古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

人権センターだより

人権センターでは、7月の「同和問題を考える市民のつどい」や12月の「いのち輝くまち☆こが」のほか、年6回のみんなの人権セミナーや、地域や学校に出向いての楽しい人権教育・啓発の取組を行っています。
2020年6月からシトラスリボンプロジェクトに賛同し、シトラスリボンを配っています。

 

【11月】古賀市「じんけんカレンダー2022」ができあがりました!

2021-11-24


jinken2022


 古賀市じんけんカレンダー2022「愛 いのち にんげん」が完成しました!
主に古賀市役所2F正面玄関・リーパスプラザこが・サンコスモじんけんカレンダー2022無料で配布 しています。カレンダーは予定を書き込めるようになっています。
カレンダーを受け取った方は1年間大切に使ってくださいね。



 毎年市内の小・中・高等学校、特別支援学校、一般の方が応募した人権ポスターや、絵手紙などの人権作品を古賀市人権尊重推進委員会第1部会で選考しています。
2022年度のじんけんカレンダーには、選考した子どもたちのポスター作品19品が掲載されています。また、カレンダーに載っている啓発文は市役所の職員が考えたものです。


【12月】12月4日~10日は人権週間!

2021-11-24


20211118_jinson


「人権週間」とは?


昭和23年(1948年)12月10日,国際連合第3回総会において,全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準として,「世界人権宣言」が採択されました。
 法務省では、12月4日から12月10日の一週間を「人権週間」と定め、全国的に人権啓発活動を展開し、人権尊重思想の普及高揚を呼びかけています。


 ■県内一斉無料電話相談■
・日時:12月5日(日) 午前9時から午後5時
・電話番号:0120-889-405(フリーダイヤル)


【11月】全国一斉「女性の人権ホットライン」強化週間

2021-08-31 

11月12日(金)から18日(木)までの7日間「女性の人権ホットライン」強化週間として、夫・パートナーからの暴力、職場でのセクハラ、ストーカーなど、女性に関する人権問題のご相談を受付けます。


日程 相談時間 電話番号
11月12日(金) 午前8時30分から
午後7時まで
0570-070-810
(全国共通)
11月15日(月)
11月16日(火)
11月17日(水)
11月18日(木)
11月13日(土) 午前10時から
午後5時まで
0570-070-810
(全国共通)
11月14日(日)

福岡県ひきこもり地域支援センターのご案内

2021-08-24

 

 福岡県では、平成22年6月1日から精神保健福祉センター内にひきこもり地域支援センターを開設しています。

 

【福岡県ひきこもり地域支援センター】
 専用電話:092-582-7530
 開設時間:月曜日から金曜日(祝日及び年末年始を除く)9時から17時
 相談料:無料

 詳しくはこちら(福岡県公式HP)

 

 ★ひきこもり当事者だけでなく、ご家族を対象にした家族のつどいも開催しています。

 

 【お問合せ先】
  福岡県精神保健福祉センター
  春日市原町3丁目1-7
  TEL:092-582-7510

 

人権尊重作品を募集します!

2021-07-30

 

20210729_zinkensakuhin

 

 古賀市人権尊重推進委員会では、12月の人権尊重週間の取組に向け、人権尊重をテーマにした作文、標語、ポスター・絵画、絵手紙の作品を募集しています。

 

締切:2021(令和3)年9月15日(水)


【募集要項】

作品の種類 作品の種類
作文 400字詰め原稿用紙3枚以内。
標語 五・七・五の俳句形式にこだわらず原稿用紙に記入。
ポスター・絵画 紙(画用紙)の大きさ、画材は自由。「人権尊重週間」の語句を記入する場合は、期間「12月4日~10日」を必ず併記すること。
絵手紙 紙(画用紙)の大きさ、画材は自由。「人権尊重週間」の語句を記入する場合は、期間「12月4日~10日」を必ず併記すること。

※作品の裏面には、必ず作者の氏名、住所、電話番号を記載してください。


対象 古賀市内在住、及び市内に通勤・通学していること。
申し込み方法 作品を人権センターに送付するか、窓口まで持参してください。
問い合わせ 〒811-3192
古賀市駅東1丁目1番1号
古賀市役所人権センターWith(ウィズ)
電話:092-942-1128
FAX:092-942-1286
メール:jinken@city.koga.fukuoka.jp


詳しくはこちら(PDF)


人権・同和問題に係る研修講師のあっせん制度

2021-07-02 11:03

 

★地域や会社、所属団体で人権学習、研修を行いたいときに講師を派遣することができます。

 

koshiassen

 

福岡県では、市町村・企業・地域などで行われる同和問題をはじめとするさまざまな人権問題に係る啓発及び研修の推進を図るため、「同和問題をはじめとする人権問題に係る啓発・研修講師団講師あっせん事業」を実施しております。
※企業・地域の方からの依頼については、謝金・交通費を福岡県が負担します。


詳しくはこちら(福岡県公式HP)

 

【お問合せ先】
福岡県福祉労働部人権・同和対策局調整課
TEL:092-643-3325



広げよう!シトラスリボンプロジェクト

2021-02-08 14:16:53

最近の古賀市シトラスリボンプロジェクト活動をまとめました。

新型コロナウイルス感染症はまだ終息していません。感染症に対する差別をやめよう!

 




画像名
ひだまり館

このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.