トップ > はじめようコガ生活 > 教育に力を入れてます

住むなら古賀だね!

教育に力を入れてます

古賀市では「日本一通いたい、通わせたい学校」を目指して、教育施策に力を入れており、小・中学校や子どもたちへの支援も充実しています。
また、高等学校や4年制の看護大学、特別支援学校もあります。

全小・中学校で2学期制を実施

学期の期間を長くすることで、授業時数の確保や教育課程の在り方などについて創意工夫することにより、学校生活にゆとりを生みだし、児童生徒の確かな学力の向上や豊かな心の育成をめざして、平成18年度より学校2学期制を実施しています。

全小・中学校全学年で少人数学級編制(35人以下学級)を実施

個に応じたきめ細やかな対応の推進を図り、より教員が一人ひとりの児童生徒と向きあえるよう、平成28年度から市内全小・中学校全学年で少人数学級編制(35人以下学級)を実施しています。

全小・中学校に心の教室相談員を配置

保護者や教師に悩みを打ち明けられず、不安や悩み事などを抱えている児童生徒はたくさんいます。
児童生徒が悩みを気軽に話せ、ストレスを和らげることのできる“心の教室相談員”を市内全小・中学校に1人ずつ配置しています。

全国に先駆けて、全小学校に小1プロブレム対策学級補助員を配置

小学校に入学したばかりの児童が、学校生活への変化になじめず、教室での学習にうまく適応できない状態が生じる「小1プロブレム」に対応するため、市内全小学校に1人ずつ(3学級以上の学校は2人配置)、担任の先生を補助する学級補助員を全国に先駆けて配置しています。

全小・中学校に少人数学級対応講師の配置

平成28年度から市内全小・中学校全学年で少人数学級編制(35人以下学級)を実施するため、市内全小・中学校に少人数学級対応講師を配置しています。

全小・中学校に「学習支援アシスタント」を派遣

市内各小・中学校で実施している放課後学力補充教室や授業における個別的な対応等をより充実させるために、各小・中学校に「学習支援アシスタント」を派遣し、すべての児童・生徒の学力の保障を目指しています。

特別な教育的支援を必要とする子へのサポートも万全

市内小・中学校に在籍する特別な教育的支援を必要とする子どもたちに対して適切なサポートをしています。

不登校の児童生徒をサポートする「あすなろ教室」を設置

あすなろ教室(古賀市適応指導教室)では、児童生徒が不登校やひきこもりの状態から一歩でも前進できるよう、保護者や学校と連携し、学校復帰を目指して指導・援助にあたっています。

中学2年生を対象に職業体験学習「ドリームステージ」を実施

望ましい勤労観・職業観を育てるキャリア教育の一環として、中学2年生全員を対象に、市内事業所で5日間の職業体験学習「ドリームステージ」を実施しています。

不要になった制服などをリユース

市教育委員会では、不要になった市内中学校・近隣高等学校の制服等をお預かりして、必要な人へお譲りしています(制服のリユース)。
その他にも様々な保護者費用負担軽減事業を実施しています。


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram