古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

景観まちづくりの取り組み

景観とは、海、山、川などの自然景観をはじめ街並みを構成する建造物や道路などの都市的景観、歴史的な街並みなどであり、長い年月をかけながら、人々が守り、育てることによってつくられるものです。良好な景観は、潤いのある豊かな生活や人々の地域に対する愛着を育むには不可欠なものであり、地域の自然、歴史、文化、または人々の日常生活や経済活動などが互いに調和することで形成されるものです。また、まちの魅力が高まることで、そこに住み続けたい、住んでみたいという人々が自然に集まり、地域社会の活性化にもつながります。

美しいまちづくりプラン(景観基本計画)を策定しました

古賀市では、より質の高い「まちづくり」を進めていく上で大切な要素の1つである景観について、「美しいまちづくりプラン(景観基本計画)」を策定し今後の景観施策の基本的な方向性をお示しました。このプランは、市民、事業者と古賀市が共働して取組む景観施策の「はじめの1歩」となるものです。これをきっかけとして、市の景観をよりよいものにし、地域へ愛着や誇りを持った景観まちづくりを進めて行きます。



公共空間景観形成ガイドラインを策定しました

本ガイドラインは、地域の景観形成に先導的な役割を果たす公共施設整備の指針として、景観デザインの基本的な考え方を示すもので、道路、公園・緑地、水辺・河川、公共建築物などの各施設ごとに景観デザインにおける配慮すべき事項をまとめています。


景観まちづくり市民会議活動報告書

これまで古賀市では、都市景観賞や巨木登録事業(観光ガイドのページへ移動します)などを通じ、古賀市のすばらしい景観を市民の皆さんにご紹介してきましたが、平成21年度より、今後の景観まちづくりの基本指針となる、美しいまちづくりプラン(景観基本計画)を策定するため、公募を含む計10名の市民からなる景観まちづくり市民会議を開催しました。
景観という視点から古賀市のまちづくりについて話合い、その成果として「景観まちづくり市民会議活動報告書」をまとめました。


※ファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかります。

このページに関するお問い合わせ先

都市計画課
土地利用政策係
電話:092-942-1268
Eメール:tochisei@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る