古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

特別定額給付金事業

特別定額給付金事業について

令和2年4月30日に、新型コロナウイルス感染症対策を盛り込んだ国の補正予算が可決成立されたことを受け、感染拡大防止に留意しつつ、緊急経済対策として、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、一人あたり10万円を給付します。


〇給付対象者  

 ・基準日(令和2年4月27日)において住民基本台帳に記録されている者

 ・受給権者は、その者の属する世帯の世帯主


〇給付額    

 ・給付対象者1人につき10万円


〇申請方法

(1)マイナポータルサイトからのオンライン申請(マイナンバーカードが必要です)

           マイナポータル(新ウインドウで表示)   

   ・マイナポータルからの申請手順について(新ウインドウで表示) 

   ・対応しているスマートフォンの機種について(新ウインドウで表示)      

   ※オンライン申請をする際に、電子証明のパスワードを一定回数連続で誤った入力をした場合、

    署名用電子証明は5回、利用者用電子証明は3回でパスワードにロックがかかりますので

    事前に確認をお願いします。

    (パスワードのロック解除・再設定には、市民国保課に来庁して手続きを行う必要があります。)    


(2)申請書類の郵送による申請


   ※ 感染拡大防止の観点から、給付金の申請は上記のいずれかの方法を基本とします。

        また、原則、申請者本人名義の銀行口座への振り込みにより支給を行います。


〇申請書の郵送 
 ・5月18日(月)頃から、順次、各世帯に申請書を発送する予定です。
 ・申請書が届きましたら、申請書に必要事項をご記入のうえ、同封の返信用封筒にてご返送ください。
       ※申請書に添付する書類の写しのコピー料金は自己負担となりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

〇申請期間【申請期限は8月18日(火)までとなっております】
(1)マイナポータルサイトからのオンライン申請 5月9日(土)以降受付開始
   ※配偶者からの暴力を理由とした避難事例に対応するため、上記日程を設定しております。
(2)申請書による受付   各世帯に申請書類到着後、随時受付

〇給付金の支給
 申請受付後、2週間程度要します。


5月19日(火)からサンコスモ古賀内に特別定額給付金窓口(692-1072)を設置しています。
特別定額給付金に関するお問い合わせは特別定額給付金窓口へお願いします。

なお、制度の概要については総務省のページにてご確認いただけます。

また、制度に関してお問い合わせいただく場合は、総務省が設置する下記コールセンターもご利用いただけます。


<特別定額給付金コールセンター>

  • 電話:0120-260020(5月2日~)

配偶者からの暴力を理由とし、避難されている人の事前申出について

配偶者からの暴力を理由に本市に避難されている人で、事情により令和2年4月27日以前に古賀市に住民票を移すことができない人で一定の要件を満たしている場合は、その旨を申し出ていただくことで、特別定額給付金を受給することができます。


【対象となる要件】1~3のいずれかに該当する人

1.配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること

2.婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関

 (配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること

3.令和2年4月28日以降に住民票が古賀市に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の

 対象となっていること


【申出期間】

令和2年4月24日(金)~4月30日(木) 

※期間を過ぎても提出することはできます


【場所】

特別定額給付金窓口 古賀市庄205番地 

電話:692-1072


【提出書類】

「特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」

  ・婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書

  ・保護命令決定書の謄本または正本

  ※同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。

  ※令和2年4月28日以降に古賀市に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている

   人はその旨を申し出れば、確認が取れるため必要ありません。


【申出すると】

・「申出書」に基づき、住民票がある市区町村へ連絡しますが、「申出書」に記入された今お住まいの

 住所等の情報は知らせません。

・手続きを行った人が世帯主でなくても、同伴者の分も含めて、特別定額給付金の申請を行うことで、

 給付金を受け取ることができます。

・手続きを行った人とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても

 支給されません。

新型コロナウイルス感染拡大に便乗した、「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

  • 市役所や国の職員などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは絶対にありません。
  • 給付のために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。

 

少しでも不審な電話や郵便物だと思ったら、消費生活センターや最寄の警察署にご連絡ください。



また、給付金に係るフィッシング詐欺と思われる不審な電子メールがSMSから送信されている事案が確認され、一財)日本サイバー犯罪対策センターにおいて注意喚起が行われております。


・一般財団法人日本サイバー犯罪対策センターホームページ
  https://www.jc3.or.jp/topics/coronavirus/benefits.html


・福岡県警察本部サイバー犯罪対策ホームページ
 https://www.police.pref.fukuoka.jp/seian/cyber/cyber_teguchi/kyufukin.html

このページに関するお問い合わせ先

特別定額給付金窓口 古賀市庄205番地 

電話:692-1072(直通)
Eメール:kyufu-c@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.