古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

未熟児養育医療給付事業について

身体の発育が未熟な状態で生まれ、入院養育が必要な赤ちゃんについて、その治療に必要な医療費の給付を受けることができる制度です。医療が必要になった日から原則30日以内に保護者による申請が必要です。まずはお電話ください。

対象者

古賀市に住所を有する乳児(1歳に満たないお子様)のうち、次に掲げるいずれかの症状を有する方であり、医師が入院療養を必要と認める方。


(1)出生時体重が2,000g以下


(2)生活力が特に薄弱であって次に掲げるいずれかの症状を示す

ア 一般状態
(ア)運動不安、けいれんがある
(イ)運動が異常に少ない
イ 体温が摂氏34度以下
ウ 呼吸器、循環器系
(ア)強度のチアノーゼが持続するか、又はチアノーゼ発作を繰り返す
(イ)呼吸数が毎分50を超えて増加傾向にあるか、又は毎分30以下
(ウ)出血傾向が強い
エ 消化器系
(ア)生後24時間以上排便がない
(イ)生後48時間以上おう吐が持続している
(ウ)血性吐物、血性便がある
オ 黄だん
生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄だんがある

申請手続きに必要な書類 (申請される方は事前に予防健診課までご連絡ください)

書類名 詳細について
養育医療給付申請書 申請窓口に設置
養育医療意見書
※医師による記入が必要
申請窓口に設置(医療機関のものも使用可)
ダウンロード(WORDファイル:40KB)
世帯調書 申請窓口に設置
委任状 申請窓口に設置 
※住民票謄本
※古賀市外にいる家族の分のみ必要
詳細については、子育て支援課へお尋ねください
※納税額証明できる書類  提出が不要な場合もありますので、まずは子育て支援課へお尋ね下さい
マイナンバーが分かるもの (家族全員分、赤ちゃんのものも必要です)  
健康保険証 対象児が加入している保険証
こども医療証  
印鑑 認め印
※ゴム印、スタンプ印は不可

このページに関するお問い合わせ先

子育て支援課(サンコスモ古賀)
電話:092-942-1159(直通)


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る