トップ > 古賀市からのお知らせ(最新情報) > 水道管の凍結や破損事故の応急処置について

水道管の凍結や破損事故の応急処置について

2017/02/10水道課

凍結防止法
水道管の凍結防止法

 水道管の凍結防止や破損事故の応急処置について
 
  天気予報で、週末に寒波がやってくると予想されています。
  寒さの影響で水道管の水が凍って出なくなったり、水道管が破裂する事故が起こることが
  ありますので、凍結防止や破損事故の応急処置などについてお知らせいたします。

 1.水道管の水の凍結を防ぐには保温が一番
   屋外に露出している水道管の保温には、保温チューブ(市販)や布を巻くのが効果的です。
   メーターボックス内(地下式)は発泡スチロールや新聞紙などを入れ、保温してください。

 2.水道管の凍結や破損した時の応急処置方法
  ※凍結により水がでなくなっても、日中気温が上昇してくれば元どおり水はでるように
   なります。
   どうしても水が必要な場合は、水道管にタオルをかけ、その上からぬるま湯をゆっくりと
   かけて溶かす方法もあります。
   熱い湯をかけると水道管が破裂しますので、十分注意してください。
  ・水が出るようになったら蛇口を必ず閉めてください。
   
   アパートやマンションは、受水槽のポンプなどが故障することがあります。
   ポンプが止まると建物全部が断水してしまいます。
   受水槽は所有者の管理ですので、アパートやマンションにお住まいの方は、管理人または、
   建物の保守管理会社にご連絡ください。

  ※水道管が破損したときは、必要な水をペットボトルや鍋などに確保されたうえで、メーター
   ボックス内の元栓(バルブ)を閉め、異物が入り込むのを防ぐため、破裂したところへ布や
   テープをしっかりと巻き付けて、古賀市指定工事事業者に修理の依頼をしてください。
   ●修理費用はお客様のご負担です。
  ・古賀市指定工事事業者(市内版)
 
  ※漏水減免申請制度が利用できます。
   漏水に伴う個人の水道料金の負担を考慮し、一定の基準を満たす場合に限り水道料金を
   減免する申請制度があります。
   ●トイレや蛇口などからの漏水は対象外です。
   詳しくは↓
  ・給水装置の維持管理
  ・水道関係の修理


   問い合わせ先
     水道課 配水係  942-1141
         給水係  942-1129

問い合わせ先

水道課
電話:092-942-1141(配水係)
  :092-942-1129(給水係)
Eメール:suido@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram