肉じゃがのアレンジレシピ

肉じゃがのアレンジレシピ
“おふくろの味”の代名詞として、言わずと知れた「肉じゃが」。そのルーツは明治時代、後の海軍大将である東郷平八郎がイギリス留学中に食べたビーフシチューを気に入り、帰国後に部下に命じて作らせたものが起源とされています。当時はバターなどの食材がなく、しょう油と砂糖で代用したものが、栄養価が高く、さらに簡単に調理できるとあって、海軍から次第に家庭へと広まっていったのだとか。初めてでも手軽に作れる「肉じゃが」。ぜひ、挑戦してみてください。
1)肉じゃが
用意するもの(4人分)
1人あたり 526kcal、たんぱく質22.1g、脂質19.8g、塩分3.36g
材料
  • 牛肉・・・400g
  • じゃがいも・・・5~6個
  • 玉ねぎ・・・2個
  • にんじん・・・1本
  • 糸こんにゃく・・・1袋
  • A【酒 100cc、みりん 大さじ2、砂糖 大さじ5】
  • しょう油・・・大さじ5

栄養士からのアドバイス

家庭の味ナンバーワンとも言われる「肉じゃが」。福岡では肉じゃがに牛肉を使うことが多いようですが、関東地方では豚肉が主流で、鶏肉を使うこともあります。東北地方では、肉じゃがの中に車麩や油麩などの棒状の麩(ふ)を入れることもあるようです。
春が近づくと、「新じゃが」も店先に並ぶようになりますね。小粒で皮が薄く、柔らかいのが特徴です。新しいものは、皮もむけやすく、丸のまま煮物などに利用すると、新鮮な土の香りを楽しめます。また、じゃがいもは保存がきくので、いつでも手軽に手に入れることができます。皆さんもお好みの材料をそろえて「我が家の肉じゃが」を作り、楽しんでください。

作り方

1. 具材(糸こんにゃくは軽くゆでておく)を食べやすい大きさに切り、じゃがいもは水にさらす。

2. 鍋に油を引き、玉ねぎが半透明になるまでいため、牛肉、じゃがいも、にんじんを加える。

3. 2に糸こんにゃく、具材がひたる程度の水を加えて中火にかけ、あくが出てきたら取り除く。

4.3にAを加えて5分程煮込み、しょう油を加えてさらに煮込めば出来上がり。

肉じゃがのアレンジレシピです。

肉じゃがオムレツ 2)肉じゃがオムレツ
肉じゃがを荒めにつぶし、残り汁といっしょにフライパンで温める。水溶き片栗粉を加えて手早く混ぜ、とろみをつける。フライパンに油を引き、溶いた卵を入れ、固まってきたら中心に肉じゃがを乗せ、卵で包めば出来上がり。
肉じゃがコロッケ 3)肉じゃがコロッケ
肉じゃがをよくつぶし、一口大に丸める。小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、パン粉をつけ、油で揚げれば出来上がり。


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook