1)されます。また、申請する年度によって減額を受けられる年数が違いますのでご注意下さい。

  1. 平成18年1月1日から平成21年12月31日までに工事が完了した場合
    完了の翌年度から3年間減額
  2. 平成22年1月1日から平成24年12月31日までに工事が完了した場合
    完了の翌年度から2年間減額
  3. 平成25年1月1日から平成30年3月31日までに工事が完了した場合
    完了の翌年度を減額
  (※当該住宅が、建築物の耐震改修の促進に関する法律に規定している「通行障害既存耐震不適格建築物」であった場合は、改修後2年度分)
申請の際の主な条件は次の通りです。

減額制度の主な条件

住宅の省エネ改修(熱損失防止改修)に伴う減額措置について

平成20年4月1日から平成30年3月31日までの間に、省エネ改修(熱損失防止改修)工事を施工した場合、その住宅にかかる固定資産税が翌年度分に限り減額(120平方メートルまでの分が3分の1)されます。申請の際の主な条件は次の通りです。

減額制度の主な条件

長期優良住宅に係る減額措置について

平成21年6月4日から平成30年3月31日までの間に、県から長期優良住宅の認定を受けて住宅を新築した場合、新築住宅にかかる固定資産税が減額(120平方メートルまでの分が2分の1)される「新築住宅軽減」の期間が、一般の住宅よりも長くなります。申請の際の主な条件は次の通りです。

減額制度の主な条件
減額の期間
  • 3階以上の耐火建築物…新築から7年間減額(一般の住宅は5年間)
  • 上記以外の建築物…新築から5年間減額(一般の住宅は3年間)

問い合わせ先

市税課
資産税係 電話:092-942-1125
Eメール:shizei@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram