古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

古賀市新生児特別定額給付金

新型コロナウイルス感染予防策を講じた出生後の生活や新生児の健やかな成長を応援するため、古賀市独自の施策として古賀市新生児特別定額給付金を給付します。

古賀市新生児特別定額給付金の概要について

〇給付対象者

 令和2年4月28日から令和3年3月31日までの間に出生の子(以下「新生児」という)で、

以下の条件①②に該当する場合


 ①新生児が出生日及び本給付金申請日において古賀市の住民基本台帳に記録されていること

 ②新生児の世帯主(※)が令和2年4月27日及び本給付金申請日において古賀市の住民基本台帳に

  記録されていること

  (※)世帯主が新生児の両親のいずれでもない場合、世帯主と新生児の両親のいずれかが

     令和2年4月27日及び本給付金申請日において古賀市の住民基本台帳に記録されて

     いることが条件になります。



〇申請・受給権者:申請時点における新生児の属する世帯の世帯主

 


〇給付金額:新生児1人につき10万円

 


〇申請方法:申請書による窓口・郵送申請

 (申請書は市から世帯主宛に郵送します。)

 


〇申請書郵送時期

新生児出生日

申請書郵送時期(予定)

令和2年 4月28日~ 8月31日

令和2年10月上旬

令和2年 9月 1日~ 9月30日

令和2年10月下旬

令和2年10月  1日~  10月31日

令和2年11月下旬

令和2年11月  1日~  11月30日

令和2年12月下旬

令和2年12月  1日~  12月31日

令和3年 1月下旬

令和3年 1月 1日~ 1月31日

令和3年 2月下旬

令和3年 2月 1日~ 2月28日

令和3年 3月下旬

令和3年 3月 1日~ 3月31日

令和3年 4月下旬

※原則として新生児の出生月の翌月下旬に新生児の属する世帯の世帯主宛に郵送します。

※申請書郵送時期前に申請書が必要な場合は下記問い合わせ先までご連絡ください。

 


〇申請期限:令和3年5月31日まで

 


〇給付方法:原則として新生児の属する世帯の世帯主名義口座への振込

 


〇申請から交付までの期間:申請書審査後、3週間程度(※)

 (※)振込予定日については、申請書審査後に市から郵送する

    「古賀市新生児特別定額給付金交付決定通知書兼確定通知書」の

    補助金交付予定時期(給付金振込予定日)をご確認ください

 

 

DV等避難者等の申請・受給権者については、国が定める特別定額給付金事業実施要領及び関係通知に

準じ対応します。その他ご不明な点等ありましたら下記問い合わせ先までご連絡ください。

このページに関するお問い合わせ先

予防健診課
新型コロナウイルス対策係
電話:092-942-1151(直通)
Eメール:corona@city.koga.fukuoka.jp



このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.