心豊かなる街 Koga city

古賀市オフィシャルサイトへ

子育て 教育 交通 住宅 医療 仕事 古賀市ゆかりの人の紹介 観光など魅力満載の情報をお届け!

50m5.8秒で駆け抜けるスピードスター 福岡堅樹(ふくおか・けんき)

福岡堅樹1992年9月7日青柳生まれ。
5歳の時に「玄海ジュニアラグビークラブ」に入りラグビーを始める。
古賀東中学校時代はラグビークラブと陸上部の掛け持ち。県立福岡高等学校3年の時第90回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。筑波大学情報学群入学、同学ラグビー部入部。2013年第49回全国大学選手権で準優勝に貢献。同年日本代表に選出。2015年第51回全国大学選手権で2回目の準優勝に貢献。8月ラグビーワールドカップ2015日本代表に選出。2016年パナソニック ワイルドナイツ に加入。同年7月リオデジャネイロオリンピックの7人制日本代表に選出。
2019年8月ラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出。開幕戦のロシア戦はケガで欠場でしたが、アイルランド、サモア、スコットランド、南アフリカ戦に出場。通算4トライを決め大会公式ウェブサイトの大会を盛り上げた「別格だったマグニフィセント・セブン(豪華な7人)」に選出される。


<ラグビーの魅力>
福岡堅樹ラグビーはそれぞれのポジションごとに役割があり、社会生活においても生かせるところが魅力だと思っています。大きい選手なら大きい選手にしかできないポジション。小さい選手の方がいいポジションもある。足が速い人、遅い人それぞれの個性を把握し、うまく融合させることが、将来、社会で生きていく上でも役に立つのではないでしょうか。「身を殺して仁を成す」という言葉がありますが、自身が目立てなくても、チームでボールを繋いでトライできれば自分のことのように喜べる。
これが、私の思うラグビーの魅力です。[広報こが2019年5月号より]


<ふるさと古賀>
福岡堅樹自分の好きなことを見つけるのにすごくいい環境でした。自分も子どものころはよく外で遊んでいました。自然豊かで、近くの神社で缶けり、昼休みも良く体を動かしていました伸び伸びと遊びやラグビーすることでスポーツ自体の楽しさを覚えることができました。[広報こが2019年5月号より]
自然が豊かで子育てしやすい環境だと思います。
[2019年11月来庁時]


Kenki Fukuoka/福岡 堅樹 (@kenki11) | Twitter(新しいウィンドウで開きます)


ラグビーワールドカップ2019日本大会 公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)



ページトップに戻る