古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

2015/05/20予防健診課

5月19日、糟屋郡内において「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の患者が確認されました。
同症候群への感染は、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることが原因であると言われており、
患者の多くはマダニの活動時期である春から秋にかけて発生しています。
感染予防について参考となるページを紹介いたしますのでご活用ください。

福岡県ホームページ
「マダニによる感染症に注意しましょう」
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/kansen2013021501.html
厚生労働省ホームページ
「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts.html
国立感染症研究所ホームページ
「マダニ対策、今できること」
http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/2287-ent/3964-madanitaisaku.html
独立行政法人国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター
「SFTSについて医療関係者が知っておきたいこと」
http://www.dcc-ncgm.info/topic-sfts


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る