トップ > 市役所のご案内 > 市役所の仕事としくみ > 生涯学習推進課 > 社会教育関係団体の登録について

社会教育関係団体の登録について

古賀市では、自らの楽しみだけでなく地域社会への還元につながる活動を行っている団体を、社会教育関係団体として認定し、支援しています。

社会教育関係団体とは

学習・文化・スポーツなど社会教育に関する事業を行うことを主たる目的とし、その活動を、地域文化・スポーツの向上や生活文化の振興、さらには社会福祉の増進につなげ、自主的な運営をする団体で、教育委員会に登録された団体です。

1.社会教育に関する事業とは
技術の習得や教養を高めたり、生活を充実させたり、地域をよくするために行われる学習・文化・スポーツ等(学習活動、文化芸術活動、スポーツ・レクリエーション活動、ボランティア活動)の活動のことです。

2.自主的な運営とは
学習・文化・スポーツ等の活動を行おうとする人たちが、自発的に団体をつくり、目的、活動内容、運営組織、役員、予算、会費等を会員全員で話し合い、活動を進めていくことです。

次のような団体は、社会教育関係団体ではありません。
塾や各種教室のような講師が中心になり月謝をとり活動している団体
会員相互の親睦や交流のみが目的となっている団体

登録をすると

登録された団体には登録証が発行され、リーパスプラザこが、社会体育施設を使用するときに登録証を提示することで使用料の減免を受けることができます。

登録するには

一定の条件が満たされている団体が、社会教育関係団体として登録することができます。
  • 国又は地方公共団体の支配に属さない団体であること。
  • 継続的かつ計画的に活動を行い、社会教育に関する事業の成果が期待できる団体であること
  • 活動を始めてから、概ね1年以上の実績があること。
  • 他の団体と積極的に連携、交流及び協力し、並びに青少年育成又は社会貢献を行う団体であること。
  • 構成員が5人以上であり、その7割以上が市内に在住、勤務、在学していること。
  • 誰もが時期を問わず、入退会が可能な団体であること。
  • 団体の主たる活動の場所及び活動の拠点が市内にあること。
  • 団体で独立した経理を行なっていること。
  • 未成年者によって組織される団体については、成人の育成者又は指導者がいること。
  • 次の活動を行わない団体であること。
    • 営利を目的とする活動又はそれに類する活動
    • 特定の政党の利害に関する活動又は公の選挙に関し、特定の候補者を支持し、若しくはこれを支持しない活動を行う団体
    • 特定の宗教を支持し、又は特定の教派、宗派若しくは教団を支援する活動を行う団体
    • 事業所、学校等の同好会又はクラブ活動の団体
登録の際には、「古賀市社会教育関係団体登録・更新・変更申請書」を提出していただきます。
なお、添付書類として、次の書類も必要となります。
  • 団体規約
  • 役員名簿又は会員名簿
  • 事業計画書及び予算書
  • 事業報告書及び決算書

問い合わせ先

生涯学習推進課(リーパスプラザこが内)
社会教育振興係 電話:092-942-1347
Eメール:shogaku@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram