介護サービス費の負担軽減制度

特定入所者介護サービス費(介護保険負担限度額認定)

介護施設利用の際の「食費」と「居住費」の減免について
介護施設利用の際の「食費」と「居住費」の負担については全額利用者の負担となります。そのため、所得の少ない人の介護施設利用が困難とならないように、所得に応じた負担限度額を設けることにより、サービス利用者の「負担の軽減」を図ります。この軽減措置を「特定入所者介護サービス費」と言います。(ただし、通所介護、通所リハビリテーションの食費は減免対象となりません。)
この減免は、利用者のみなさまへの給付ではなく、食費・居住費について、実際にかかった負担額と負担限度額の差額分を市から施設に支払うものです。利用者のみなさまは、食費・居住費について、次表の利用者負担段階別に示した負担限度額を超える費用を払う必要はありません。
認定を受けるには申請が必要です。審査後、該当する方には「介護保険負担限度額認定証」を交付します。
施設を利用する際に、施設へご提示ください。
有効期限満了後、引き続き負担限度額認定を受ける場合は、更新申請が必要です。

各段階の負担限度額(日額)
負担段階対象者食費の負担限度額居住費の負担限度額
ユニット型個室ユニット型準個室従来型個室多床室
介護老人保健施設特別養護老人ホーム
介護療養型医療施設
短期入所療養介護(ショートステイ)短期入所生活介護(ショートステイ)
利用者負担
第1段階

●本人および世帯全員が市民税非課税で、老齢福祉年金受給者
●生活保護受給者 等

 

300円 820円 490円 490円 320円 0円
利用者負担
第2段階

●本人および世帯全員が市民税非課税で、合計所得金額と年金(※)収入額の合計が80万円/年 以下の人 等

※平成28年8月からは非課税年金(障害年金・遺族年金等)も含まれます。

390円 820円 490円 490円 420円 370円
利用者負担
第3段階
●本人および世帯全員が市民税非課税で、第1段階、第2段階に該当しない人 等 650円 1,310円 1,310円 1,310円 820円 370円
●申請に必要な書類(平成28年8月以降分より申請書の様式が変わります!)
介護保険負担限度額認定申請書(EXCELファイル:62KB)(平成28年7月31日までの有効期間の申請書はこちらをご利用ください。)
介護保険負担限度額認定申請書(EXCELファイル:80KB)(平成28年8月1日~平成29年7月31日までの有効期間の申請書はこちらをご利用ください。

同意書
・介護保険証(写しで可)
・被保険者本人および配偶者名義の全ての通帳の写し(①銀行名・支店・名義がわかるページ、②直近の記帳があり、申請日から遡って過去2ヶ月分の入出金取引が記入されたページ、③定期預金のページ※残高の有無にかかわらず必要。) 
・その他預貯金以外の資産の写し(例:有価証券、投資信託、負債 など) 
●ご注意ください!
制度改正により、平成27年8月から世帯分離をしていても配偶者の所得を勘案することとなりました。また、住民税非課税世帯でも預貯金等が単身で1,000万円、夫婦で2,000万円を超える場合は該当しません。
また、平成28年度8月1日以降有効期限の申請につきましては、第2段階、第3段階の判定に非課税年金の額も含めて判定することとなりました。申請の際には非課税年金についても申告をお願いします。


(参考)施設サービスの基準費用額(食費・居住費)

介護施設サービス利用にかかる「食費」「居住費」の基準費用額(日額)は以下のとおりです。

食費の
基準費用額
居住費の基準費用額
ユニット型
個室
ユニット型
準個室
従来型個室多床室
介護老人
保健施設
特別養護
老人ホーム
介護療養型
医療施設
短期入所
療養介護
短期入所
生活介護
1,380円 1,970円 1,640円 1,640円 1,150円 370円

高額介護サービス費(1割又は2割の利用者負担が高額になったとき)

介護保険のサービスを利用していて、同じ月に利用したサービスの1割又は2割の利用者負担の合計額が、下の表の条件による上限額を超えたときは、申請により、支払額と上限額との差額が「高額介護サービス費」として支給されます。
※同じ世帯に複数の介護サービス利用者がいる場合には、世帯内の全ての利用者の支払合計額と上限額との差額を支給します。

高額介護サービス費
条件1ヶ月の利用者負担上限額
1.生活保護受給者
老齢福祉年金受給者で本人及び世帯全員が市民税非課税

個人:15,000円

世帯:15,000円

2.本人及び世帯全員が市民税非課税で、(合計所得金額+課税年金収入額が80万円/年)以下 個人:15,000円
3.本人及び世帯全員が市民税非課税で、上記以外 世帯:24,600円
4.市民税課税世帯(一般世帯) 世帯:37,200円

5.市民税課税世帯(現役並み所得相当) 

  ※平成27年8月から新設されます。

世帯:44,400円


申請手続き
平成17年10月サービス分からは、1回の申請で済むようになりました。介護保険被保険者証、印鑑(簡易ゴム印不可)、被保険者名義の口座番号が分かるものをご持参の上、介護支援課で申請手続きを行ってください。ただし、支払日から「2年」を過ぎたものについては、申請の対象となりませんのでお気をつけ下さい。
※支給申請書は介護支援課にあります。

支給について
申請書は毎月20日に締め切り(20日が土・日曜日及び休日の場合はその後の平日が締め切りとなります)、審査の後、月末ごろに結果を通知し、支給の場合は、翌月7日ごろに依頼口座へ振り込みます(窓口払いの場合も翌月7日ごろ以降より受け取りできます)。ただし、最新月の高額介護サービス費の支給は、申請から約2か月後となります。

ご注意ください!
次の介護サービスに係る費用については、高額介護サービス費の対象となりません。
1.
福祉用具購入費・住宅改修費の1割又は2割負担分
2.施設サービス等の食事代・日常生活費など、介護保険給付対象外サービスの利用者負担金

 

問い合わせ先

介護支援課(サンコスモ古賀内)
介護保険係 電話:092-942-1144 Eメール:kaigo@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram