鉛管に関するQ&A

Q1:古賀市での鉛管の使用状況は?
A1:
配水管(水道本管)には、使用してはいませんし、昭和55年以降の給水管(本管から各ご家庭に配管)には、鉛管は使用されてはいません。
昭和54年以前の給水管に、配水管から家庭のメーター器の間に約3m程度、鉛管が使用されています。

Q2:鉛の人体におよぼす影響は?
A2:
鉛の健康への影響は、鉛の濃度が高くなると神経系の障害や食欲不振などの中毒症状をおこすと言われています。
WHO(世界保健機関)ガイドラインでは、体重5kgの乳児が1日0.75リットルの飲料水を摂取するとした場合の影響を考え、0.01mg/リットル以下としています。
厚生労働省の水質基準に関する省令(平成15年4月1日施行)も同様です。

Q3:鉛の対策をどのようにされていますか?
A3:
水道水を鉛が溶出しにくいように、浄水過程でpH調整を行い低減に努めています。
鉛管の取り替えについては、配水管(水道本管)の改良や布設替えの時や修理の際に取り替えを行っております。

Q4:鉛管取り替え計画は?
A4:
本来、鉛管(給水管)は個人所有ですが、配水管(水道本管)からメーター器までの範囲については取替費用を水道事業で負担して行っています。しかし、全部取り替えるのに多額の費用と時間を要することから、配水管布設替工事と併せて計画的に取り替えを進めています。 
 ※取替えや修理についてはこちらをご覧ください
 ・水道関係の修理
   ・給水装置の維持管理 
 
Q5:自分の家に鉛管が使用されているのかを調べるには?
A5:
水道課給水係にお尋ね下さい。各ご家庭の配管図を保管しています。

Q6:現在古賀市の給水管内の鉛濃度は?
A6:
水質基準の0.01mg/リットルに対し、26年度の水質結果は、0.001mg/リットル未満であり基準値内で、毎日飲んでも健康に影響が生じない数値ですので、安心してお使いいただけます。しかし、旅行などで長期間使用しなかったときや、朝一番の水は、安全のための消毒用塩素が少なくなっているときもありますので、バケツ1杯(8リットル~10リットル)程度は飲用以外にお使いください。

問い合わせ先

水道課
電話:092-942-1141
Eメール:haisui@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram