トップ > ようこそ市長室へ > 市長室ブログ

市長室ブログ


西部技研イノベーションセンター竣工式典に出席(2月20日=中村)

2月20日、古賀市内に本社を置く株式会社西部技研(代表取締役社長 隈扶三郎氏)の研究開発拠点「西部技研イノベーションセンター(通称「SIC」)」が市内工業団地内に完成し、竣工式典に出席しました。

SICは、同社の知と技術の象徴となる研究開発施設で、①コア技術の開発と試作を行う「イノベーションラボ」、②有機ELやリチウムイオン電池の製造が試験的に実演できる「テクニカルラボ」、③斬新な事務所レイアウトが特長の「オフィス棟」の3棟で構成され、同社技術者の能力開発を強化し、人材が成長できる場としての役割を担うそうです。

式典には九州経済産業局長をはじめ、多くの関係者がかけつけ、新たな施設の完成を祝福しました。SICの完成で同社がますます飛躍・発展していかれることをご期待申し上げます。

西部技研イノベーションセンター.jpg 西部技研竣工式テープカット.jpg

西部技研竣工式.jpg

古賀団地区「ひまわり会」が福岡県健康運動推進実践グループ奨励賞を受賞

 古賀団地区「ひまわり会」が12年間にわたって取り組んでこられたラジオ体操運動について、福岡県知事から表彰を受け、その報告のために倉田 幹夫さん、村田 雄一郎さん、田中 由記江さん、緒方 トシ子さんの代表4人が市役所を訪問してくださいました。
 
 古賀団地区は昭和30年代からの古い地区で、現在高齢化率が4割を超えています。そうした中、地区の皆さんは早くからラジオ体操運動に取り組まれ健康づくりの推進に尽力され、そうした長年の取り組みが表彰されたそうです。

 メンバーの倉田さんは「長く続けてよかったです。これから地区でラジオ体操を続けていきたいです。退職された後の中間世代の方にもぜひ参加して欲しいですね」と話してくださいました。

 私も毎朝仕事が始まる前にラジオ体操をしていますが、真剣に体操すると息があがるほど。そのラジオ体操に12年間取り組まれているとあって、会員の皆さんはとても若々しい印象でした。この度の受賞、おめでとうございます。

古賀団地区県知事表彰 古賀団地区県知事表彰

景観市民会議から提言書が提出されました。(1月22日=中村)

 市の景観に関する独自のルールを定める「景観計画」の策定に市民の意見を反映するため、平成29年3月から全5回にわたって開催した「古賀市景観市民会議」(メンバーは公募で決定)で作成された提言書が、1月22日、会議のメンバーから提出されました。メンバーの皆さまには心より感謝申し上げます。

 メンバーの皆さんには「くらし・まち班」「歴史・文化班」「自然班」の3班にわかれて提言書作成作業を進められ、エリア毎の景観キャッチフレーズ、特徴的な景観を表したイメージスケッチ、必要なルールや整備方針などをわかりやすく提言書にまとめていただきました。

 提出に際し、メンバーの方からは「景観まちづくりを進めるためには市民と一体となって景観づくりを進めていくことが重要」とのご意見を頂戴しました。今回とりまとめていただいた提言書を十分に踏まえた上で、今後の景観計画策定を進めていきたいと思います。

景観市民会議から提言書提出 景観市民会議メンバー

仕事始め式を行いました。(1月4日=中村)

 1月4日、市役所仕事始め式で年頭のあいさつを行いました。本年は3つのキーワードを掲げてまちづくりに取り組んでまいります。

 1つ目は人づくりです。広報こがの年頭所感にも述べましたように、国家百年の大計は人づくりにあります。“教育立市”を旗印に人的配置を継続し、小中学校のエアコン設置を検討します。また待機児童ゼロを堅持し、子育てと仕事の両立に向けてさらに取り組んでまいります。
 2つ目はモノづくりです。農業・工業に限らず、商業・観光など産業全般にわたり振興に取り組んでまいります。
 3つ目は健康づくりです。現在ヘルスステーションの設置など地域の特性に合ったあらゆる世代の健康づくりに取り組んでいますが、健康経営の考え方にのっとり、市役所と民間企業がタイアップして、個人・団体両方の健康を達成したいと思います。

 このほか、国道3号線沿いでは住宅建設や商業施設の立地が進んでいます。第4次古賀市総合振興計画に市内開発候補地についてお示しをしていますが、市の方針と民間の現状の動きが一致している状況であり、本年はこの流れを一段と飛躍させたいと思います。

 ふるさと納税についても29年末に9億円を突破しました。これは関係者の皆さまの努力の賜物によるものであり、心より感謝申し上げます。ふるさと納税の効果として、市税の増加はもちろんですが、市内民間企業の発展、さらに古賀市の知名度アップにも大いに寄与するものであります。本年も“信用”を大切にしながら、古賀市へのふるさと納税に全力で取り組んでまいります。

仕事始め式 仕事始め式


仕事納めの式を行いました。(12月28日=中村)

 私からは「今年は本当にいろんなことがあり忙しい1年だったと思います。その中でも印象に残ったことが2つあります。まず1つは防災。熊本地震や北部九州豪雨などは他人事ではありません。古賀市は防災行政無線のデジタル化や災害対策室の設置など一定の対策は進めてきましたが、今後も市民と共にも防災意識を持ち災害に備えてください。もう1つは開発。幹線道路沿いに商業施設ができ、住宅も約300戸できるなどにぎやかになっています。玄望園の開発も進んでおり、今在家地区や新原高木地区などもマスタープランに沿って進めていきます。これも職員の皆さんがこつこつやってきた結果だと思います。1年間お疲れさまでした。」とあいさつし、結城議長からも議会を代表してごあいさつ賜りました。

 市民の皆さまにおかれましても1年間、市政運営に対してご理解とご協力を賜り誠にありがとうございました。新年が市民の皆さまにとって良い年となりますようにお祈りいたします。

市長あいさつ 市長あいさつ

市長あいさつ 市長あいさつ

ダブルディが全国3位入賞報告で訪問(12月21日=中村)

 12月21日、古賀市を拠点に活動するチアダンスチーム「ダブルディ」(浜口弘子代表)が全国大会の結果報告にきてくれました。
 今年は九州大会に出場した4チームすべてが予選突破をして全国大会に出場し、大学生と小学生の2チームが3位入賞を果たされたそうです。どのような練習に取り組んでいるのかお聞きすると、特に足首の柔軟性が重要で、柔軟運動を日々積み重ねているそうです。
 毎年訪問いただきすばらしい結果をご報告いただくことを私も楽しみにしています。来年も元気あふれる活躍を期待しています。

ダブルディ訪問 ダブルディ訪問
ダブルディ訪問

古賀市男女共同参画審議会からの評価意見書(12月1日=中村)

 12月1日、古賀市男女共同参画審議会の倉富史枝会長と藤本芳博副会長が、28年度に実施した男女共同参画計画実施状況の評価意見書の提出のため、訪問されました。
 倉富会長と藤本副会長から、市の取組について概ね評価できるとのご意見を伺いました。とくに、古賀市では、管理職や審議会等委員の女性の割合が他市に比べて高く、そのことをもっと周知してはどうかとのご意見もいただきました。
 頂戴した評価意見書を踏まえて、市民の皆さんが自分らしくイキイキと輝いて生きていけるまちをめざして、事業を推進してまいります。

古賀市男女共同参画審議会倉富会長と藤本副会長と.jpg 評価意見書の説明を受ける.jpg

全日本学生馬術選手権大会が開催されました(11月26日=中村)

 11月26日、古賀市筵内の福岡県馬術競技場で「第89回全日本学生馬術選手権大会」「第53回全日本学生馬術女子選手権大会」が開催されました。会場には日本馬術連盟会長の千玄室(せんのげんしつ)様をはじめ、福岡県馬術連盟会長の蔵内勇夫様などが訪問され、馬術競技の魅力についてお話をきかせていただきました。

 福岡県では初の開催となる馬術競技の全国大会ということで、会場には多くのファンが訪れ、人馬一体の華麗な競技にみなさん魅入っている様子でした。

 また会場内には古賀市特産品のPRや、馬にちなんで古賀市船原古墳(平成28年国史跡に指定)から出土した馬具のレプリカ展示が行われました。

 選手の皆さんには遠方からはるばる古賀市にお越しいただきありがとうございました。馬術競技は2020年東京オリンピックでも正式競技の一つとなっています。選手の皆さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

千玄室様ほかご来賓.jpg 馬術障害競技.jpg

馬術障害競技.jpg 馬術競技表彰式.jpg


楽天イーグルスの井手亮太郎投手があいさつに来てくれました(11月17日=中村)

 井手投手は小野小学校出身で、市内の野球チーム「福岡ライナーズ」にて野球を始められ、九州産業大学付属九州高校、九州産業大学を経て、楽天イーグルスに入団されます。
 サイドスローからのスピードボールで打者に嫌がられる投手になり、3年以内の支配下登録と福岡ヤフオクドームのマウンドでの凱旋登板をめざすと抱負を語ってくれました。
 プロ野球でのご活躍を期待しています。
市長あいさつ 市長あいさつ

市長あいさつ 市長あいさつ

市長ブログ 

出前講座を実施しました(10月30日=中村)

 10月30日、舞の里5丁目公民館で、舞の里4・5丁目環境対策委員会の方へ出前講座を実施しました。現在市が検討中のバイオマス発電の検討状況についてご説明をし、参加された方から熱心な質問を頂戴しました。
 古賀市には食品加工工場が多数立地していて、これらの工場から出る食品残渣を利用してバイオマス発電ができないかを現在検討中です。まだまだ解決すべき課題もありますが、循環型社会の実現のためにも鋭意検討を進めてまいります。
出前講座の様子 出前講座の様子



カテゴリ:General
過去のアーカイブ月別一覧RSS/WebFeed
Powered by Nucleus CMS.



このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram