ジェネリック医薬品

古賀市国民健康保険ではジェネリック医薬品の利用を推進しています。
医師や薬剤師に相談し理解したうえで、上手にジェネリック医薬品を利用しましょう。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品のことを「後発医薬品」という呼び方をします。
それに対して新薬のことを「先発医薬品」と呼びますが、この新薬の特許が切れた後に販売される医薬品であるため「後発医薬品」というのです。
後から販売されるようになっても、新薬と同じ有効成分・用法用量で、同等の効果を持つようにつくられています。

ジェネリック医薬品が安いわけ

新薬を開発するには莫大な費用がかかりますが、その新薬は、20年〜25年の特許期間は開発メーカーが独占的に製造することができます。
しかし、この特許期間が過ぎると、ほかのメーカーも同じ成分の薬を製造することができます。開発の費用がかからない分、ジェネリック医薬品は新薬より安くすむのです。

どうすればジェネリック医薬品に変えられるか

  1. 病院など医療機関で処方箋をもらいます。
  2. 処方箋に医師の署名がないかチェックします。署名がなければジェネリック医薬品に変更できます。ただし、すべての薬にジェネリック医薬品があるわけではありませんし、医師が変更すべきでないと判断して処方箋に署名がある場合も変更できません。
  3. 薬局で薬剤師にジェネリック医薬品にしたい旨を相談し、ジェネリック医薬品に変えられる場合は、その特徴や価格、変更した場合の注意点などしっかり説明を受けましょう。
  4. 薬剤師の説明を参考にして薬を選びます。もちろんジェネリックではない薬を選択することも可能です。なお、すべてを一気に変えるのが不安な場合は「分割調剤」というお試し制度がありますから利用してみるのもいいと思います。気になることがあれば、もう一度新薬に戻すこともできます。

なぜジェネリック医薬品を推奨するのか

高齢化が進み今後もどんどん医療費が伸びていくことが予想されており、皆さんの医療費への負担も増えていくことになります。
しかし、ジェネリック医薬品を使うことで自分自身の負担が減るのと同時に保険の負担も減らすことができます。
保険で負担する医療費の伸びを抑えることは、それに必要な国保税はもちろん国、県、市の税金の負担の伸びを抑えることにつながるからです。

もっとジェネリックのことを知りたい人はこちらのサイトをご利用ください。
日本ジェネリック医薬品学会が運営する情報サイトです。
・「かんじゃさんの薬箱」 http://www.generic.gr.jp/(別のウィンドウが開きます)
・「日本ジェネリック医薬品学会/リンク集」 http://www.ge-academy.org/link.html(別のウィンドウが開きます)

問い合わせ先

市民国保課 国保係
電話:092-942-1193
Eメール:kokuho@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram