古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

STOP!DV

2016/10/24コミュニティ推進課

11月12日から25日までは「女性に対する暴力をなくす運動」の実施期間です

人は誰でも安全に、安心して自分の意思を大切にしながら生きる権利があります。暴力は、加害者、被害者の性別、間柄を問わず、決して許されるものではありません。特に、配偶者等からの暴力(DV)、性犯罪、売買春、人身取引、セクシャル・ハラスメント、ストーカー行為等女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成する上で、克服すべき重要な課題です。

●DV(ドメスティック・バイオレンス)とは
 「配偶者や恋人など親密な関係にある人から振るわれる暴力」のことを言い、殴る、蹴るなど身体的暴力だけでなく、精神的・経済的・性的暴力も含まれます。
 DVは、暴力を振るう側の問題であり、被害者の努力でDVが止まるわけではありません。子どもに暴力を見せたり、危険な目にあわせたりするなど、子どもを巻き込んだ暴力は、子どもに悪影響を与えます。
 また、近年、中学生・高校生・大学生など、若年カップルの間で起こる「デートDV」が問題になっています。
●DVの起こる背景
 性別に基づく男女の固定的な役割分担の考え方、男性優位の意識、男女の経済格差など、個人の問題だけでは片付けられない、社会構造的な問題も大きく関係していると言われています。
 家の外では「いい人」「優しそうな人」ということもよくありますが、DVは外からでは分かりにくいのも特徴であり、早めの相談が問題解決への第一歩です。DVをはじめとする女性に対する暴力に悩んでいたら、まずは相談してください。

ひとりで悩まず相談してください。秘密は守られます。
相談窓口はコチラ


問い合わせ先

コミュニティ推進課 男女共同参画係
電話:092-942-1260 Eメール:danjo@city.koga.fukuoka.jp

このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る