古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

Information about coronavirus for Non-Japanese Speakers

福岡(ふくおか) コロナ(ころな) 警報(けいほう)

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)感染症(かんせんしょう)への 対応(たいおう)に 関(かん)する 福岡県知事(ふくおかけんちじ)からのメッセージ(めっせーじ)

新型(しんがた)コロナウイルス 感染症(かんせんしょう)への 注意喚起(ちゅういかんき) (7月23日)

いろいろな言葉(ことば)の緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)解除後(かいじょご)の福岡県(ふくおかけん)の対応(たいおう) (6月19日以降)

特別定額給付金(とくべつていがくきゅうふきん)の手続(てつづき)
【やさしいにほんご】

◆◆特別定額給付金(とくべつていがくきゅうふきん)◆◆


国(くに)は 1人(ひとり)に 10万円(まんえん)の お金(かね)を 出(だ)すことを 決(き)めました。理由(りゆう)は みんなが 新型(しんがた)コロナウイルスに 困(こま)っている ためです。
お金(かね)を もらうためには 市役所(しやくしょ)に 申(もう)し込(こ)んで ください。


お金(かね)を もらうことが できる 人(ひと)


次(つぎ)の 2つの ことに 当(あ)てはまる 人(ひと) です。


1. 2020年(ねん)4月(がつ)27日(にち)時点(じてん)で、有効(ゆうこう)な 
 「在留(ざいりゅう)カード」を 持(も)っている こと

2. 2020年(ねん)4月(がつ)27日(にち)時点(じてん)で、「住民票(じゅうみんひょう)」を 
 登録(とうろく)している こと


もらうことが できる 金額(きんがく)


1人(ひとり)につき 10万円(まんえん)


お金(かね)を 受(う)け取(と)る 人(ひと)


家族(かぞく)の 代表(だいひょう)が 同(おな)じ 家(いえ)に 住(す)んでいる 人(ひと)の お金(かね)を まとめて 受(う)け取(と)ります。


申(もう)し込(こ)む ことが できる 日(ひ)


1. インターネットから 申(もう)し込(こ)む ことが できます


2020年(ねん)5月(がつ)9日(にち)から

※大切(たいせつ)なこと
インターネットから お金(かね)を 申(もう)し込(こ)む ためには マイナンバーカードを 
使(つか)います。マイナンバーカードを 持(も)って いない 人(ひと)は インターネットから 申(もう)し込(こ)む ことが できません。


2. 郵便(ゆうびん)で 申(もう)し込(こ)む ことが できます
2020年(ねん)5月(がつ)20日(にち)から


申(もう)し込(こ)む ために 用意(ようい)する もの


郵便(ゆうびん)で 申(もう)し込(こ)む ためには 次(つぎ)の 3つのものを 用意(ようい)して ください。

1.  申請書(しんせいしょ)

2.  本人(ほんにん)が 分(わ)かる 書類(しょるい)の コピー
 例(れい):運転免許証(うんてんめんきょしょう)や 在留(ざいりゅう)カードの コピー

3.  お金(かね)を 受(う)け取(と)る 口座(こうざ)の コピー 
 例(れい):通帳(つうちょう)や キャッシュカードの コピー


※大切(たいせつ)なこと

1.  お金(かね)を 申(もう)し込(こ)む ための 申請書(しんせいしょ)を 5月(がつ)20日(にち)から 市役所(しやくしょ)から 送(おく)ります。

2.  申請書(しんせいしょ)に お金(かね)を もらう 人(ひと)の 名前(なまえ)と 

 お金(かね)を 受(う)け取(と)る 口座(こうざ)を 書(か)きます。

3.  申請書(しんせいしょ)と 本人(ほんにん)が 分(わ)かる 書類(しょるい)の コピーと

 お金(かね)を 受(う)け取(と)る 口座(こうざ)の コピーを 市役所(しやくしょ)に 

 郵便(ゆうびん)で 送(おく)って ください。

4.  申込(もうしこみ)は、8月(がつ)19日(にち)水曜日(すいようび)までです。

5.  お金(かね)は、申請(しんせい)を 受(う)けてから、2週間(にしゅうかん)くらいで 

 振込(ふりこ)む 予定(よてい)です。


相談先(そうだんさき)


国(くに) 総務省(そうむしょう)の コールセンター

 〇電話番号(でんわばんごう):0120-260020(フリーダイヤル)

 〇電話(でんわ)が できる 時間(じかん):
  午前9時(ごぜん9じ)から午後6時30分(ごご6じ30ふん)まで

 〇対応(たいおう)している 言葉(ことば):
  日本語(にほんご)、英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)、韓国語(かんこくご)、
  ベトナム語(ご)、フィリピン語(ご)、ポルトガル語(ご)、スペイン語(ご)、
  インドネシア語(ご)、タイ語(ご)、ネパール語(ご)

●古賀市(こがし)
 〇古賀市(こがし)予防(よぼう)健(けん)診(しん)課(か) (まちづくり推進課(すいしんか))
 TEL : 092-942-1151     e-mail : kokusai.city.koga.fukuoka.jp

 〇相談(そうだん)場所(ばしょ) :古賀市庄(こがししょう)205 サンコスモ(さんこすも)古賀(こが)

 〇相談(そうだん)できる時間(じかん):午前(ごぜん)8時(じ)から午後(ごご)5時(じ)まで
  
 ※分(わ)からない時(とき)や 困った(こまった)ことがあれば、 連絡(れんらく)をください。

いろいろな言葉(ことば)の 定額給付金(ていがくきゅうふきん)の ご案内(あんない)

 ●国(くに)からの情報(じょうほう)(https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/download/)



 
特別定額給付金(とくべつていがくきゅうふきん)の 手続き(てつづき)の 動画(どうが)です。  
参考(さんこう)にしてください。


緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)の解除(かいじょ)に伴(ともな)う
みなさまへのお願(ねが)い


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.