個人市民税

個人市民税の概要

その年の1月1日現在、古賀市に居住している人に対し、前年1年間(1月1日〜12月31日)の所得に応じて課税されます。
また、古賀市に居住していなくても市内に家や事務所、事業所がある場合は「均等割」が課税されます。なお、個人の県民税は市民税を納める際に併せて納めていただき、市を通して県へと送られます。

税額の計算方法

「均等割」と「所得割」の合計により算出されます。
 課税の対象算出の方法
均等割

均等割非課税判定基準を超える人に課税されます

 

均等割非課税判定基準とは?

 扶養者がいない場合

  前年の合計所得金額が315,000円以下の人

 扶養者がいる場合

  前年の合計所得金額が下記の計算式にて計算した金額以下の人

  315,000円×(1+扶養者の人数)+189,000円

 (例)配偶者扶養、扶養者1名、年少扶養者1名の場合

  315,000円×4名+189,000円=1,449,000円

4,500円(内市民税は3,000円、県民税は1,500円)
※平成26年度から平成35年度まで5,500円(内市民税は3,500円、県民税は2.000円)
所得割

所得割非課税判定基準を超える人に前年の所得に応じて課税されます

 

所得割非課税基準とは?

 扶養者がいない場合

  前年の総所得金額が350,000円以下の人

 扶養者がいる場合

  前年の総所得金額が下記の計算式にて計算した金額以下の人

  350,000円×(1+扶養者の人数)+320,000円

  *ただし、扶養の人数には年少扶養者(16歳未満の扶養)の人数も含む

 (例)妻、扶養者1名、年少扶養者1名の場合

  350,000円×4名+320,000円=1,720,000円

(前年中所得金額−所得控除額)×税率(市民税6%、県民税4%)-税額控除額-調整控除額-配当割・株式等譲渡所得割額控除額
 

納付の方法

普通徴収と特別徴収と公的年金からの特別徴収の3つの方法があります。
普通徴収
市役所から各個人あてに送付する納税通知書により納める方法です。
納期は年4回(通常6月、8月、10月、翌年1月)です。
特別徴収
給与の支払者を通じて納める方法です。
6月から翌年5月までの12回に分けて給料から差し引かれます(ただしボーナスからは徴収されません)。

特別徴収にかかる書類
公的年金からの特別徴収(年金特徴)

公的年金からの特別徴収(以下「年金特徴」と言います。)とは、納税者の利便性の向上や徴収の効率化を目的に、公的年金にかかる市県民税を年金から天引きする制度です。古賀市では、平成23年度市県民税から年金特徴を行っています。
なお、この制度は納税方法を変更するもので、新たな税負担はありません。また、法に基づく制度のため納付方法を選択することはできません。

■対象となる人
次の1から3すべてに該当する人が対象となります。
  1. その年の4月1日現在において満65歳以上の人
  2. 公的年金などにかかる所得に対して市県民税が課税されている人
  3. 古賀市で介護保険料を公的年金から天引きされている人

■対象とならない・中止される人
  • その年度の1月2日以降、古賀市から転出した人
  • 次の計算式にあてはまる人
    市県民税>公的年金-介護保険料

また、特別徴収開始後に次のようなことがあった場合、特別徴収を中止し、納付書で納めていただきます。
  • 年金の支給停止
  • 年金受給権への担保設定
  • 税額の変更
  • 市外への転出

■年間スケジュール
  • 【A】年金特徴を開始する年度は、6・8月は年税額の半分を納付書にてご本人様に納めていただき、10・12・翌2月の年金受給時に残りの税額を天引きします。
  • 【B】翌年度以降継続して年金特徴に該当する人は、4・6・8月は前年の年税額の6分の1ずつを年金から天引き(仮徴収)し、10・12・翌2月は当該年度の年税額から4・6・8月の天引き分の残りを天引き(本徴収)します。

これまで(年金特徴開始前の普通徴収)
6月8月10月1月
納付書にて納付
年税額分の4分の1 年税額分の4分の1 年税額分の4分の1 年税額分の4分の1

年金からの特別徴収開始年度【A】
6月8月10月12月2月
納付書にて納付 年金からの天引き
年税額分の4分の1 年税額分の4分の1 年税額分の6分の1 年税額分の6分の1 年税額分の6分の1

2年目以降【B】
4月6月8月10月12月2月
年金からの天引き
前年の年税額の6分の1ずつ(仮徴収) 年税額から仮徴収分(4・6・8月分)を差し引いた残りを3分の1ずつ

障害者の住民税の控除

障害の程度に応じ、住民税の控除の制度があります。

控除の種類対象者所得控除額
特別障害者控除 本人または控除対象配偶者、扶養親族が身体障害者手帳1〜2級、療育手帳A、精神障害者保健福祉手帳1級の所持者 30万円
同居特別障害者控除の加算 特別障害者控除の対象者で、控除対象配偶者または扶養親族が同居している特別障害者の場合、配偶者控除もしくは扶養控除に別途加算されます。 特別障害者控除+23万円
障害者控除 本人または控除対象配偶者、扶養親族が身体障害者手帳3〜6級、療育手帳B、精神障害者保健福祉手帳2〜3級の所持者 26万円
非課税 前年の所得が125万円以下の障害者 非課税
※基準日:12月31日までに手帳の交付を受けた人

手続き
給与所得者は事業所へ、それ以外の場合は確定(住民税)申告時に申告して下さい。(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示が必要です)。

問い合わせ先

市税課
市民税係 電話:092-942-1126
Eメール:shizei@city.koga.fukuoka.jp
Adobe Reader
PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerはこちらからダウンロードできます(別のウィンドウが開きます)。


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録 Deliciousに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter