共働のまちづくり

「共働のまちづくり」ってどんなこと?

「共働のまちづくり」…それは市民と行政がともにまちをつくり、育て、支えていくまちづくりです。
心豊かに安心して暮らすことのできる地域社会を築き、自然に恵まれた美しい環境を次の世代に引き継いでいくのは、私たち古賀市民の願いであり務めです。
古賀市を、誰もが住みたい、住んでよかったと思えるまちにしていくため、少子高齢化などの社会変化に伴って多様化・複雑化する社会的課題に対し、市民と行政がよりよいパートナーシップを築き、ともに力を出し合って解決していくことが必要です。
本市では、市民のみなさんとの「共働」を推進し、よりよいまちづくりを進めていきます。

コミュニティ推進に関すること

防犯・防災、環境、福祉・健康づくり、青少年の健全育成など、地域を取り巻く課題は多様化しています。これらの課題を解決するには、個人や家庭だけでは限界があり、住民の支え合いによる地域コミュニティが地域の課題解決に果す役割の重要性が見直されています!

コミュニティってなあに?
古賀市では、「住民同士のつながりがあり、お互いに助け合い、協力しあえるような地域社会」と捉えています。

コミュニティ活動ってどんなこと?
住民が地域のことを自ら考え、自分たちの地域を自分たちの手で住みよくしていく、住民主体の活動のことです。
コミュニティ活動には,祭りやレクリエーション活動などの地域の親睦づくりを目的とした活動と,防犯・防災活動や環境美化活動、福祉活動などの社会的課題の解決を目的とした活動があります。どちらも、地域にとって大切な活動です。

これからのコミュニティづくり
自治会活動はコミュニティの基本です。
コミュニティ活動の基本となるのは、自治会です。自治会による、地域の課題に応じたきめ細かな活動は、住民にとって欠かせないものです。
校区コミュニティづくりを推進しています!
古賀市では、地域のみなさんとの共働を推進していく仕組みづくりとして、小学校区単位のコミュニティ組織づくりに取り組んでいます。
これは、既存の自治会組織を解体したり、現在自治会で取り組まれている事業全てを小学校区組織に移管するものではなく、自治会の活動を尊重しつつ、ひとつの自治会では解決が難しい課題や、広域で実施した方がより効果的な課題について、小学校区単位で取り組んでいただき、自治会と校区組織の連携を図り、よりよい地域づくりを進めていこうという取り組みです。
みんなの力で、住みよいまちづくりを進めていきましょう!

問い合わせ先

コミュニティ推進課 コミュニティ推進係
電話:092-942-1165
Eメール:commu@city.koga.fukuoka.jp
Adobe Reader
PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerはこちらからダウンロードできます(別のウィンドウが開きます)。


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram