トップ > 市議会 > 議会トピックス > 林活議連代表 市長、教育長に地元産材活用を要望

林活議連代表 市長、教育長に地元産材活用を要望

2014/06/06議会事務局

林活議連代表 市長、教育長に地元産材活用を要望
議会トピックス 林活議連代表 市長、教育長に地元産材活用を要望

 6月5日、古賀市森林・林業・林産業活性化促進議員連盟(林活議連)の吉住長敏会長、西尾耕治副会長、阿部友子事務局長が竹下司津男市長と荒木隆教育長に要望書を手渡しました。
 この要望書は5月21日の林活議連総会で確認されたもので、古賀市生涯学習センター(仮称)の建設にあたって、内装等の木質化を積極的に推進することを求めるものです。とりわけ国内産材の利活用ならびに可能な限り古賀市産木材、竹材の活用を求めています。市長、教育長ともに前向きな姿勢で要望書を受け取っていただきました。
 林活議連は議員全員で構成される議員連盟です。

2014年6月6日
古賀市議会議長 奴間健司



このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram