古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

街角スナップ

街角スナップでは皆さんからの投稿をお待ちしております。投稿フォームからの簡単送信はこちらへ

クイズで学ぶ、防犯の心得

今回の街角スナップは、山川千寿さんからの投稿です。
『9月19日、えんがわくらぶでは福岡県生活安全・安心アドバイザー藤満さんを講師に迎え、「泥棒に狙われやすい家・狙われにくい家」をテーマに防犯講座を開催しました。
熱心に受講するえんがわさん
スライドを用いた分かりやすい説明
防犯クイズの一部を紹介します。皆さんも考えてみてください。
問1:泥棒が空き巣の下見に際しもっとも重要視することは?
1.家の人が留守か
2.金品がありそうか
3.外壁や植木など死角になるものが多いか
4.犬がいるか

問2:泥棒が家の留守番を確認する方法で最も多い方法は?
1.郵便受けに新聞や配達物が貯まっているか
2.夜になっても明かりがともらず音も聞こえないか
3.ゴミの収集日以外の日にゴミが出ているか
4.「ピンポーン」とインターホンを押して確認する

問3:泥棒の侵入方法で一番多いのは?
1. 施錠されていない窓
2.窓ガラスを破り、手を差し込んで鍵を開ける
3.郵便ポストや植木鉢の下に置いてある合鍵
4.ピッキング

問4:泥棒の侵入口で最も多い場所は?
1. 玄関
2.勝手口(裏)
3.トイレや風呂の窓
4.掃き出し窓

問5:泥棒が犯行の際に携行する必需品で最も多いものは?(ピッキング用具以外)
1. ドライバー(ねじ回し)
2.携帯電話
3.懐中電灯
4.ドッグフード

答え 問1:1 問2:4 問3:2 問4:4 問5:1 

また、防犯4原則も紹介します。
1.光:明るく照らされている 
2.時間:侵入に時間がかかる 
3.目:顔や姿を監視される 
4.音:警報音などの大きな音を出す
この4原則が守られていると犯人は諦めるため、盗難にあいにくいそうです。』

※街角スナップでは、皆さんからの投稿をお待ちしています。どしどしお寄せください!

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL




このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.